百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:ナチュラルガーデン( 182 )

今朝は5時半に起きて、草ぬきをしました。

朝の空気は気持ちが良いです~

暑い日もあり、雨も続いていましたし、

雑草が伸び放題になっていて、気になっていたのですよ。

2時間近く外にいたのに、どこをきれいにしたのかしら・・・という程度の片づけでした。

まずは、落ち葉拾いから・・・そして伸びた枝葉を切っていると、

このようなものが見えました。
e0288951_16314946.jpg

ハチの巣がぶら下がっていました。

何の種類のハチでしょう・・・・アシナガバチのように見えますね・・・
e0288951_16334619.jpg

こちら側とあちら側にハチがいて、巣を守っています。

数センチの大きさのハチの巣です。

どうしようかなあ・・・と考えながら、草ぬきをしていました。


ミツバチやクマンバチは、たくさん飛んで来ますよ。

花が咲いていれば、必ずミツバチ、クマンバチはやってきて、

羽音を立ててホバリングしながら花の蜜を吸っています。

人間にはまったく興味を示しません。

私がそばにいても、何も起きません・・・

ミツバチやクマンバチは可愛いですし、怖くはないですね。


アシナガバチは、バラ育てをしている立場から言うと、

益虫なのですよね。

害虫であるイモムシを団子にして食べるのです。

好きな風貌ではありませんが、飛んでいても私はそれほど気になりません。

何もしなければ、人に害はないと思います。


でも、あのハチの巣が大きくなって、

たくさんのアシナガバチがそこでたむろしているとなると、

やはり困りますよね・・・

草ぬきの最後に、アシナガバチの巣を取り除きました~

ハチの巣を地面に落として、袋に入れれば、それで終わりです。

仕方がないですね。


スズメバチはさすがに怖いですよ。

たま~に飛んできますが、そっと逃げますよ~ 

刺激しないように、そ~っとです・・・


庭にハチの巣が出来るなんて、自然度が高い証拠ですね。

喜びましょうか・・・

ハチもクモも農薬に弱いそうです。

ハチはたくさん飛んできますし、クモはたくさん庭に棲んでいます。

毎日、自然度の高さを満喫しています・・・

面倒な時や怖い時もありますけどね・・・

自然ってそのようなものでしょう?



ソニアリキエル
e0288951_17432418.jpg

アブラハムダービー
e0288951_1744428.jpg


e0288951_17445851.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-07-15 19:07 | ナチュラルガーデン | Comments(0)
先日、キアゲハの幼虫が3匹いると書きましたが、

今日、よく見ると、

スープセロリに3匹、すぐそばのパセリに2匹、計5匹の幼虫が見つかりました。

5匹を比べてみると、スープセロリの茎にいる3匹は、3匹とも細めで小さく、

パセリにいる2匹は丸々としていました。

これがパセリにいるキアゲハの幼虫です。
e0288951_182225.jpg
スープセロリは、茎に花と種しかついておらず、

葉っぱはもうないので、何を食べているのかしらと、気になっていたところでした。

こちらは、スープセロリにいるキアゲハの幼虫です。右上にカメムシのお腹が見えますね。
e0288951_18330100.jpg
このカメムシもスープセロリが好きなようです。

悪さはしないので、放っています。

黒字にオレンジの模様が入った大きめのカメムシです。

昆虫は嗅覚が鋭いので、そばにはたくさんのパセリが並んでいますから、

キアゲハの幼虫たちは、お腹が減れば、そちらに移動するでしょうね。

棒に絡まってさなぎになるそうなので、

園芸用のプラスティックの棒をこの近くに何本か立てることにします・・・



アルバセミプレナというバラにローズヒップができつつあります。
e0288951_18235952.jpg
毎年ローズヒップが出来ますが、収穫したことはありません。

我が家は無農薬無肥料で、バラを育てていますから、安全ですからね、

利用できるものは利用するのが良いですよね。

今年は、収穫して、食べてみるつもりです。

有機栽培どころか、野性に近い育て方だと、自分ではそう思っているのですが・・・

今ちょっとネットで調べると、出てきました・・・たくさん・・・

ローズヒップスープ、ローズヒップポタージュ、ローズヒップケーキ、

ローズヒップガーリックライスなど・・・

「ローズヒップはビタミンCの爆弾!」ですって・・・

ローズヒップを食べるのは初めてですから、少しずつ試してみます・・・


ノヴァーリスが初めて咲きました。
e0288951_18373577.jpg
昨年、黒点病に弱いバラ(オールドローズやイングリッシュローズ)を数本取り除いて、

その代わりに病害虫に強いといわれるバラを数本植えました。

新しく庭に加わったバラの一つがノヴァーリスです。

ノヴァーリスは病害虫に非常に強いといわれますが、

5月は虫に食われて、まったく咲かなかったのですよ。

全滅でした~

今日、ようやく咲いてくれました。

これから本領発揮してくれるでしょうか・・・

3~4年は様子を見ますけどね・・・


カサブランカが風に倒されていました。
e0288951_18353431.jpg
この暑さの中、涼しげに咲いています。

ホンのひと時、”涼”を感じて・・・


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-07-14 18:57 | ナチュラルガーデン | Comments(2)

ホワイトセージ

今日はお昼から孫たちのところへ行きます。

昨日煮込みハンバーグを作りましたから、それを持っていきます。

私は菜食で、家族は魚がメインの食事ですから、お肉はあまり買わないのですが、

買い物に行くたびに、赤身のひき肉を(牛も豚も)少しづつ買いためておいて、

1キロくらいになったら、煮込みハンバーグを作り、

個別に冷凍して、おみやげに持っていきます。

孫たちはハンバーグが大好きなのですよ。

そうそう、バナナケーキも作りました。

毎度同じようなものですが、 「不動の人気メニュー」 らしい・・・です・・

ハンバーグにはニンジンを1本すりおろして入れ、

パセリもみじん切りにしてたくさん入れました。

玉ねぎもキノコも入っていますよ。

菜食人間が作るハンバーグです・・・


庭では、ホワイトセージの茎が2本、ヒョロヒョロと物凄い勢いで伸びて来て花を付けました。

場を浄化するというホワイトセージ。

アメリカ先住民が神聖な儀式のときに、浄化に用いたというホワイトセージ。

初めて花を付けました。

茎が2本伸びてきて、高い方は3メートル近くありそうです。
e0288951_22394262.jpg

清楚な白い花はホワイトセージの香りがします。
e0288951_2242569.jpg

この純白の白は浄化にピッタリですね。

ホワイトセージは香りが強く、

(我が家にあるハーブの中では一番香りが強いです)

アメリカ先住民の儀式では、乾燥させたホワイトセージを焚き、その煙で浄化しますが、

焚くまでもなく、このホワイトセージの葉っぱの強烈な香りは、
e0288951_12313654.jpg

それだけで、邪気を寄せ付けないだろうと勝手に信じています。

枝がすぐに伸びて来て大きくなりますし、
e0288951_12315651.jpg

挿し木ですぐについて、増やすのも簡単ですよ。

陽当たりの良いところで育つと言われますが、
e0288951_12321881.jpg

我が家の小さな庭では日陰で育っています。

ただ、アブラムシが付きますから、ちょっと手がかかるところもありますけどね。
e0288951_12325330.jpg
歩いていて衣服がふれただけで強烈な香りを発します。

そのたびに清涼感溢れる香りで、私が浄化されている気分になっていますよ。


ハナグモが頑張っていますね~
e0288951_12332446.jpg

伯爵夫人が咲いています
e0288951_1234818.jpg



クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ








by gutsuri | 2015-06-25 19:00 | ナチュラルガーデン | Comments(2)
毎日スムージーを作っています。

ヤマミツバが茂っているので、ヤマミツバをたくさん入れています。

お味はというと・・・

なかなか奥深い味がしますよ。

ホーレンソーや小松菜に、パセリやヤマミツバを加えると、

お味の層が複雑に感じられます。

今日はこれに、スープセロリを加えました。

扶美さんの反応が心配だったのですが、

スープセロリがどんどん大きくなってきて、

サラダで食べてはいますが、追いつきません。

白い小花が付き始めましたよ。

扶美さんが食べやすいように、今日は果物も多めに入れました。

セロリを入れると、さすがにセロリです・・・セロリの香りが強いですね・・・

扶美さんの分には、気持ちオリゴ糖も多めに入れて甘くして・・・

扶美さんは美味しいと言って一気飲みでした。

新鮮な野菜がたくさん入っているスムージーは、美味しいです。


スープセロリは2年草と言われています。

が、我が家のスープセロリは2年どころか数年、あるいはそれ以上経っています。

こぼれ種から新しく芽が出るとありますが、

根元を見ると、どうも、同じところから茎が出ているように思われて、

このスープセロリも長寿?だなあなどと、勝手に思い込んでいますよ・・・

身体に良いそうなので、しばらくせっせと食べることにします。


夏になると、アゲハの幼虫はスープセロリの葉や実を食べます。

パセリなどは幼虫の好物ですから、茎だけの姿になることがあります・・・

アゲハの幼虫の食欲は、半端ではありませんからね・・・

幼虫に羽化してほしいですから、

パセリとスープセロリは食べ放題よ~と、空に向かって叫んでいます・・・

今年はパセリはたくさん植えました。

幼虫がどんなにたくさん食べても・・・大丈夫なくらいにたくさんあります・・・



マリアカラスの2番花
e0288951_1917228.jpg

ハナグモがいます
e0288951_19174336.jpg

ピエールドロンサール
e0288951_19185237.jpg

レオナルドダヴィンチ
e0288951_19192424.jpg


e0288951_19201027.jpg

ベニカミキリ、これは花の蜜を吸うのだそうです、放っています
e0288951_19211577.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





心と身体

by gutsuri | 2015-05-30 19:28 | ナチュラルガーデン | Comments(0)

雨の庭

夕方近くになって、雨が上がって外に出て、花の表情を窺うと、

普段見られないお顔を見せてくれています・・・

それぞれの表情に個性がありますね~

強烈な日差しが続いた後の雨でしたから、

バラの花がしっとりとした感じがして、喜んでいるようにも感じられますね。
e0288951_18165298.jpg


e0288951_18171689.jpg


e0288951_18174121.jpg


e0288951_1818195.jpg


e0288951_18182148.jpg


e0288951_18183967.jpg


e0288951_1819186.jpg


e0288951_18192265.jpg


e0288951_18194031.jpg


e0288951_1820083.jpg

今朝、花殻切りをしていて、テントウムシを見つけました。

急いでカメラを取りに行ったのですが、

戻ってきたときには、もうどこかに飛んで行った後でしたよ。

この春は、例年に比べるとアブラムシが少ないように思います。

だからでしょうか、テントウムシも少ないですね。

あの可愛くて強気なテントウムシをあまり見かけないのですよ・・・

ご飯がないと、やって来ませんね・・・


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-05-29 19:18 | ナチュラルガーデン | Comments(2)
我が家のキッチンガーデンはいつも決まったものだけ・・・

スープセロリ、ルッコラ、パセリ、ディル、フェンネル、バジル、ヤマミツバ、

今年はシソやフダンソウも加わり、一段と賑やか・・・

そしていろいろなハーブ類がバラの間に植えてあり、

いずれも虫と共存できるものばかりです。


先月大船フラワーセンターに行ったときに、水菜の小さな苗が目に入りました。

美味しそうなみずみずしい水菜が頭に浮かんでつい2株買いました。

順調に育ち葉が伸びて来て少しづつ収穫が出来そうだと楽しみにしていたところ、

黒い青虫のようなものがたくさんついていたので、捕りました。

初めて見る虫です・・・庭ではあまり見かけない虫でした。

その後、その黒い青虫がまたいたので、もう一度水菜の虫捕りをしましたが、

今朝その黒い虫がルッコラについているのに気が付き、

結局、水菜は二株とも引き抜きました。

水菜を育てるのは大変なのですね。

虫が付きやすい葉物野菜のようです。


調べると、水菜は水栽培で簡単に育てられるとあります。

虫がたくさんいる外で栽培することはないですね。

そういえば、スーパーの水菜も、水栽培のような感じを受けますし・・・

私は葉物野菜が大好きで、毎日たくさん食べていますから、

葉物野菜に付く虫の気持ちはわかるのですが、

自分で育てるとなると、やはり、手のかからない葉物野菜が良いですね~

ヤマミツバなど香りの強烈なものは虫が付かないですね。


無農薬でバラ育てをしていますから、

バラとバラの間、ほんの少しのスペースに

バジル、タイム、セントジョーンズワートなどが植えてあります。

ホワイトセージなど思いがけず大きくなりバラを押しやるほどです。

バジルは夏になればバッタに食われますが、私が食べるには十分です。

無農薬で育つもの・・・

手がかからないもの・・・

この地に合っているもの・・・

虫とほどほどに付き合えるもの・・・

この条件に合っているものが今植えてあります。

パセリが育ってきて、窮屈そう・・・

食べてやらなければ・・・

ヤマミツバも混み合ってきているよう・・・



チャールズレニーマッキントッシュ
e0288951_19335426.jpg

こぼれ種からオルレアがたくさん
e0288951_19373080.jpg

クマンバチがニュードーンの中で転げまわっています
e0288951_19383790.jpg

アルバセミプレナが終わりそうです。
e0288951_19442724.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-05-25 19:45 | ナチュラルガーデン | Comments(0)

雨を喜ぶ葉

昨夜から今朝にかけて、まとまった雨が降りました。

頭を垂れているバラがありますね~

元気なバラもあります。
e0288951_18544815.jpg

雨の中のバラを少し・・・

ベンジャミンブリテンがようやく咲いてきました。オレンジ系赤の可愛いバラです。
e0288951_1856321.jpg

ブラックプリンス
e0288951_18565949.jpg

パパメイアン
e0288951_1857596.jpg

シェイクスピア
e0288951_1923580.jpg

デュークオブエジンバラとズヴニールドゥドクタージャメイン、

この二つの赤バラはもう少し時間がかかりそうです。

シャルトルーズドゥパルム
e0288951_1963724.jpg

バラの花を見ていると、

咲いている花の表情一つ一つに個性があって、

見飽きることがありません・・・

それぞれの花が、思っていること、感じていること、訴えていること、

みんな違うのですよね。

それぞれの思いが重なって、ハーモニーになって、庭に広がって、満ちている・・・

それもまた心地よくて・・・

違っているからこそ面白い・・・・ハーモニーが出来て・・・

雨が降ると、葉の緑が生き生きとして喜んでいるようです。

雨を喜ぶのは、葉っぱだけかもしれないけれど・・・


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-05-16 19:43 | ナチュラルガーデン | Comments(0)

ノンビリのバラ

昨夜、雨風が強かったですね。

台風が温帯性低気圧になったということで、ひとまず安心していましたが、

夜半にピューピューと吹く風の勢いは凄かったです。

やはり台風の勢いでした・・・

花首が柔らかいものは大丈夫でした。

風に揺られ抵抗しませんからね~

柳と同じです~

花首がしっかりとしたバラ、ロココやペッシュボンボンなどは

意外なことに、折れている花が幾つかありました。

面白いですね。

今回の台風ですが、母なる自然はときどき教えてくれますね・・・

バラ好きさんにとっては、まさか今!の台風でしたが・・・

我が家は開花が遅くて・・・ノンビリのバラばかりです。

きっと私に似たのでしょうけど・・・

アルバセミプレナがようやく開いてきました。
e0288951_19131152.jpg

この蕾が全部開いたらとイメージして・・・

アルバセミプレナはナニワイバラに似ています。

私はこのような感じのバラが好きなのですよ。

それにしても、今回の台風には驚きました。

バラ育てもそうですが、思っているように、順調にバラが育っていくとは限りません。

虫や病気や天候で思うように育たないことがたくさんあります。

だからきっと面白くて奥が深くて、バラ好きさんが大勢いらっしゃるのでしょう。

時間をかけて手をかけて、たまには精魂傾けて?

それでも、きれいに咲いたバラを見ると、満たされますよね。

外に出て、新鮮な空気を吸い、美しい花を見る幸せ。

庭仕事の醍醐味ですね。

5月って一年で一番、素晴らしい月ですね。


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-05-13 19:43 | ナチュラルガーデン | Comments(2)

5月に台風?

台風がやって来るというので、

花首が弱いバラや咲き終わりのバラを切り取りました。
e0288951_18114940.jpg

いずれも大輪のバラですが、

ロココが大きいので、他のバラが大輪だとわかりませんね。

ロココ
e0288951_18133497.jpg

ロココは高いところであちらを向いて咲いています。
e0288951_18142012.jpg


e0288951_18244189.jpg

この時期の台風は珍しいです。

天候不順が当たり前の昨今ですから、何が起きても驚きませんが、

バラが咲いているときに来る台風は要注意です。

塩害になるのだろうな・・・・きっと・・・

たくさんの蕾はどうなるのかしら・・・

明日は早起きして、真水で洗わなければ・・・・

忙しい一日になりそうです。


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-05-12 19:26 | ナチュラルガーデン | Comments(0)

肥料と赤潮

昨日、逗子の海岸が赤潮でした。

逗子海岸を車で通りましたが、

波打ち際が何か所か、茶色っぽい赤色に染まっていました。

川から流れてきたものが、流れのよどんだところで溜まり、

栄養分を多く含んでいるため、海水中の植物プランクトンが増殖するのだそうです。

そういえば、ゴールデンウイーク中に近くの海辺に散歩に行った家族が、

海が赤潮だったと言っていましたね。

逗子海岸の赤潮を見て、家族の言葉を思い出しました。

赤潮についてちょっとネットで調べました。

赤潮が発生しやすいのは、植物の栄養となる窒素やリンが、
大量に溶け込んでいる海水に多いようです。季節的には、
春~夏の時期に、海水中にいる植物プランクトンの数が
増殖していきます。
そして、海水の色が赤色に変わっていくことによって、
プランクトンが大量に増殖し、「赤潮」が発生していくのです。


幾つかのサイトを覗いてみると、赤潮についての説明もいろいろでした。

大まかに書いているものもあれば、

かなり詳しく、その人の意見として主張のあるサイトもありました。

肥料に言及しているものもありました。

栄養のあるものが川にたくさん流れこんできて、

それが海に流れて行き、赤潮が起きる・・・

私たちはつい、農薬だけに目を奪われてしまいますが、

肥料も環境に大きな影響を与えているようです。

便利で快適な生活を送るためには、どこかにしわ寄せが来るものですね。

そのしわ寄せに気が付いたからといって、それがなくなることはありませんが、

気が付いてよかった・・・何も知らないよりも・・・と思っています


咲いたバラがありました。

ゴールドバニー
e0288951_1782226.jpg

ペッシュボンボン
e0288951_18404786.jpg

グラミスキャッスル
e0288951_1841371.jpg

ツチイナゴがいました。成虫で冬越しします。コルジリネで冬越しするのですよ。
e0288951_18495934.jpg

6月くらいまで生きていて、8月のバッタがたくさんいるころには、卵から孵化した幼虫です。


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-05-08 19:27 | ナチュラルガーデン | Comments(0)