カテゴリ:ナチュラルガーデン( 231 )

食べたり、食べられたり・・

バークチップで覆っているとこんな感じです。
e0288951_15115913.jpg

バークチップをちょっと裏返しにすると

ワラジムシやダンゴ虫が慌ててもそもそと動き出します。

私は乳酸菌を撒くときも、バークチップの上からドボドボと撒くので

虫たちは乳酸菌のシャワーを浴びていることになります。

我が家の虫たちは元気なのです。

乳酸菌風呂が健康に良いことは、知られていますからね。
e0288951_15155050.jpg

住んでいる虫が元気なら、バラも健康で元気だと思います。

バラの木は健康に育っていると思いますよ。

バラの木の寿命を計れるなら

我が家のバラの木の寿命はきっと長い方でしょうね。

シンプルなバラ育てを心がけて

バラと共に歳を重ねていきたいと思っています。


バークチップが虫たちの住処になっているので

バークチップで覆うようになったら、虫がたくさん増えすぎて

困るのではないかと心配でした。

ところが不思議なことに、そうでもないのです。

増えるどころか減ってきているような感じさえします。

ダンゴ虫の天敵が活躍しているのです。

食物連鎖が育っています。


このちっぽけな庭の中で食物連鎖が育っていると気が付いてから

虫嫌いの私が、虫に興味を持つようになりました。

ワラジムシなど見るのも嫌でしたけどね・・

食物連鎖の頂点に立っているのは、何なのでしょうね~

ヘビもいますし、カナヘビ、大きなジョロウグモもいました・・・

カマキリも多いです。

でもバッタが多過ぎて、カマキリは食べきれないようでした。

それで、今年はバッタ取りをしようと思っています。一日10匹とか・・


食べたり食べられたりの世界が出来ています。

住んでいる虫たちは健康です。

乳酸菌のおかげで、健やかな土壌も育っています。

そして、健やかな土壌に植えられているバラたちは

きっと健やかに育っていることでしょう。


バラ育ては、発見があって面白いのですよ。

さあ、2月になりましたね。

4月末には、バラは咲き始めます。


在宅介護ランキング、または薔薇ブログランキング

ポチッとクリックしていただけると嬉しいです~

皆さまとの繋がりに感謝です。

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ







乳酸菌でバラ育て
日差しがあれば春ですね。
クリスマスローズも開いてきましたよ。
ビオラやパンジーの株が大きくなったような気もします。

暖かくなってきて、花数が増えました
e0288951_17254520.jpg


2013、5月26日  レオナルドダヴィンチ
e0288951_1653187.jpg


今日の夕空
e0288951_1726716.jpg




by gutsuri | 2014-02-01 17:43 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

バークチップは虫の棲家

暖かいですね~

日差しも強くて、突然春になったかのような陽気です。

そういえば、明日から2月です。

節分そして立春と、春本番ですね~

今日は、乳酸菌を10本撒きましたよ。

すぐに撒き終わったのですが

可愛いものを発見して、しばらく観察していたので

思わず時間を取られてしまいました。

e0288951_15333338.jpg


ピントがなかなか合わず、フィッシュアイなるものを始めて使って撮りました。

e0288951_15341924.jpg


10日くらい前にもてんとう虫を見たのですが

カメラを取りに行っている間に、見失ってしまいましたよ。

このてんとう虫の傍にホワイトセージがあるのですが

ホワイトセージの穂先にはアブラムシがいるのです。

e0288951_15384553.jpg


穂先に見える黒い粒がアブラムシです。

きっとこれを食べて冬を生き抜いてきたのでしょう。

ルッコラも今を盛りに茂っていますが、これにもアブラムシがいます。

e0288951_15494378.jpg


毎日、必要な分だけ取って洗うと、数匹は水に浮かんでいるのですよ。

毎日のサラダに使っていますが、一向に減りません。

増えているのではないかと感じることも・・・


小さな庭なのですが、全体をバークチップで覆って雑草除けにしています。

このバークチップ、バラの暑さ対策、寒さ対策にもなっていると最近気が付きました。

もちろん雑草除けもしてくれますよ。

そして、虫たちの住処にもなっているようです。

てんとう虫もそうなのでしょうかね~

ダンゴ虫やワラジムシのマンションになっていることは確かです。

これらの虫は土壌を豊かにしてくれるようなので

私はダンゴ虫たちのバークチップマンションは許可しています。

てんとう虫も冬越しの場所を求めているでしょうから

このバークチップを冬の住処にしているとも考えられますね。

てんとう虫はうどん粉の菌を食べてくれるそうですよ。

てんとう虫さん、たくさん増えて下さいね。


先日、ひっくり返っているてんとう虫を見つけて

ああ、寒さで死んだのだなあと思っていましたら

ネットで調べると、てんとう虫は死んだふりをするのですって!

面白~い!

虫たちのことを調べていると

必死で生きている様子がユーモラスに感じられて

でも、そこに余裕も感じられて

地上の生き物としては、人間の大先輩としての風格すら感じられて

尊敬の念さえ入り混じってくるのですよ。


百歳の母を傍で見ているせいでしょうか

生きるということに関して

生きているものすべてに対して

愛おしいと思える昨今です。

もちろん、バラも愛おしいですよ~


在宅介護ランキング、または薔薇ブログランキング

ポチッとクリックしていただけると嬉しいです~

皆さまとの繋がりに感謝です。

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ








乳酸菌でバラ育て
暖かさに誘われて、バラの芽が伸びてきています。
今日は10本の乳酸菌を撒きましたよ~
日照や風や温度を感じて、バラが元気に育ってほしいと思います。
毎日少しづつ伸びてくる芽を見るのが、楽しみです。

クリスマスローズが咲いています 漸くです
e0288951_17124378.jpg


今日の夕日
e0288951_1715499.jpg


e0288951_17162225.jpg




by gutsuri | 2014-01-31 20:07 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

プルモナリアはバッタの好物

今日の午後、下草の植え替えを少しやりました。

プルモナリアが大株に育ってしまい

傍に植えてあるものに覆いかぶさっていました。

葉が伸びても良い場所、ほとんど日が当たらない場所に移しました。

プルモナリアは半日陰向きとありますが

我が家にあるものは、お日さまの日差しが苦手のようです。

真夏に日が当たると元気がなくなるのですよ。

我が家では、バラのほかには、このような葉っぱものがほとんどなのです。

先ほどのプルモナリア、そして、ブルンネラ、カレックス類など、

これらは常緑で葉がきれいで、バラとの相性がいいように思います。

そうそう、このプルモナリアはバッタの好物なのですよね~

バッタが物凄い勢いでプルモナリアを食べていますよ。

バッタ以外の虫も食べていますから、きっと柔らかくて美味しいのでしょうね・・・

今年は本腰を入れてバッタ対策に挑みます・・

手で摑まえるだけですけどね。


風通しを良くすること。

無農薬でバラを育てるためには、まず風通しが良いことが一番でしょうね。

風通しが良いと、虫も居つかないですし、病気にもなりにくいですよね。

そのためには、草花をあきらめていたりもしますね~

醜いと言われているバラの株元は見えていますしね・・

この地は海からの風が強くて

バラには向かないのではないかと思っていましたが

年数が経てば、バラは慣れてくるようです。

乳酸菌のおかげかもしれませんけどね。


私はヘリティッジが好きなので、例として出しますけど

ネットではよく、ヘリティッジの花の日持ちが良くないと言われていますが

それが欠点ではなくて、個性なのだと思えますよ。

乳酸菌でヘリティッジを育てた場合ですけどね・・

肥料と農薬で育てた場合とは少しは違ってくるかもしれません。

その差がどれくらいなものか

比較したわけではありませんから、断言はできませんけど・・・

乳酸菌を使うと、多分、丈夫になるのではないでしょうか

としか言えませんけどね。


アブラムシには焼酎が効くとありましたよ。

楽しそうですね~

これもこの春試してみます。


在宅介護ランキング、または薔薇ブログランキング

ポチッとクリックしていただけると嬉しいです~

皆さまとの繋がりに感謝です。

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ








乳酸菌でバラ育て

ミニバラのマルゴコスターを切らずに残してあります。十年以上も経つので
もう普通のバラとして扱っています。黒点で葉を落としたりしますが
元気に咲いてくれます。
e0288951_1744301.jpg


今日の夕日
e0288951_1756678.jpg



e0288951_17563425.jpg




by gutsuri | 2014-01-20 18:02 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

無農薬無肥料でバラ育て

私は、乳酸菌でバラ育てをしています。

そして、消毒なし、肥料なし、です。

本当に、肥料も消毒もまったくしていないのですよ~

乳酸菌を作る手間は要りますけどね。

でも、それは、肥料をやったり、消毒をしたりする手間に比べると

かかる手間は断然少ないと思います。

消毒は定期的にするものでしょう?

私は、定期的な消毒をしたことがないのでわかりませんが

自分の健康のために身支度を整えて、ご近所に配慮しながらする消毒は

身体的な面と精神的な面と両方に負担になることでしょう・・・

しかもそれが定期的となると、本当に大変です。


母なる自然に「良いとこ取り」などありません。

バラ育てをしていて、消毒をしないとなると

あきらめなくてはいけないことが幾つか出てくるのです。

バラ育てを楽しんでいる中で、何を取って、何をあきらめるのか。

それはその人がバラ育てをする中で考えていくことですけどね。

そして、その試行錯誤が面白く、

その中で、いろいろな発見があったときに

バラ育ての面白さを通じて、何かが見えてくる・・・

そう、大自然の叡智のようなもの・・


誰もが賛美するバラの花!

本当に美しいと思います。

棘はありますが

その棘さえもマイナス材料にならないほどの魅力的な存在です。

近寄りがたいオーラを放ちながらも

手入れをして可愛がると

それに応えてくれる優しさも備えています。


お正月が過ぎたばかりだと思っていても、1月も下旬に入りますよ。

すぐに2月です。

今日のこの日差しの強いこと!

バラの芽吹きが始まりそうですね・・

私にとっては、立春は、バラシーズンの幕開けなのですよ。

また、忙しいけれど、嬉しくて楽しい季節到来です!


私は乳酸菌でバラを育てていますから、乳酸菌作りも忙しくなります。

ペットボトルの中で、米ぬかと黒砂糖とニガリを混ぜるだけですが、

温かいところで寝かしておくので場所もとりますし、この寒い時期は時間もかかりますね。

でも、バラは乳酸菌で元気に育ちますから、たくさん作りますよ。

そして、バラ育てで一番大事なことは、愛情を注ぐということですね。

バラはそれがわかるそうですから・・・


在宅介護ランキング、または薔薇ブログランキング

ポチッとクリックしていただけると嬉しいです~

皆さまとの繋がりに感謝です。

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ







乳酸菌でバラ育て
今朝の富士山はくっきりとしていて最高にきれいでした。思わず見とれてしまいました
よ。お日さまの輝きに、今日は庭で下草の植え替えをしようと思い外に出ましたが
その寒さにしっぽを巻いて、家に逃げ帰りました。北風が冷たいですね。
咲き始めた我が家のラベンダーは、調べると、四季咲きのデンタータのようです。
葉っぱが歯のようにギザギザです。冬に咲いてくれて嬉しいです。


お店で買った日本水仙、良い香りを放っています
e0288951_1725174.jpg


クリスマスローズ、蕾はたくさん見えますけどね、なかなか咲きません
e0288951_17322327.jpg


今日の夕日
e0288951_17331737.jpg


e0288951_17334413.jpg




by gutsuri | 2014-01-19 17:38 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(2)

ルッコラは冬野菜

ルッコラが元気です。

毎日サラダにいれてムシャムシャと食べていますよ~

e0288951_14571511.jpg


枝を伸ばしてその先に株を付けて増えています。

寒さに強いのも良いですね。

ルッコラとパセリとスープセロリは冬でも元気で助かっています。

乳酸菌で育てています。

このように寒くなっても、アブラムシがくっついているのですよ。

十数枚のルッコラの葉を洗うと、3~4匹のアブラムシが水に浮かんでいます。


先日検索していたら、スペアミントがうどん粉病に効くとありましたよ。

試してみたいと思いますが、スペアミントは蔓延りますから大変ですね。

気が付けばそこらじゅうスペアミントだらけ・・・にもなりかねません・・・

小さな庭では難しいですが、

皆さん、薬に頼らずに、いろいろと工夫してバラ育てをしていらっしゃって

検索していてそれに出会うのが面白いです。


今日の昼食は、母は完食でしたよ~

ご飯の量を少なめにしたのです。

きれいに食べていました。

戦争を体験している人は

食事を残すことに罪悪感のようなものを感じるらしいです。

母を見ていると、時々それを感じますね~

少なめにして、全部食べたという満足感を得る方がいいですね。

そして、最近は、小食が健康のために良いと言われてもいますしね・・・

空腹感は大切らしいですよ。

40~50年前までは、多くの日本人は、空腹を抱えて暮らしていましたものね~

そして、人類の歴史は、空腹との戦いでもあったようです。

その空腹の長い歴史は、DNAに深く刻み込まれているようです・・・


在宅介護ランキング、または薔薇ブログランキング

ポチッとクリックしていただけると嬉しいです~

皆さまとの繋がりに感謝です。

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ








乳酸菌でバラ育て
昨日たくさん乳酸菌を撒いたので、そのあとしばらく、乳酸菌の甘~い匂いが
庭全体に漂っていました。月末ごろもう一回撒くつもりです。
これから大量に仕込みます。
寒いですが、日差しは強いですね~
バラたちもそれを感じ取ってくれていると思います・・

もう一輪、クリスマスローズが咲いていました
e0288951_1601678.jpg


こちらもじきに咲きそうです
e0288951_1612168.jpg


今日の夕日
e0288951_16435741.jpg



e0288951_16442148.jpg





by gutsuri | 2014-01-12 16:34 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

ツルバラの植え替え

時折、冷たい雨がぱらつく寒い日でした。

今日、思い切って、つるバラの植え替えをしました。

小さめのアーチの片側に、レオナルドダヴィンチを、

もう片側に、モナリザの微笑みを植えています。

これを植え替えました。

場所を交換したのです。

ちょっと大変でしたね~ 根が凄く張っていましたから・・・

「つるバラ植え替え」でネット検索をすると

12月にするのが良いとありました。

バラの休眠期は裸苗でも大丈夫ですからね。

強剪定しなくても、一割くらい切れば、後は普通の剪定でいいのだそうです。

上手く根付いてくれるといいのですけど・・・

良く咲いてくれましたからね~

今日、植え替える前に切り取ったモナリザの微笑みです。
e0288951_18531950.jpg

スーリールドゥモナリザ(モナリザの微笑み)は、葉が椿の葉のように照りや厚みがあるので、

黒点病になりにくいです。

そして、春から冬まで次々と咲いてくれます。

枝が伸びて枝が張って、元気が良くて可愛い赤バラです。

横に拡がっても大丈夫な場所に、植え替えましたよ・・・

レオナルドダヴィンチも独特の桃色できれいです。

四季咲きのバラは文字通り春夏秋冬と咲いてくれますね・・・ボチボチとですが・・・


寒い中の作業は大変なこともありますが

蚊がいないのが嬉しいです~

寒くても草木はそれなりに頑張っていますね~

寒さに弱いものは休眠状態に入ろうとしていますし

常緑のものも、勢いを押さえて、守りの姿勢に見えますよ。

それぞれの生き方があって面白いです。

気になっていた植え替えが片付いて、ホッとしています。

力仕事だったので、疲れましたけどね・・

植え替えているときには、根を傷つけないことばかり考えて

寒さも感じませんでしたけど

今頃になって、疲れが出てきたような感じです・・・


よろしければクリックをお願いいたします
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ





ご訪問ありがとうございます




乳酸菌でバラ育て
バラの剪定もほとんど終わり、数株残しているだけです。
ヘリティッジとナエマは色づいた蕾がたくさん・・・
この二つの剪定は最後ですね。


マルゴコスター
e0288951_19315859.jpg




by gutsuri | 2013-12-27 19:39 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(2)

冬薔薇

冬薔薇。

ふゆそうび、または、ふゆばら、と読むのだそうです。

冬になっても、まだ、咲き残っているバラを指して、このように呼ぶそうです。

俳句の季語でもあるのだとか・・・

今日の冷たい雨の中咲いている、モナリザの微笑みです。
e0288951_1451588.jpg


冬に限らず、良く咲いてくれます。

春からず~と咲いているような気さえしますよ・・

こちらは、シャンタルメリューです。
e0288951_14542736.jpg


春の輝くようなピンク色ではありませんが

落ち着いた色でそれなりに咲いています。

こちらは一輪だけです。

季節外れに、ポツンと咲いている感じです。

冷たい雨の中、幾つかのバラがまだ咲き残っていますよ。

イングリッシュヘリティッジとナエマが一輪づつ咲いています。

この二つは、寒さに強くて、風にも強くて、色づいた蕾もチラホラ見えます。

色づいた蕾は、時間をかけてゆっくりと、開いてくれるのでしょう。

昨日アップしたパパメイアン、一昨日アップした今年最後のクレアオースティン

共に雨の中、きれいです。

今の時期、花持ちは良いですからね、あと3~4日はきれいでしょうね~

レディヒリンドンの蕾は、どうでしょうね~咲いてくれるでしょうか・・・


バラに乳酸菌を撒きはじめて一年半になります。

撒き始めたころは、セッセ、セッセと、マメに撒いていました。

頑張っていましたよ~

ペットボトルが重いなあ、

このペットボトルは持ちやすい、片手で持てるなど

ペットボトルの形一つ一つがこんなに気になるなんて・・・

と思いながらも、楽しくて

たくさんの乳酸菌を作って、たくさんの乳酸菌を撒いていました。

ドボドボと、バラの株元にかけました。

この小さな庭なら

土壌改良はすぐに出来るのではないかと思っていました。


撒きはじめてから

バラが良く咲く、綺麗に咲く、大きく咲く

このように感じましたから

乳酸菌を撒くのにも、熱が入りました。

それまでは、春にボカシ肥を、寒肥に牛糞を与えていました。

が、乳酸菌を撒くようになってからは

乳酸菌だけで様子を見てみようと思いました。

肥料と農薬はワンセット、と言われていますからね。


春にはうどん粉病になるバラもありますし

梅雨時は黒点病にかかるバラもあります。

そうなりやすいバラは、大体決まっていますから

それはそれと、割り切って付き合っていますよ。

そして、たとえ黒点病にかかって、葉を落としても

必要とあれば、あっという間に葉をつけて、花を咲かせますからね。

余り心配はしていません。


今年もあと少しですね。

バラに楽しませてもらった一年でしたよ~

良く咲いてくれて、元気もたくさんもらいました。

年内にもう一度、たっぷりと乳酸菌を撒こうと思っています。

今年一年の感謝を込めて・・ですね。

年が明けて、時期をみて、簡単に剪定します。

私のすることは、すべて簡単に、です。

そうしないと、続きません、私の場合は・・・






よろしければクリックをお願いいたします
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ





ご訪問ありがとうございます





乳酸菌でバラ育て
乳酸菌でバラを育てていると、食物連鎖の様子が少し見えてきたりします。
バラに都合の良いことばかりではないのですが、この生態系の中にあって
バラも自然に逞しく育っているのだとわかってくると、いっそうバラが可愛く
思えてしまいます・・
チッポケな庭に、生態系などという言葉は、似合いませんけど・・・



by gutsuri | 2013-12-19 17:06 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

余力を残すバラ育て

私は、バラの芽出し肥料を与えたことがありません。

それでも、バラはそれなりに咲いてくれますから

その必要を感じていないのですよ。

芽出し肥料を使っていない分、

春の開花、一斉に咲き揃う見事さ、絢爛豪華なバラの花の競い合い、

そのようなものに置いては

我が家のバラの開花は、きっと、

スケールが小さいかもしれないなあと思っています。

バラの芽出し肥料を使って

バラの花が力いっぱい咲きそろっている様子は

生命力の輝きのように素晴らしくて、見ていてうっとりしますよね~

本当に、お薬の力には凄いものがあると思っています。


動植物、すべての生き物に当てはまることなのだそうですが

生きているものには、全て、知性があるのだそうです。

気が遠くなるほど長い時間をかけて習得してきた生きる力のようなものが

生き物には備わっているそうです。

周囲の環境とコミュニケーションを取りながら

何をすべきなのか

その時その時、判断をして生き延びてきた力、

そのようなものが、

生物には、長い時間をかけて、培われているのだそうです。


ということで、

私はその植物の知性にすべてお任せしています。

春の開花のスケールは、少し小さ目かもしれないけれど

そこにはまだ、バラの枝には、余力が残っているというか、

バラの木が自分で余力を残しているように思われるのです。

その余力が、病気と闘ったり

虫と仲良くしたり

梅雨の雨をやり過ごしたり

そして、暑さや寒さに対しての抵抗力を産んでいるのではないかなあ・・・

とまあ、このように考えているわけです。


でも、私のことをよく知っている人は

な~んだ、面倒なことをしたくないだけでしょう?

このように言いますよ・・・

それも当たり~です。

10年後も、バラ育てをしたいと思っていますから

シンプルなバラ育てを目指しているのですよ~

ローメンテナンスですよ・・・無農薬、無肥料ですから・・・


今年は寒肥えもなしにしようかなと考えています・・・

乳酸菌だけです~



よろしければクリックをお願いいたします
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ







ご訪問ありがとうございます





乳酸菌でバラ育て
台風のような激しい雨と風でした。
短い時間だったので、大した影響もなくて済みました。
雨を含んだレディーヒリンドンが地面に付きそうです。2輪とも・・・


いつの間にかクリスマスローズに蕾が付いていました
e0288951_15262210.jpg





by gutsuri | 2013-12-10 15:54 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

寒さ到来なれどバラの蕾は・・・

昨日から急に寒くなってきました。

先日植え付けたイチゴの鉢に、お布団を掛けましたよ~

e0288951_15272651.jpg


e0288951_15275351.jpg


寒さに向かうこれからの時期に、イチゴが実るかどうかわかりませんが

花は次々と咲いているようです。

品種改良されて、強いのでしょうね、多分・・・


バラの蕾も色づいたものがたくさんあります。

これが全部咲いてくれるのかどうかわかりませんが

綺麗なので、写真に撮りました。

e0288951_153681.jpg


左から、レディーヒリンドン、モナリザの微笑み、ブルームーン
     パパメイアン、クレアオースティン、伯爵夫人
     クイーンオブスエーデン、クリウテ、ゴールドバニー

その他には、ナエマとイングリッシュヘリティッジが咲いていて

蕾もたくさんついています。

あと少し…咲かせてみます。


バラって面白いですね~

4月末に咲き始めて12月に寒くなるまで

のらりくらりと

咲いたり休んだりを繰り返しながら

花を見せてくれますよ~

暑さに強いものもあれば、寒さに強いものもあります。

ゴージャスな花もあれば、楚々として健気に咲く花もあります。

雨に強かったり、強風に強いものもあったりで

その個性は、それぞれの持ち味を発揮していて

見ていて元気づけられるのは

花のゴージャスさだけではありません。

一つ一つの個性が素晴らしいと思います。

12月に入って、そろそろ、バラのシーズンも終わりですね~

春からず~と楽しませてくれましたね・・

心からありがとう~ですよ。

ヘリティッジとナエマはあと少し咲いてくれそうです・・・


よろしければクリックをお願いいたします
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ





ご訪問ありがとうございます





乳酸菌でバラ育て
昨日の豆乳ヨーグルトが余っていたので、庭に撒きました。
甘い香りが漂ってきて、何とも言えずほんわかした感じがしました。
豆乳ヨーグルトも庭に撒くことがあります。
寒くなって消費量が減ってきたのでしょうか・・・
豆乳ヨーグルトの場合は、水で薄めて、撒きやすくして撒いています。
乳酸菌はそのまま撒きますけどね・・・


イングリッシュヘリティッジがまだ元気に咲いています
e0288951_162560.jpg




by gutsuri | 2013-12-09 16:46 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

イチジク、増やしました

今日も穏やかな良いお天気です。

師走に入ってから、お天気に恵まれて、助かりますね。

お天気が良いと、身体の動きが軽くなりますよね~

私は、今日は、イチゴを植えました。

四季成りイチゴというのがあるそうで

春と秋に収穫できるのだそうです。

赤花(綾紅姫)2株、ピンク花2株です。
e0288951_15123081.jpg


e0288951_1514513.jpg

小さな実が付いていたり、花の蕾が付いていたりしますが

これってどうなるのでしょうか・・・

これから寒くなりますからね~

夜だけ不織布で覆ってもいいですね・・・


この夏、鉢植えのイチジクが思いのほかたくさん収穫出来て(二十個程度ですが)

美味しくて、そのお味に感激して、満ち足りて

イチジクというものを見直しました。

それで、後、2本、イチジクの苗が届きます・・・

つい、買ってしまいました。

イチジクは種類が豊富ですね~

選ぶのも楽しかったです。

本当は、もっと、たくさん欲しかったのですが

イチジクの木は、場所を取りますからね~

たとえ鉢植えにするにしてもです・・

それで、イチゴにも登場してもらいました。

実が生るものは楽しみですね。


イチジクはクリーミーで濃厚なお味

しかも、庭で収穫したものであれば、美味しさも一入です。

母も喜んで食べましたよ~

イチジクは母にとっても馴染みのある果物です。

身近なところで楽しんでいます。

食べることは、喜びに直結しますね・・

一番簡単な道でしょうね~ 

喜びや楽しさに通ずる・・・

来年のイチゴやイチジクを思い浮べて

冬を乗り切ることにしましょう・・


よろしければクリックをお願いいたします
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ





ご訪問ありがとうございます




乳酸菌でバラ育て
庭で、イチゴを鉢に植えているときに、ナエマの香りが漂ってきました。
今、大輪が二つ咲いています。蕾もたくさん付いています。
ヘリティッジもナエマも寒くても咲いてくれます。
花の少ない今の時期に咲いてくれて、嬉しいですよ。
乳酸菌をイチゴにかけましたが、残りをバラにもかけました・・

ナエマ
e0288951_1653616.jpg


昨日の夕日
e0288951_1665959.jpg



by gutsuri | 2013-12-04 16:36 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(2)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri