百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

カテゴリ:報国寺( 1 )

報国寺の竹林

先日、浄妙寺と石窯ガーデンテラスに行きましたが、

その近くに、竹の寺として知られる報国寺があります。

報国寺にも足を延ばしましたので、その竹林をご紹介します。
e0288951_1626993.jpg


e0288951_16274527.jpg

境内や竹林にはたくさんの人がいましたが、
e0288951_1633682.jpg

人がいない時を見計らって写真を撮ることができました。
e0288951_1633277.jpg

竹林に足を踏み入れると、空気が清々しいのですよ~
e0288951_1639126.jpg

涼しさも暖かさも同居している不思議な感覚。
e0288951_16401419.jpg

直立している竹の幹は圧迫感がありません。
e0288951_16404523.jpg

丸みを帯びている竹の幹だからでしょうか・・・
e0288951_1641879.jpg

優しい感じさえしますね。
e0288951_16413229.jpg

茶席「休耕庵」があります。竹林を眺めながらお茶をいただけますよ。
e0288951_16441771.jpg

石庭、落ち着きますね。
e0288951_17554411.jpg

やぐら
e0288951_17562451.jpg

竹林の奥には横穴のやぐらがあります。

これは鎌倉独特の墳墓で、足利尊氏の祖父家時他足利一族の墓だそうです。

武士や僧侶など上流階級の人が、当時、やぐらに埋葬されたそうです。

鎌倉のお寺巡りをしていると、歴史で習った人たちの名前を度々目にします。

その場に立ち止まり、時間の流れを感じながらも、

そこにちょっと違ったエネルギーが漂っているような、不思議な感覚がするのです。

暖かくて湿っているような、ちょっと空気の重さを感じたりしますね。

その時代に思いを馳せて・・・

ひとときのタイムトラベル・・・

歴史の体感、ゾクゾク感もあって面白いです。


虫と一緒にバラ育て 今日の庭
昨日虫たちのマンションになっていたコルジリネ、今日はどうなっているのだろうと
観に行きました。3匹いたツチイナゴの姿は見えなくて、大きなカマキリが2匹いましたよ~
e0288951_1823224.jpg


e0288951_18233786.jpg

ツチイナゴ達はどうしたのでしょう・・・カマキリに食べられたのでしょうか・・・
え!3匹とも?わかりません。そのうちに顔を見せてくれるかもしれません。
バラの写真を撮っていると、オオカマキリの卵鞘を見つけました。
ローゼンドルフシュパリスホープの枝に付いていましたよ。
e0288951_18302590.jpg

来年の5月、カマキリの赤ちゃんがたくさん見れますね~
イモーションブルー
e0288951_18323997.jpg

イングリッシュヘリティッジ
e0288951_1833710.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ






心と身体
by gutsuri | 2014-11-09 18:35 | 報国寺 | Comments(2)