カテゴリ:太陽( 4 )

冬至は太陽の新しいスタート

昨日、12月21日は冬至でしたね~

我が家からは夕日が見えるので、

日没の位置がだんだんと南にずれていき、

冬至の日に最も南寄りになる様子が手に取るようにわかるのです。

冬至は、昼が最も短くて、夜が最も長い日なので、

太陽の力が最も弱い日と言われています。
(地球の北半球に関してのことです)


陰極まれば陽に転ず・・・と言われるように、今日から太陽が輝きを増してきます。

寒さはこれから本格的になるのですが、

太陽の日差しは冬至を境に段々と強くなってくるのです。

植物は地面下で根を張り伸ばし始め、春からの枝葉の成長に備えます。

太陽のエネルギーは、植物を育て、虫や動物も育て、

私たちもお日様のおかげで元気になります。

太陽は地上の生き物すべてを支え育ててくれますよね。

この太陽のパワーが今日から増えてくるのですから、

上手くそのパワーに乗って、日々を健やかに過ごしたいですね~


冬至は太陽のお正月・・・

冬至の度に、このように私は言っていますが、

夕日を見ていると本当にそう思えるのですよ。

冬至は太陽の新しいスタートなのです。


昨日の冬至の日に、何となく街に出かけたくなって電車に乗り横浜に出かけました。

ランドマークとクイーンズスクエアのクリスマスツリーを見て、

おしゃれなカフェでお茶をして、クリスマスイルミネーションを楽しみました。

人気のカフェでは20分待ちましたが、それもまた気にならず・・・

のんびりと、ゆったりと・・・急いで帰る必要はありません・・・

それもまたちょっと寂しいような・・・

でも、久々に解放感を味わいました。


冬至の日に届いたメルマガでは

「冬至は太陽のお誕生日」とありました~


12月20日の夕日です
e0288951_22402188.jpg


e0288951_2241413.jpg


e0288951_22412623.jpg



蝶々にクリックをお願いします


バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ





by gutsuri | 2016-12-22 07:00 | 太陽 | Trackback | Comments(0)

太陽がスイカの大きさなら地球は米粒

今日は春分の日です。

真東からお日さまが上り、真西に沈む・・・

昼と夜の長さが同じ・・・

太陽と地球のはっきりとした位置関係は、一年に4回見られます。

冬至、春分、夏至、秋分。

この4回は、日々の暮らしの中で、気持ちの区切りとなり、

地上の万物は,太陽のおかげあってのことなのだと

あらためて太陽の大きさを実感できますよね。

何と言っても、

太陽をスイカの大きさだとすると、地球は米粒の大きさだそうですから・・

植物は春分から夏至までは、

芽を出し、葉を広げ、花を咲かせ、大きく伸びていきます。

バラの葉も、たくさん出て来ました。

一年で一番心躍る季節です~

そして、春分は、宇宙レベルでのお正月と聞きましたから、

私はこの日に向けて、いろいろとダンシャリしてきました。

家の中がスッキリとして、気持ちが良いですね~

「服にも旬がある。賞味期限があるのです。」という記述を見て、

瞬時にそれを理解できないほど、私の感覚は鈍っていました。

着心地が一番・・・だったのですよ・・・それだけ・・・

さあ、今日から、新しいスタート!

卒業や進学、進級と重なりますね~

桜の季節、4月スタートって、理に適っているのではないかしら・・・

ひょっとして、昔の人は全てご存じだったのでは~

などと、本気で考えています。

夫は子供と待ち合わせて、実家にお墓参りに行きました。

兄夫婦と会って楽しかったようです。

肌寒い日でしたが、春の寒さって、どこか違いますね。

寒さが覆いきれず、春が顔を覗かせたままのような・・・

ブログもちょっと、変えてみました。

チェンジ! 気持ちも・・・


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ






心と身体
by gutsuri | 2015-03-21 19:08 | 太陽 | Trackback | Comments(0)

夏至と太陽のパワー

今日は夏至です。

こちら地方は曇り空なので、空を見上げては

え~と、今日は本当に、太陽の支配が最も強い日だったかしら・・・

などと思ってしまいます。

が、そうなのですよね。

お日さまが出ている時間が最も長い日であり

太陽のパワーが満ち溢れている日だといえるのです。

せっかくそこここにたくさんのエネルギーが満ちているのですから

意識して太陽のパワーを頂戴すると、元気が湧いてくるのでしょうね。

植物はこの日を境に、収束、結実に向かうそうです。

春になって枝葉を伸ばし開花して大きく育ってきましたが

今度は、実を結ぶほうに舵を切り替えると言われています。

結果が出るのは3か月後ですけどね・・・

きっと私たちも、今までやってきたことが

実を結ぶ方向に向かっていくのかもしれませんね。

お日さまのエネルギーがそちらに引っ張って行ってくれるのですから

太陽のパワーにお任せしましょう・・・


夏至は折り返し点です。

今日の夕日は最も北寄りに沈みます。

あすからはだんだんと夕日は南寄りに沈みます。

日没が少しづつ南に移動してきて、

そのうちに伊豆半島を背景に駿河湾に沈む夕日が

家から眺められることと思います。

そして、冬至の日には、最も南寄りに夕日が沈みます。

冬至が出発点、夏至が折り返し点。

我が家から夕日を眺めていると、

日没の位置が、伊豆半島を行ったり来たりしているのがわかります。

一日で太陽の幅一個分は動いているように見えるのですよ。(我が家から見てですが)

1年間では相当な距離を移動します。

太陽と地球の関係は日々少しづつずれて行きますが

1年後にはまたぴったりと戻ってくるその不思議さ・・・

当然のことなのでしょうけど、不思議ですよね・・・

地球上の生き物全てにとって、太陽は生きていく上で必要不可欠なもの。

梅雨の季節に、しばし太陽に思いを馳せて・・・


乳酸菌でオーガニックローズガーデン 今日の庭
シャリファアスマ
e0288951_1714487.jpg

スーリールドゥモナリザ(モナリザの微笑み)
e0288951_1724375.jpg

シスターエリザベス
e0288951_1733066.jpg

クイーンオブスエーデン
e0288951_174566.jpg

アナベル
e0288951_1743961.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





by gutsuri | 2014-06-21 18:41 | 太陽 | Trackback | Comments(0)

太陽の支配

今日は朝から雨模様です。 

今、かなり雨脚が強いですね。

そういえば、昨日関東は梅雨入りしました。

6月ですからね。

もう、一年の半分が過ぎようとしていますよ~

日々は飛ぶように過ぎ去っていきます。


6月と言えば、夏至ですね。 6月21日が夏至の日です。

夏至と冬至は、一年の中で陰陽の転換日と言われています。

夏至の日は、太陽が出ている時間が一年の中で一番長く

最も「陽」が強い日です。

太陽の支配が最も強い日なのです。

よって、陽極まって陰に転ず。

夏至の日を境に、太陽が出ている時間がだんだんと短くなってきます。

陽から陰へ・・・ということで、夏至は満月のようなものですね。

一方、冬至は一年で一番太陽が出ている時間が短いです。

もっとも「陰」が強い日。 太陽の支配が弱い日なのです。

よって、陰極まって陽に転ず。

冬至の日からだんだんとお日さまが出ている時間が長くなります。

陰から陽へ・・・新月のようなものですね。


夏至は、日差しが非常に強く、お日さまのパワーをもっとも感じ取れる日なのです。

春からず~っと、新芽を出して生長してきた草木ももちろん

この日を境に、陰に転じることでしょう。

収縮、結実に向かって、かじを切り替えるようです。

まあ、これは大体の話ですけどね・・・


地球も地球上の生物も皆、太陽のおかげで生きています。

その太陽の支配がもっとも強いと言われる夏至の日です。

灰色の雨雲の上には、いつも太陽が燦然と輝いているのですから

そうイメージして、太陽の恩恵に与ることにしましょう・・・


乳酸菌でオーガニックローズガーデン 今日の庭
クイーンオブスエーデン、2番花
e0288951_1817442.jpg

ペッシュボンボン
e0288951_18185027.jpg

ヘルツァス
e0288951_18192673.jpg

レオナルドダヴィンチ、暮れに植え替えたので今年は今一つでしょうか・・
e0288951_1820580.jpg


e0288951_18222438.jpg



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ





by gutsuri | 2014-06-06 18:54 | 太陽 | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri