カテゴリ:竹炭、備長炭、菊炭( 4 )

備長炭を煮沸しました

朝夕、ちょっと涼しくて秋らしさを感じます。

夏の間、母の部屋の臭いが気になっていました。

毎朝、窓を開けて部屋の換気をしていますが、

長く開けていると部屋の温度が上がるので、せいぜい15分くらい・・・

暑くてもやはり、朝、窓を開けると気持ちが良いものです。

でも、窓を閉めると、何となく部屋に臭いがこもっているような気がして・・・・

そのような状態が続いていたのです。

母の部屋には、消臭用に備長炭が入った籠が三つ置いてあります。

備長炭を置いたのは一年半前の話で、そのままずっと置いたままの備長炭です。

炭の空気清浄の効力がもうなくなっているだろうと、

昨日思い切って、備長炭と竹炭を煮沸しました。

籠が三つと言っても、大き目の籠で、中には備長炭がたくさん入っていますから、

炭の量は半端ではありません・・・・

煮沸を何回も何回もしましたよ~

一回の煮沸は15分くらい・・・全部の炭を煮沸して再生させました。

気のせいかもしれませんが、昨夜は本当に清々しい気持ちでした。

新しい備長炭を部屋に置いた時の、あの感覚を思い出しました・・・


母はベッドの中が全世界です。

食べて、本を読んで、テレビを見て、お茶を飲み、排泄して、リハビリに励み、人と話をして、

これ全てをベッドの中でやっています。

小さな部屋では、いろいろなにおいが混じりあい、布などにしみ込んでいて、

衣類やタオルケットなどを洗っても、

部屋にしみ込んでいる独特の・・・まあ、その部屋の個性のようなものかもしれませんが・・・

このにおいが消え、清々しさを部屋で感じるようになると、

プラスのスパイラルに、また一つプラスの要因が増えると思われるのですよ。

私はその空気の違いがはっきりと感じ取れますが、母はどうでしょうか・・・

籠に入った炭を母に見せると、

「それはあそこに置いてあったから、あそこに置いてちょうだい」と置く場所を指図しました。

何のために炭を置いているかは、まったく気にかけていないといったところです・・・

母のために買った空気清浄器は押入れに入ったままで、

私はどうも炭の方が好ましいと思えるのですよね~

まあ、好みの問題ですけどね・・・

煮沸すれば、炭は何度も効力を発揮するそうですから、

効力が落ちてきたと思ったら、また煮沸するつもりです。


ハナショウガです
e0288951_2246495.jpg



蝶々にクリックをお願いします


バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ




by gutsuri | 2016-09-13 07:00 | 竹炭、備長炭、菊炭 | Trackback | Comments(4)

炭の再生

扶美さんの部屋の空気清浄のために、

備長炭や竹炭などを、部屋にたくさん置いて、消臭剤として使っています。

私は気休めに、時々、その炭を日光に当てて消毒し

炭を再生させているつもりでいました。

が、よく調べてみると、

白炭といわれる備長炭や竹炭は、10分間の煮沸消毒が必要だと書かれています。

煮沸すると随分長く使用できるそうです。

臭いが移るかもしれないので、専用の鍋での煮沸消毒とありました。

また、菊炭のような黒炭は、煮沸消毒には向かなくて、

アルミホイル2~3枚を敷いたフライパンで5分の過熱とありますね~

臭いが出るそうなので、換気必死だそうです。

消臭剤として使っている炭は、消臭剤として、かなり長く使えるそうですよ。

そして、私がしていた日光消毒も、しないよりはマシだとか・・・

煮沸や加熱ほどの効果はないようですけど・・・

また、私は電磁波対策としても今は炭を使っています。

これには備長炭が良いそうですよ。

初めは電磁波対策として観葉植物を置いていましたが、

パソコンの傍に観葉植物は、ちょっと場所を取りますよね。

炭だったら、場所も取らず、手はかかりません。

水を遣ったり、日に当てたりしなくて済みますから・・・

しかし、触ると指は真っ黒けになります・・・

炭の効果は素晴らしいですよね~

使ってみて実感していますよ。本当に・・・

健康にも良いそうなので、いろいろなところで使われているようです。

その使われた炭は、我が家のように消臭剤として使われていれば、

炭が吸い込んだ臭気などの処理には手間がかかります。

たとえ、炭の再生に手間がかかっても、

今や我が家に炭は必需品です。

炭のおかげで、扶美さんの部屋はいつも浄化されていますからね。

冬の間はエアコン作動の閉め切った部屋ですが、

部屋の空気や雰囲気は、

何か、外にいるような、自然の爽やかさが感じられるのですから、

すごい効果です。

また、こうも書かれていました。

消臭剤として使われた炭は、炭火として使うのは危険だそうです。

爆発?するかもしれないですって・・・本当?

炭って、繊細なのですね・・・

使った後は気を付けましょう・・・

細かく砕いて、庭に撒くのが良いですね。

土壌が豊かになります!


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





心と身体
by gutsuri | 2015-03-01 19:35 | 竹炭、備長炭、菊炭 | Trackback | Comments(2)

菊炭

先日、炭のパワーのことを書きました。

炭は、消臭剤としてはもちろんのこと、

いろいろな面で効力を発揮してくれるように思います。

気分が良いように感じてくるのです、何となくですが・・・

先日は我が家で使っている竹炭と備長炭をご紹介しましたが、

実はもう一つ、大きな段ボールに入っている菊炭があるのですよ。

これを出して籠に入れました。
e0288951_1726438.jpg

菊炭はきれいなのでインテリアとしても飾れますね。

切り口が菊の花のようになっているので菊炭と呼ばれているクヌギから作られた炭です。

311の後、私はいろいろと考えて、火鉢と炭を買いました。

何かの役に立ちそうですからね。

その時に、大きな段ボールに入った菊炭を火鉢と一緒に買ったのですよ。

菊の花が割れているものが多いですが、
e0288951_18443134.jpg

割れていない菊炭を見つけると嬉しくなります。

いろいろな炭を周りに置いて・・・

楽しんでいます・・・

小さなことですけどね・・・

鶴岡八幡宮の寒牡丹です。
e0288951_184827.jpg


e0288951_18483565.jpg


e0288951_18492465.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





心と身体
by gutsuri | 2015-02-08 19:10 | 竹炭、備長炭、菊炭 | Trackback | Comments(0)

炭のパワー

先日、長女に留守を頼んだときに、

扶美さんの部屋のにおいがほとんどないことに驚いていました。

普通は、高齢者独特の臭いや、紙オムツの臭いや、そのほかいろいろ、

全てがベッドの上の生活ですから、止むを得ないところも多いのです。

ベッドの生活も3年目に入りましたから、

その間いろいろと試しました。

まず初めは、薬局で売っている消臭剤、

香り付きのものは頭がクラクラしてきますから、無臭のものを試しましたが、

期待した効果はなかったです。私の場合の話です。

消臭のために今していることは、これです。

これは竹炭です。
e0288951_1846229.jpg

友人が手作りの竹炭です。

そして、備長炭です。
e0288951_18572343.jpg

籠に入った備長炭があちらこちらに置かれています。
e0288951_1913867.jpg

合計四つの竹炭や備長炭の入った籠が母の部屋にあります。

このおかげで、母の部屋はほとんど臭いません。

爽やかな感じがするほどですよ。

竹炭は軽いですが、備長炭は重いですから、

置き場所に気をつけなければなりませんが、

臭いに関しては、効果があるように思います。

すぐに臭いがなくなるわけではありません。

例えば、おむつ替えをした後、すぐに臭いが消えるのではありません。

でも、それが自然なことだと思っています。

ゆっくりと、でも、確実に臭いがしっかりと消えていくのですよ。

きっと、身体に負担がなく、というより、

身体に何か良い効果でもあるのではないかと思うくらいの気持ちの良さです。

備長炭は以前から、テレビの後ろにおいていましたが、

母の部屋に置いてから、その効果が好ましいものに思えたので、

籠に入った備長炭を他の場所にも幾つか置いています。

数年前に、鉢底炭をたくさん買って、庭の周囲に撒きました。

別に何ということもなく、ただの気粉れに撒いたのですが、

何か気持ちが良いなと感じたのを憶えています。

炭の効果って、素晴らしいと感じていますよ。

今日は、写真のアップがどういうわけか出来なくて

時間がかかりました。フ~


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ




今日の夕日です
e0288951_19231925.jpg



心と身体
by gutsuri | 2015-02-02 19:24 | 竹炭、備長炭、菊炭 | Trackback | Comments(2)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri