カテゴリ:スピリチュアル( 86 )

音は神なり、神は音なり


今日の昼頃、何やら耳に高らかな声が聞こえてきて、その音がずっと伸びて響いていて、

いつもと違ったその声の様子に、何事かと音の聞こえてくる方に顔を向けると、

新年恒例の「歌会始の儀」の様子がニュースで紹介されているところでした。

天皇皇后両陛下のお歌が、独特の読み方で高らかに詠みあげられていました。

何とも優雅でしばし聴き入ってしまいました。

今年の皇后陛下のお歌です。

「語るなく重きを負いし君が肩に早春の日差し静かに注ぐ」

皇后さまの優しさが表れていて素晴らしいお歌ですね。

語るなく~~~~~
重きを背負いし~~~~~~
君が肩に~~~~~~
早春の日差し~~~~~~
静かに注ぐ~~~~~

息の続く限り、音を伸ばしています。く~~~~とか、し~~~~とか・・・

プロの方ですから、どこまでも高らかな声は続き、伸びています。

楽器の音のように安定して伸びているその声を聞いていて、

最近知った言葉「音は神なり、神は音なり」をふと思い出しました。

これは町田宗鳳という方の言葉です。

また、これは別の方の意見ですが、

「はじめに言葉ありき」というのは、「言葉」というのは「音」と解釈することができ、

はじめに音ありき・・・音というのは言霊かもしれませんがと、

このように書かれている文章に出会ったり、

このようなことが幾度となくありましたから、

歌会始の儀の高らかな声が聞こえてきたときに、つい聴き入ってしまったのです。

この声を聴いていて、平安時代の大和の国にタイムスリップしてしまいました。

和歌をたしなむ知恵と自然を愛でる優雅さと、何とも雅な世界ですね。


音波という言葉があるように音は波で伝わります。

この世にあるものすべては、それ独自の周波数を持っている波だそうで、

すべての物質も分子、原子、素粒子と小さくしていくと、それは波であり、

また、思考も波といわれています。

私たちの身体も物質ですから波であり、身体は振動しているそうですね。

最近、見聞きするものが、どういうわけか、そのように書かれたものが多く、

「音は神なり、神は音なり」は特に印象に残っていたので、

歌会始の儀の歌詠みの晴れやかな声に、つい引き付けられてしまいました。

古の時代から続いている儀式には、

そこにはもっともっと深い意味が、込められているのでしょうね。

古の人たちは、自然とのつながりが深くて、自然の声を聴くことができたそうですから、

草木や動物や虫や、季節の巡りなどを、身近な存在として崇めていたのかもしれません。

古の儀式など、そこには生命のヒントが隠されているかもしれません。

あの高らかな声の中にも・・・




今日の夕日です
e0288951_20261755.jpg


みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





自由部門に参加します

第二回プラチナブロガーコンテスト




by gutsuri | 2018-01-12 20:41 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

魂と霊 ソウルとスピリット


先日、スピリチュアルの一日ワークショップに参加しました。

楽しくて面白かったですよ。

スピリチュアル的な考え方は、合う合わないがありますけど、

この日は先生のおっしゃることに、心から納得出来、いろいろなことを理解出来ました。

初めて知ったこともあったり、お笑いも学んでいるといわれる先生らしく、

本当に楽しい一日でした。

西洋的な論理でかみ砕くスピリチュアルと、日本の神道を融合させたお話。

この日は、神道や神様がメインでした。


私は今まで、ソウルの一部がスピリットであり、

そのスピリットの部分で私たちは宇宙の源(ソース)とつながっていると思っていましたが、

最近別の見方を知りました。

この先生もそちらの意見で、ソウルとスピリットは別物です。

神道でもそのように言っているようですね。

これまでスピリチュアルの話をたくさん聞いてきたのに、

ソウルとスピリットについて、今一つはっきりと理解できず、

でも、神道ではそれがわかりやすく語られているようです。

西洋のスピリチュアルでも諸説があり、

その中で神道と同じように語られているものもあると知り、

その偶然がまた面白いと感じています。


そうですよね。

8月のお盆には霊(スピリット)が帰ってくるのです・・・

魂(ソウル)が帰ってくるのではありません・・・



12月になって・・・新しい年、2018年もすぐにやって来ますね。

このワークショップに参加して、

2017年の穢れを落とすことができたようで、

浄化されたでフレッシュな気持ちで、新しい年、2018年を迎えることができます。

本当に、頭と心が一新されたような感じなのです。

良かったです。



12月6日の夕日です
e0288951_21195666.jpg




みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!







by gutsuri | 2017-12-08 21:22 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

コップに水が半分入っています


身の回りの出来事に対して、それをどのように受け取るかということ。

スピリチュアルで、よく例に出されることは、

水が半分入ったコップが目の前にあるとして、

それを、「半分しかない」と受け取るか、

「半分入っている」と受け取るか、

同じものを見ても受け取り方はいろいろだということ、

そのことを10月に奈良に行ったときに体験しました。


e0288951_21302458.jpg


先月奈良に行ったときに泊まったホテルで、

私はそのホテルに2泊しましたが、

そこは街中のホテルでしたが、ラッキーなことに温泉付きでした。

部屋での入浴は味気ないので、私はこの温泉風呂がとても嬉しかったのです。

初めの日に温泉につかっていると、80代と思われるご婦人に話しかけられました。

「温泉は気持ちが良いけれど、ここは露天風呂がないのよね~ 

私は露天風呂が好きだからそれが残念なのよ」とおっしゃいます。

「そうですね~ でも、サウナと水風呂がありますよ~ 

私はサウナが好きなので嬉しいです」と答えました。

「でもやっぱり温泉には露天風呂がなくてはね~」とそのご婦人はおっしゃいます。


e0288951_21314235.jpg


次の日、脱衣所で「良いお風呂でしたね~」と傍にいた同年代の方に話しかけると、

「露天風呂がありませんでしたよね~」と言われました。


このホテルは、街中の普通のシティーホテルで、温泉を売りにしているのではありません。

付近に温泉は出ていないから、頑張ってどこかから温泉を運んでいるのでしょう。

駅のすぐそばにあり、橿原神宮は皇室とご縁がある神社と聞いていますから、

26年と28年には、天皇皇后両陛下がこのホテルにお泊りになっています。


普通のシティーホテルに温泉が付いていたので、

私はラッキーと思いましたけど・・・

いろいろな受け取り方があり、

感じ方は本当に人それぞれなのだと実感しました。


e0288951_21311694.jpg


世の中はバラエティーに富んでいて、それが社会の多様性を育んでいる・・・

そうとらえることもできますから、

これはこれで良いのでしょうね・・・きっと・・・




e0288951_21305117.jpg




みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!










by gutsuri | 2017-11-19 21:37 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

些細なことだけどすごく嬉しい


先日出かけようと、気持ち急いでバス停まで歩いていたときに

「乗っていく~ 駅まで行くわよ~」とご近所さんに声をかけられました。

「あら~、嬉しい~  お願いしま~す」と乗せていただきました。

おかげで一本速い電車に乗ることができ、

そのおかげかどうかわかりませんが、出先でも楽しく過ごすことができ、

その日は本当に充実した幸せな一日でした。

有難いことです。


お礼に何をしようかな~と考えて、久しぶりにパウンドケーキを焼くことにしました。

バナナとリンゴを薄切りにして入れたバナナリンゴケーキを焼きました。

ケーキの焼ける甘い匂いが漂ってきて、それもまた嬉しいことですね。

その香りだけでも満たされます。

「車に乗せていただいて本当に助かりました。 最近の出来事の中で一番嬉しいことだったのよ~

おかげで素敵な一日を過ごすことができました~」

このように伝えながら、ケーキを渡しました。


このようにほんのちょっとしたこと・・・些細なことが、すごく嬉しい昨今です。

些細なことが些細なことなどではなくて、

幸せな出来事は心の奥深くに入って来て、だんだんと大きくなり、広がっていくのですよね!


人に親切にされた時は嬉しいものですが、

人に親切にして人を喜ばすことも、これもまた幸せなことですね。

さて、私もチャレンジ・・・




今日の夕日です

e0288951_20595530.jpg




みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!







by gutsuri | 2017-11-17 21:01 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

スピリチュアルな暮らし


我が家の住まいと暮らし

このところスピリチュアルな暮らしにどっぷりと浸かっています。

秋という季節がそうさせるのかもしれませんが、

植物を見ても、庭の虫たちを見ても、そこに生命のエネルギーを感じて、

生命あるものすべてが愛おしいと心から思えるのです。


スピリチュアルといえば「無条件の愛」という言葉が思い浮かんできます。

世のスピリチュアルリーダーたちは、「無条件の愛」などと簡単に一言で言ってしまいますが、

「無条件の愛」という言葉が私の頭にすんなりと入るまでには、かなりの時間がかかりました。

生きること・・・それは愛に目覚めるということだそうです。

何ともロマンチックなお話ですが、

愛をもって周囲に接すること・・・これが「無条件の愛」・・・

愛されようとするのではなくて、愛すればよいのだということですね・・・

すべてのものはそのままで良いのだそうです。

そのことに気が付いた自分が変わればよいのであって、

他の人に変わることを求めないということですね・・・


前回の記事「三次元は条件付きの世界」で書いたように、

私たちが住んでいるこの三次元の世界・・・

この三次元の世界でしっかりと生活している私たちは、

条件付きが当たり前だと骨身にしみるほど教え込まれていますから、

そして、それを信じてひたすら日々を頑張っていますから、

「無条件の愛」などという言葉は、ただ縁遠い言葉というだけではなくて、

何か宗教的な香りさえ感じてしまいます。

いろいろなサイトや動画を見て、

たくさんのスピリチュアルリーダーたちから何度もこの言葉を聞いて、

時間はかかりましたが、ようやくおぼろげながらですが、

「無条件の愛」という言葉に違和感を覚えなくなりました。


すると、これに関連することが、次から次へ目の前に現れて、

その偶然の繋がりを面白いと感じています。

以前とちょっと違った道を歩いているような気がしたり、

周りの景色が違って見えたり、

自分の変化が自覚できたので、

ブログをどうしようかなどと迷ったり・・・

だって、以前と同じようには書けないですからね・・・

やはり自分に正直でいることは大切ですから・・・

先月、ブログの更新が滞ったのは、こうした理由でした。


周囲を見回しても、社会情勢も、国際情勢も、目まぐるしく変化し、

そうそう、地球も太陽も変化していて、

我々が変化するのは当然だと気が付き、安心しています。

ブログが変化していくのも自然なことかもしれません。


昨年の12月28日の富士山です
e0288951_23022496.jpg

みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!


by gutsuri | 2017-10-17 08:00 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

三次元は条件付きの世界



前回の続きになりますが、

夕日を眺めていると、自然に「今、ここ、この瞬間」に浸っているように感じられて、

10月になり我が家に夕日が戻ってくると、

夕日を眺めながら、しばし、そのひと時を・・・「今、ここ、この瞬間」を、楽しんでいます。

太陽が沈み始めてから沈むまでの時間は、本当にあっという間なのです。

ほんの1~2分で、沈みかけた夕日は沈んでしまいます。


スピリチュアルでは「今、ここ、この瞬間を意識することが大事」と言われています。

多くのスピリチュアルリーダーたちが皆そう言っているのですから、そうなのでしょう。

私たちが住んでいるこの三次元の世界は、時間に管理されているように見えますが、

実はそうではなくて、時間とは幻想なのだと、

世のスピリチュアルリーダーたちは口をそろえてそう言います。

時間に追われて日々暮らしている私たちには、何のことだか訳が分かりません・・・

時間が幻想だといわれても、何のことだかわかりませんよね・・・


最近見たサイトで面白いことを言っていました。

私たちが住んでいるこの三次元の世界とは、条件付きの世界なのであって、

お金があるから幸せとか、

立派な家に住んでいるから幸せだとか、

彼がいるから、彼女がいるから幸せだとか・・・

美味しいものを食べることができるから幸せ、

たくさん旅行に行けるから幸せ、

健康だから幸せ、

おしゃれができるから幸せ・・・などと、

この三次元の世界の幸せには、条件が付きものなのだそうです。

そう言われてみれば、そのように思えてきます・・・


そして、「今、ここ、この瞬間」に意識を置くことは、

このような三次元の世界からちょっと距離を置くことであり、

「今、ここ」を感じるとは、ただ、そこにいるだけで満たされていると感じることであり、

条件に関係なく、幸せを感じていること、

生きていること、そのことに喜びを感じていること、

今のその瞬間に意識を向ければ・・・今のその瞬間に入っていくことができれば、

身体の中から湧き上がってくるような喜びに気が付くということ。


では、「今、ここ、この瞬間」が三次元ではないとするとどこなのでしょう・・・

四次元とか五次元とか・・・なのでしょうか・・・


アセンションとは次元上昇のことであり、

地球は今、雨で洗い流し浄化をしていて、

また、地震で揺れて汚れを落とし払ったりして、毒出しの最中らしく、

その影響を地球上の私たちはもろに受けていますが、

もし地球がアセンションをしているのだとすると、

地球上の私たちも浄化をして、自らを清め、きれいになって、

地球と一緒にアセンションしたいものだなどと、

夕日を見ながら考えている昨今です。


私たちは意識をちょっと変えるだけで、

三次元から四次元、五次元を行ったり来たりしているのだと、

このように語るスピリチュアルリーダーがいるのです。

秋の夜長にアセンションについて考えてみる・・・

これも夕日の影響でしょうか・・・


スピリチュアルな暮らしは退屈しませんね~




今年2月の夕日です
e0288951_22420515.jpg


みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-10-14 09:51 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

内面の変化に戸惑う

すっかり秋めいてきました。

空気が乾いているのでカラッとして気持ちがいいですね。

9月に入ったと思っていたら、すぐに秋分の日がやって来た感じがしますが、

気が付けば今週で9月も終わり、来週から10月になります。

窓を開ければ、お隣さんの金木犀の甘い香りが漂ってきて、

しばしその香りに浸っていますよ~

金木犀の心地よい甘い匂いが風に乗ってやって来ますが、

胸深く息を吸うと、身体全体にそれがいきわたり、

細胞が喜んでいるようで、身体が子気味良さを感じています。

公園の桂の木は黄色になり落葉を始め、

カラメルの甘い匂いを周囲に振りまいていて、この時期だけの味わいですね。

こちらはほのかに甘い匂いが伝わって来るので、

匂いを意識しなければカラメルの香りは気が付かないかもしれません。


自然っていいですね~

自然を感じると心から満たされた気持ちになります。

普段はそれほど自然に気持ちを向けていないので、

改めて見回すと、季節の巡り・・・秋への準備が始まっていることに気が付きます。



先日「お母さん、元気なの?」と娘から声をかけられました。

ブログの更新が途絶えていたので、具合でも悪くなったのではないかと心配していたそうです。

心配をかけて申し訳なかったですね。

私は元気でした。

リハビリには通ってはいますが、体調はすこぶるよくて問題はありません。


でも、8月に面白いことがありました。

普段は皆さんもそうでしょうけど、血圧など図りませんよね。

私も、血圧測定など家ではしません。

リハビリに行くと、血圧測定をすることになっていて、毎度測っています。

私はもともと低血圧で、上が90くらい、下が60くらい・・・立派な低血圧です。

まあ、大体これくらいの血圧値が出ていましたが、

8月のある時に、上が74、下が52という数値が出て、

その次のときも同じく低い数値が出て、

家族にそのことを話すと「それは栄養失調だよ。」と言われ、

でも、身体の中から溢れ出るエネルギーのようなものは感じられるし、

気持ちに張りはあるし、

それでも、心の片隅では、その数値が気になっていました。

私は菜食で小食ですからね・・・

9月に入るとどういうわけか、血圧は元に戻っていて、

上が90~100、下が60~70、まあ、普段の血圧に近くなっていたので良かったです。



身体は問題はないのですが、

7月くらいから、私の気持ちに変化が起きて、自分でもそれがわかるのです。

精神レベルや感情レベルで、何かが変わったと気が付くのです。

物を考えるときの、立ち位置が変わったとでもいうのでしょうか・・・

物の見方や感じ方が、以前と異なってきたことを感じるのです。

以前は気になっていたことが、今は全く気にならないというようなこと。

不思議ですが、意識することが変わったのです。

9月に入りブログの更新が途絶えたのは、

8月は暑くて外出は出来なかったものの、

9月になって涼しくなり、いろいろな用事で出かける機会が増え、

そのためにブログをお休みしましたが、

以前の私ならば、疲れていても気合を入れて、ブログを書いていましたね。

書けていたのです・・・ブログを書くことは簡単でした。

次から次へと、書くことが頭に浮かんで来て、サクサク書くことができたのです。


今は、自分の内面の変化に、ちょっと戸惑っている・・・

こんな感じでしょうか・・・



メドーセージがきれいに咲いていましたが、先日の台風で倒れたので、短く切りました。
e0288951_23423317.jpg

澄んだ青色がとても美しくて、その青が、皮膚の中まで・・・身体の中まで・・・入ってくる・・・感じ
e0288951_23450911.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





by gutsuri | 2017-09-26 07:00 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

願望と祈り


願望と祈り・・・

願望も祈りも、こうであってほしいという思いを叶えてほしいと願うことですが、

この二つの言葉は、何となくニュアンスが違っていますよね。


私たちはみんな、幸せになりたいと願っていて、元旦には神社でお参りをします。

また、何か特別な願いがあるときには、

日本人なら神社でお願いをし、

聖書を信じている人は、教会に行って神やキリストにお祈りをすることでしょう。

教会でのお祈りは、神に呼びかけ、キリストに語りかけ、

神社の参拝でも、神様へ願いを聞き届けてくださるようにお祈りをしお願いをします。

そこには、神様が存在します。


一方、願望といえば、以前、引き寄せの法則が流行りました。

願えば叶えられるということで、

私たちはみんな幸せになりたいですから、願望実現を願いました。

が、ここには、神様の存在が在ったでしょうか・・・


神様が介入しているか、介入していないか・・・

それが願望と祈りの違い・・・


神社では、お参りをし、参拝をして、お願いをします。

神様に心からお祈りをする・・・

また、希望すれば拝殿に上がり、御祈祷を受けることができます。

神社とは、神の社(ヤシロ)と書きますから、神様がいらっしゃる神聖なところです。

だから、神社では神様にお祈りをするのです。


また、願望とお祈りでは、

その願いの内容に微妙な違いがあるでしょうね。

願望は個人的な願いに限られることが多く、

お祈りとは、神様に語り掛けますから、

広い視野から望む願いのように思えます。



そして、叶うという字は、口と十ですね。

口で十回唱えれば叶うということなのでしょうか・・・・

毎日十回?

それとも、気が付いたときに十回?

漢字とは面白いですね~


また、願望と祈りを、自我と自己、この区別で見る考え方もあるそうです。

願望とは自我の心であり、

祈りとは本来の私である自己から願うもの・・・


さて、私の願いは・・・自己から来ているものかしら・・・



葉山花火から
e0288951_22313496.jpg




先日、テレビで偶然この番組を見て引き込まれました。
貼り付けますね。







  みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-08-04 21:00 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

どしゃ降りでびしょ濡れ


今朝、バラが咲いているのに気が付きました。

イングリッシュヘリティッジです。

e0288951_18423835.jpg


イングリッシュヘリティッジは次々と咲くので、蕾が付いていたのは知っていましたが、

何しろ、今のこの時期は虫が多いので、蕾も虫食われで、咲くまでに至りませんでした。

虫に負けない蕾があったようです。

こちら、シャンタルメリューも咲いていました。小さな夏花です。

e0288951_18473090.jpg

シスターエリザベスも・・・
e0288951_18491246.jpg

クレマチスも・・・
e0288951_18494348.jpg



さて、今日から8月です。

ついこの間夏至で、一年を折り返したところでしたが、

もう8月・・・秋分が視野に入りますよね・・・

今日、テレビでお節料理のコマーシャルを見て、驚きました~

お節料理?  こんなに暑いのに・・・

秋分どころかお正月が視野に入っていますね。

時間の流れが今は、激流のように流れている感じがします~

早く流れているというだけではなく、荒れ狂って流れているような印象を受けるのは、

私だけでしょうか・・・




今日の午後、郵便局に行く用事があり、

お昼から雨が降ると聞いていたから、早く行けばよかったのに、

午前中は青空で日差しもあり良いお天気・・・これで本当に雨は降るの~

そして、午後からのんびりと出かけ、

でも、出かけるときには雨は降っておらず、

走っているときに小雨が降りだし、温まっていたアスファルトは湯気を出していましたよ。

数分のうちにどしゃ降りになってきて、

車を降りて郵便局につくまでにびしょ濡れ・・・

また、車に乗り込む時の傘をたたむ間に全身ずぶ濡れ・・・

20分早く出れば、雨に会うこともなかったのに・・・などと恨み節が出るくらい濡れました。


でも、そこはスピリチュアル人間ですからね。

浄化が必要な時には大雨が降るそうですから、

私には浄化が必要だったのね~

これで浄化されたかしら・・・

それとも、もっと浄化しなさいと言うことかしら・・・

浄化することとは、ものの考え方を言っているのですよね。




リハビリで教えられたことは、「人はなくて七癖」ということ。

動きについてもそうで、

歩き方一つをとっても、みんな癖があるそうですよ。

考え方もそうですよね・・・癖があるのです・・・

他の方のブログを訪問すれば、たまにそれを感じることがありますけど、

かくいう私もかなりの癖を持っているようで、

動きの癖の方は、今リハビリで矯正しているところです。

考え方の癖の方は・・・・

こうやってお天道様に・・・天の神様に・・・どしゃ降りの中で教えを受けて、

初めて、そちらに注意を向けるといった具合です。

自分のことはなかなか自分では気が付かないということがポイントですね。



でも、その人の癖はその人の個性とも言えますから、

癖がないと寂しかったり・・・しますね・・・


でもまあ、それはそれとして、

この浄化のチャンスに、十分に、お浄めしたいと思います。



7月26日の葉山花火
e0288951_20021419.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-08-01 21:00 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

変化のトリガー


夏休みらしいお天気ですね。

夏はやはりこうでなくては・・・などと言いつつも、

うだるような暑さには閉口してしまいます。

このように暑い日は、涼しい家で静かにしているのが一番。

今週は、火曜日にはリハビリ、

水曜日は孫と一緒に葉山花火を見て、

木曜日は孫を送って行き、

金曜日は横浜へ・・・

今週に限らず、このところ出かけることが多いです。


リハビリでは、足首や膝は、自分でも随分良くなってきたと感じていますが、

リハビリの先生にもそのように言われ、

また、整形外科の先生も、あともう少し頑張りましょうと応援して下さり、

大分、気持ちが軽くなっています。

今はまだ、出かける時には最寄りの駅まで車で送ってもらいますし、

葉山花火の時には、行くときには車で送ってもらいました。

普通に歩くことはできますし、無理をしなければ大丈夫ですね。

駅では、エスカレーターを利用しています・・・今までは階段でしたけど・・・

聞いたところによると、もし、脚にちょっと痛みを感じたならば、

今まで動いてくれてありがとう・・・と、脚に感謝しお礼を言うといいのだそうですよ。


昨日、夕食が終わってから、ブログを書こうと思ったのですが、

大事なメールを二つ書いて、それに時間を取られたこともあり、

メール二つで終わりにしました。

何となくですが、私とブログの関係が、少し変化しているように感じています。

もちろん、この変化もまた、変化していくかもしれませんが、

このところ見る夢が、以前の夢とははっきりと異なっていて、

夢とは潜在意識ですからね・・・

母が亡くなって8か月・・・

ようやく私にも、その変化が心と身体に沁みわたって来たのかしらとか、

環境が違えば自ずと考え方や感じ方、はたまた夢まで違ってくるのかしらとか、

自分の変化が自分で感じられるのですよ。


足首と膝のリハビリが、私の変化のトリガーでもあったわけで、

根本から見直しなさいと言うメッセージだと思っています・・・

足首と膝のみならず、身体全体、心の奥底まで見つめて、

必要なものとそうでないものとを分けていく作業に気持ちは向かっていますね・・・


7月24日のブログを書いていて、写真を貼り付けるときに、

母の写真が目に飛び込んできたのですよ。

昨年、7月23日、母の103歳の誕生日の時に撮った写真が、

どういう偶然かわかりませんがクリックされて、突然現れました。

そこには笑顔の母がいました~

その前日7月23日には、生きていれば母の104歳の誕生日だとわかっていましたし、

この日は獅子座の新月、扶美さんは獅子座なのよね・・・などと思い出したり、

でも、去る者は日々に疎し・・・それでいいのよね・・・などと思ったり、

ほんのひととき、母のことを考えていました。


窓から外を見ると強い日差しが照りつけていて、

今日は夕方、庭に水遣りが必要です・・




7月26日の葉山花火から
e0288951_15042640.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-07-29 21:00 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri