「ほっ」と。キャンペーン

百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー

カテゴリ:豆乳ヨーグルト( 4 )

私は毎日豆乳ヨーグルトを作っています。

今の時期は、温めなくてもヨーグルトが作れますから簡単にできるのですよ。

最近、市販のカスピ海ヨーグルトを種菌として使った豆乳カスピ海ヨーグルトを毎日作っていて

その美味しさにはまっています。

カスピ海ヨーグルトが持つねっとり感、少し糸を引く感じですが、それが強く出ます。

市販のカスピ海ヨーグルトを種菌にすると、

雑菌や消毒のことを気にせずに済むのです・・・・不思議ですけどね・・・

雑菌よりもカスピ海ヨーグルトの菌のほうが強いからなのでしょうか・・・良くわかりませんが・・・

雑菌の心配をしなくて済むので、これも気に入っている理由の一つです。

他のいろいろな種類の市販のヨーグルトを種菌に使うよりも

カスピ海ヨーグルトを種菌として使った方が簡単で美味しいような気がします。

そして失敗もありません。
e0288951_2326348.jpg

好みもありますけど、じっくりと熟成したヨーグルトが出来上ります。

初めは豆乳ヨーグルトに対して2割くらい(多めで大丈夫)のカスピ海ヨーグルトを入れて作ります。

次に作るときには、この出来上った豆乳カスピ海ヨーグルトを一定量残しておいて

それを種菌として使い、次の豆乳ヨーグルトを作れば、豆乳カスピ海ヨーグルトの出来上がりです。

無調整豆乳にその2割くらいのカスピ海ヨーグルトを加え、
(種菌として使うカスピ海ヨーグルトは、無脂肪を使っています・・・追記)

種菌のエサとして私はオリゴ糖を入れています。

母が甘いのを好むので豆乳500㏄に大匙2~3くらいのオリゴ糖を入れ、

ニガリをワンプッシュ加え、よく混ぜて一晩おきます。これでOKです。

以前は米とぎ汁を発酵させて作った乳酸菌を種菌として豆乳ヨーグルトを作っていました。

自作の乳酸菌でも豆乳ヨーグルトはできますが

市販のヨーグルトの菌はさすがに安定していて素晴らしいです。

おかげで豆乳カスピ海ヨーグルトを毎日みんなで楽しんでいます。

発酵とぎ汁は庭に撒いていますよ~

これはなかなか良い活性剤だと思います。

肥料がなくても植物はよく育ちます。


暑いこの時期、おやつ感覚で母も食べています。

たくさん食べてほしいので、たくさんあげると、 

有難いことに、たくさん食べてくれるのです。  

おかげで自力で排便できていますが、

百歳を過ぎてからの自力で排便(下剤を使わないで排便)は、珍しいと言われます。

豆乳ヨーグルトのおかげです~

母は、元気になりましたが、やはり気怠さがあるようで、

毎朝のテーブルをたたく音は、いつものリズム(タンタカタンのタンタンタ~ン)ではなくて、

連打だったり乱打だったり、時にはたたくのを忘れていたりといろいろです。

この暑さですからね・・・・まあ、こんなものでしょう・・・

梅雨が明けて、本格的な夏到来です。

青い空には入道雲が現れ、空も夏模様です。

無事にこの夏を乗り切れるように気を付けます。


シャンタルメリュー
e0288951_23384077.jpg

イモーションブルー
e0288951_23392198.jpg

ルリヤナギは今年は花が少ないです
e0288951_23404612.jpg

ギボウシ
e0288951_23412234.jpg


蝶々にクリックをお願いします




by gutsuri | 2016-08-02 07:00 | 豆乳ヨーグルト | Comments(0)
昨日は涼しくて過ごしやすい日でしたが、

その前は暑かったですね。

真夏の暑さでした~

ところで、暑い夏には簡単に、豆乳ヨーグルトを作ることが出来ますよ~

温める必要がないので、混ぜるだけで簡単に豆乳ヨーグルトが出来ますから、ご紹介しますね。

用意するものは、

1.無調整豆乳(無調整です)
2.市販のヨーグルト(牛乳で作られたもの、ブルガリアヨーグルトとかいろいろな
 美味しいヨーグルトがありますね。好みの味のものを用意してください)
3.糖類(私はオリゴ糖を使っています。マイルドに仕上がるように思います)
4.ニガリ(海の塩でも代用できます。なくても良いみたいですよ・・・)

無調整豆乳500㏄に、市販のヨーグルトを大匙4くらい加えてよく混ぜます。
そこにオリゴ糖40~50ccくらいとニガリ1プッシュ入れて、混ぜます。
これだけです。
寝る前にこれを仕込んでそのまま置いておくと、朝起きたときには
、豆乳ヨーグルトが出来上っています。温める必要はありません。
今は暑いですからね・・・

市販のヨーグルトを、乳酸菌の種菌として使います。
私が自分で作った乳酸菌は、米とぎ汁を発酵させたものですが、
市販のヨーグルトの乳酸菌は、乳酸菌が洗練されていますよ。
さすがですね・・・・失敗がありません。
温度や発酵時間が多すぎたり少なすぎたりしても、美味しい豆乳ヨーグルトが出来ます。

豆乳ヨーグルトを作るときには、温度と消毒が大事だと言われています。
温度は、まあ今の暑い時期は問題はないですが、
消毒に関しては、作る容器(私はZiplocを使っています)を熱湯少々をかけて消毒すると、
見かけもきれいな豆乳ヨーグルトが出来上ります。
消毒しないと、出来上がった豆乳ヨーグルトの表面がほんのりとピンク色になっていたりします。
我が家は、食器など消毒しないですから、平気でこれを食べていますが、
きれいに作りたいなら、容器を軽く熱湯消毒をすると安心です。

出来上ったこの豆乳ヨーグルトは、大匙4くらい残しておくと、次回作るときの種菌として
使うことが出来ます。同じ要領で作ります。
我が家は母が食べやすいように甘みが強めにしてありますから、
糖類はお好みで加減してください。

夏だけの期間限定、豆乳ヨーグルトです~
暑い夏は温めなくても豆乳ヨーグルトが簡単にできます。
材料を混ぜるだけです。

腸の中にお花畑が出来るかもしれませんよ~
腸内フローラでしたっけ・・・


レディーヒリンドン
e0288951_15465372.jpg

イングリッシュヘリティッジ
e0288951_15472533.jpg

ヘリティッジは、無肥料無農薬で次々と咲いてくれるバラです。
虫の多い我が家で虫にもめげず、きれいに咲いてくれる有難いバラです。


蝶々にクリックをお願いします





by gutsuri | 2016-07-06 07:00 | 豆乳ヨーグルト | Comments(0)
我が家は毎日、豆乳ヨーグルトを作っています。

作ると言っても、混ぜるだけですよ。

無調整豆乳を容器に入れて(3人家族で毎日豆乳500ccを使います)

それに10パーセントの米ぬか乳酸菌を加えて、

にがりワンプッシュとオリゴ糖を加えて、混ぜるだけです。

作ると言うほどのものではありません。

混ぜればいいだけです。

そして、混ぜた容器を、自家製の温蔵庫に入れて温めると、

今の時期で12時間くらいで出来ています。

オリゴ糖は、我が家は少し多めに入れています。

扶美さんは甘めのヨーグルトが好みのようで、

扶美さんに食べてほしいと思いつくっていますから、

扶美さん好みのお味になっています。

私たちもそのお味に慣れてきて、

少し甘めの豆乳ヨーグルトを毎日美味しくいただいています。

杏仁豆腐を上品にしたような感じのなめらかな豆乳ヨーグルトなのですよ。

自家製の米ぬか乳酸菌は、豆乳ヨーグルトをつくるために始めました。

その用途は、今では、バラや植物全般に広がっています。

米ぬか乳酸菌を知れば知るほど、そのオールマイティーな力に驚いてしまいます。

米ぬか乳酸菌の新しいペットボトルのキャップを開けた時には、

つい、その甘い匂いをかいでしまいます。

いつものあま~い香りに酔いしれていますが、

一つ一つの乳酸菌の出来具合は微妙に違っているのですよ。

ペットボトルの香りがそれぞれ少しづつ違っているように感じています。

たまにですが、う~ん、これはちょっと・・・と思うようなものが出来ていたりします。

そういう乳酸菌は、庭に撒きます。

豆乳ヨーグルトをつくるときには、

乳酸菌の香りがそのまま豆乳ヨーグルトの香りになりますから、

良い香りの乳酸菌を使うようにしています。

そして、豆乳ヨーグルトは、作り置きは出来ないですね・・・

ぬか漬けもそうですよね。

ぬかどこから出したてのお漬物は美味しいですが、

置いておくと酸味が増したり、味が変わってきます。

乳酸菌は生き物であり、

ヨーグルトもぬか漬けも、発酵食品はすべて生きている・・・ことがわかります。

豆乳ヨーグルトも味が変化しますから、毎日作っています。

混ぜるだけです・・・簡単なのですよ。

102歳で寝たきりの扶美さんは、下剤を服用していません。

豆乳ヨーグルトのおかげではないかと思っています。

腸内フローラ・・・・腸の中にお花畑が出来ています。

たくさんの乳酸菌が棲みついているようです・・・扶美さんの腸の中に・・・


アンブリッジローズにオンブバッタ
e0288951_166947.jpg

コオロギですね
e0288951_1664748.jpg



クリックをお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





心と身体

by gutsuri | 2015-09-07 19:12 | 豆乳ヨーグルト | Comments(0)

糖は菌のエサです

私は毎日豆乳ヨーグルトを作っています。

次の日の昼食に間に合うように、夜寝る前に作っているのですよ。

作ると言っても本当に簡単なことです。

容器に分量を入れて混ぜるだけですから・・・

毎日することは、簡単でなければ続きませんからね。

でも、この一ヶ月で2回ほど、豆乳ヨーグルトが出来ていなかったのですよ。

お昼時に食べようと容器を開けると、固まっていないのです。

菌のエサになるオリゴ糖を入れるのを忘れていたのです。

そこで、オリゴ糖を足して、また温蔵庫に入れておくと

夕方には豆乳ヨーグルトが出来ていました。

エサがないと、菌は増殖出来ないのですよね・・・

わかっていたことなのですが・・・

砂糖は雑菌のエサになりますからね。

はい、私たちの体内でも、そうらしいでよね・・・

だから砂糖の摂取は気を付けなくてはなりません・・・

豆乳ヨーグルトを作り始めてから

ヨーグルトが出来ていなかったことなどありませんから自分でも驚いています・・・

心ここに非ず・・・

と思ったのですが、実は単なる暑さボケ・・・それとも・・・歳・・・

まあ、気を付けましょう。

1リットルの豆乳を二日で消費していますよ。

最近は分量をきちんと量っているので、仕上がりはきれいです。

容器に500㏄の豆乳、75㏄の発酵とぎ汁乳酸菌(バラにかける乳酸菌です)、

ニガリを1プッシュ、そしてオリゴ糖は適量(大さじ2くらいかなあ)

これを混ぜ合わせるだけです。

そして、自作の温蔵庫に入れます。

今の暑い時期でも、ヨーグルトは温蔵庫で作るのがいいのでしょうね・・・多分・・・

今日は上手くできていましたよ。
e0288951_15415984.jpg

豆乳ヨーグルトを毎日作るのは、mrン道に思うときもありますが、

新鮮な豆乳ヨーグルトのほうが美味しいと感じられるからです。

好みもあるでしょうけどね。

お味はちょっと、牛乳プリンのような感じがしますね。

初めは意気込んで作っていましたけど

続けているうちに、今では生活の一部になってしまいましたよ。

今夜はこれから3人の孫たちがお泊りに来ます。

明日の海、静かになっているかしらね・・・


虫と一緒にバラ育て 今日の庭
エブリン
e0288951_15491318.jpg

ジュビリーセレブレーション
e0288951_15494277.jpg


e0288951_1550438.jpg

ホワイトセージはアブラムシに好かれます。この暑いときにも、穂先に何匹かの
アブラムシがいるのでアリもやって来ます。
e0288951_15501972.jpg

黒い芋虫がここまで育ちました。アゲハの幼虫だとわかりますよね。
e0288951_15533947.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





by gutsuri | 2014-08-11 19:15 | 豆乳ヨーグルト | Comments(0)