カテゴリ:ナチュラルガーデン( 231 )

7月のビオトープガーデン


今日も昨日に引き続きの曇り空で、暑さは一休み・・・

おまけに風が強くて、これなら蚊は飛ぶことはできないだろうと、

庭が気になっていたので、庭でちょこっと一働き。

先週は木曜金曜土曜と続けて外出し、

さすがに日曜は家でごろごろしていましたが、

そのおかげで疲れが取れました。


ブッドレアの花は次々と咲きますから、

咲き終わった花はすぐに枯れた花穂となり、

その枯れた花穂が枝にたくさん残っていて、

これを切り取らなくては・・・と思っていました。

花穂を切り取りながら、思い切って枝の整理もしましたから、すっきりです。

e0288951_18045656.jpg

この辺りは海からの風が強いのです。

今日も、枝ごと大きく揺れています。

白い花の西洋ニンジンボクも花の盛りは過ぎたようで、花穂を一部切り取りました。


楽しませてくれたカサブランカも、これが最後の花です。

e0288951_17435248.jpg

クレマチスが1輪
e0288951_17520427.jpg


バラ、コンフィデンス
e0288951_17533689.jpg



ついこの間まで赤ちゃんだったミカドフキバッタがこんなに大きくなりました。

e0288951_20102904.jpg


バジルの花穂にシジミチョウ

e0288951_17545229.jpg


バジルの葉にショウリョウバッタの赤ちゃんと脱皮した白い抜け殻

e0288951_17563717.jpg



今までは、無農薬無肥料でバラを育てているこの小さな庭を

ナチュラルガーデンと呼んでいましたが、

今回から、ビオトープガーデンと呼ぶことにします。

ビオトープガーデンとは、生態系と調和している庭のこと。

蝶々やテントウムシ、バッタやトンボ、小鳥などが自然に集まってくる庭。

このような小さなスペースでも無農薬にすれば、

いつの間にか、肉食昆虫も草食昆虫も、ここに棲みついていました。

ブッドレアの木のおかげで、たくさんの生き物が集まってくるようになって、

喜んだり、ガッカリしたり、驚いたりして、ビオトープガーデンを楽しんでいますよ~




ワイルドなお味のブラックベリー
e0288951_18120064.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!



by gutsuri | 2017-07-24 20:19 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(2)

西洋ニンジンボクがきれいです


連日の暑さで、外に出るのも勇気がいりますね。

洗濯物を干した後で、咲いている花を探して、ブログのために写真を撮っています。

もし、ブログをしていなかったら、

この暑さの中、庭に出ることもなく、

四季折々の花が咲いているように、庭に気を配ることもなく、

花の写真を撮ることもなく、

もちろん虫たちになど、関心を持つこともなかったと思います。


先日出かけた先で、自然農法で野菜を育てている方のお話を伺い、

無農薬無肥料でバラを育てている私も勇気百倍・・・

その方は、「私の気のパワーで野菜を元気にしている」などとおっしゃっていて、

上には上がいるものだなどと感心しながらお話を聞き、

庭の植物を私の気のパワーで元気にするには、私の場合はまず、

「私の気のパワーを上げなくては~」

このように思っている昨今です。


西洋ニンジンボク、今が盛りできれいです。
e0288951_21143072.jpg

純白のはずですが、少しピンクがかって見えますね。
e0288951_21161794.jpg
西洋ニンジンボクも虫に好かれ、虫がよく飛び回っています。
e0288951_21182109.jpg



今また、木蓮の花が咲いています。
e0288951_21211894.jpg
春のようにきれいな花ではありませんが、

夏にも咲いてくれるほど元気の良い木蓮に、パワーをもらっていますよ。




レオナルドダビンチも夏に強そう・・・
e0288951_21233403.jpg


みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-07-20 21:00 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

ブラックベリーはローメンテナンス


昨日、ブラックベリーを6粒収穫しました。

初収穫でした。

ほんのりとした甘みがあり、その中にワイルドさも感じられるので、私的には満足なお味です。

写真を撮る間もなく口に入りました・・・

今日のブラックベリーはこのような感じです。
e0288951_15592187.jpg

ブラックベリーは、ピンクの可愛い花が咲いた後、それが緑色の実になって、

緑色の実がだんだんと赤色に変化してきて、赤色から黒色に変わると食べられるのですが、
e0288951_16210311.jpg
黒色の実ははじめは固くて甘みがありません。

黒い実が熟してきて少し柔らかくなると、

甘味が感じられる美味しいブラックベリーです。


ブラックベリーは枝がどんどん伸びてきて育てやすいですよ。

我が家は狭い場所に植えてあるので、伸びすぎて困り、かなり強剪定していますが、

それでも次々と枝を伸ばしてきて、こんなにたくさんの実をつけます。

ブラックベリーはローメンテナンスですね・・・

庭の虫たちが、この実を放っておくはずもなく、

今日はカメムシが数匹いたので、指で跳ね飛ばしました。

ブラックベリーにいたカメムシです。
e0288951_16250412.jpg

この種のカメムシは初めて見ます。

数が多くなれば捕まえなくてはなりませんが、

その前にブラックベリーを食べ切ってしまうつもりです。


イチゴの苗も一株あるのですが、虫がついて、虫が先に食べてしまいます。

この庭でイチゴを育てるのは難しいですね。

薬をまかなくては育ちません・・・

その点ブラックベリーは、今のところデコピンでカメムシを跳ね飛ばせば、

ブラックベリーの実が人間の口に入りますよ~

しばしのお楽しみができました。

嬉しいですね。



バラ、コンフィデンスが咲きました。

今の時期、この暑さの中で咲くのですから、虫に負けない強さがありますね。
e0288951_16362353.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-07-19 21:00 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

百年の不思議


蒸し暑い日が続いていますが、

元気なバラは元気に咲いていますね。

レオナルドダビンチ
e0288951_20230191.jpg

ブルーの西洋ニンジンボク、気が付けば花が開いていました。
e0288951_20270365.jpg

そしてこちら・・・キアゲハベビーが2匹いました・・・

まだ小さいですね。
e0288951_20284665.jpg

パセリにイボバッタもいました~ 小さいですからまだ子供ですね。
e0288951_20311506.jpg

イボバッタは去年から目につくようになりました。

年々、虫の種類が増えているように思います。

虫の種類が増えてきているのか・・・

それとも私が気が付かなかっただけなのか・・・

どちらかわかりませんが・・・

それでも、生き物が庭にいるということは、

新しい生命が育っているということ、

活気づいていること、

エネルギーに溢れているということ。

そう思っていますよ~


バジル2株には、ショウリョウバッタベビーがたくさんいて、

バジルの葉は穴だらけ・・・レースのように・・・

少し離れたところに、人間用のバジルが植えてありますが、

こちらもだんだんと穴が増え、その虫食いの穴が大きくなっていて、

それでも、活気づいた庭だと自分に言い聞かせながら・・・・・バジルの葉を摘み取っています。




先日読んでいたページに、

「百年たったものは、たとえそれが物質や物でも、心を持つようになる」と書かれていて、

例として、鉱物・・・石はそういわれていますよね・・・

気が遠くなるほどの時間を経て作られていますよね、

宝石や貴石は、持ち主と心を通わせると書かれていたのを幾度か目にしています。

そして、シェイクスピアの作品なども・・・これらも心を持っているそうです。

百年たっているものは、世の中にはたくさんあり、

それらはしっかりと心を持っているから、それを持ち物にするときには注意が必要で、

こちらもそれなりの気持ちを持って付き合うとよい関係を築けるそうです。


この文章を読んでいて、

母を診てくださった往診の先生の言葉を想い出しました。

「百年生きたものには神が宿る」

先生はこうおっしゃったのですよ~

表現は異なりますが、何か共通しているものがあるような感じを受けました。

百年が意味するもの・・・

百年の不思議・・・ですね。



ピンクのブッドレア
e0288951_21084050.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-07-14 21:12 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

夏季休眠したバラ


ノバーリスの蕾が開きました。
e0288951_20040101.jpg

蒸し暑さにも負けず、元気良く咲いています。

藤色が美しいです。


7月に入り、真夏の暑さが続く中で、

夏季休眠に入ったバラがいくつかあり、

例えば、レディーヒリンドンとかマルゴコスターは葉をすべて落とし、

冬枯れのように幹と枝だけですよ。

サッサと眠ってしまいました。

一方、レオナルドダビンチが咲き始めました。
e0288951_20162706.jpg


蕾は多くはありませんが、元気よくシュートを伸ばしていて、

暑さに強い様子がよくわかります。

モナリザの微笑みも暑さに強そうです。
e0288951_20191871.jpg

元気良く咲いていますね。

そして、こちらにも暑さに強いものがいます。

丸坊主になっていたパセリがあったので注意してみるとこの通り、
e0288951_20300876.jpg
本当に小さいキアゲハベビーです。

探せばもっといると思います・・・


先日、植えてあった春菊を全部引き抜いて、炒めて食べました。

そのあとにはパセリをたくさん植え付けました~ 



気のyoutubeで面白いものがありました
   



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





by gutsuri | 2017-07-11 21:14 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

カサブランカの花が笑顔に見えます


カサブランカが次々に咲いてきました。
e0288951_20361165.jpg

こちらにも・・・
e0288951_20371091.jpg

そして、こちらにも・・・
e0288951_20381438.jpg

庭には今、濃厚な甘い香りが漂っています。


カサブランカのお花を見ると、笑顔のように見えますね~

笑っています。
e0288951_20443551.jpg


笑顔がたくさん、咲いています。

庭に笑顔がいっぱい並んでいますよ。

ああ、やっぱり、カサブランカの球根を10球植えて良かったです。

カサブランカの笑顔が扶美さんの笑顔と重なります。

カラッとした笑顔です。

嬉しいですね。



ノヴァーリスも咲いていました。
e0288951_20534960.jpg

蒸し暑くなってきて庭には今、バラの害虫がたくさんいます。

バラゾウムシやハムシを毎日のように見ています。

ノヴァーリスはその中で咲きましたから、虫に強い一面も持っているのかもしれません。

薄紫色が美しいです・・・涼しげですね・・・

青系のバラからは、赤やピンクなどのバラとは少し異なる印象を受けますね。

穏やかさや落ち着きなどを感じます。

ノヴァーリスというのは、「青い花」という小説の作者の名前で、

ストーリーは何ともロマンティックなお話です。

ノヴァーリスの蕾があと二つ付いていますから、もう少し楽しめそうです・・・



今日は孫のところへ出かけ、七夕の短冊とこよりを買ってきました。

さあ、これから書いて、観葉植物に吊り下げます。

何を書こうかな~

明日は七夕ですね。



お気に入りのyoutbe 、再度アップです。



みなさまも素敵な七夕をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-07-06 21:25 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

ブッドレアは生き物が集まる花 ビオトープガーデン


今朝見ると、ブッドレアの花穂で枯れているものがたくさんありました。
e0288951_15542105.jpg

一昨日、枯れた花穂はきれいに摘み取り、

昨日は一日中出かけていたので、花殻摘みはできなかったものの、

二日間でこれだけの数の花穂が枯れるとは・・・
e0288951_16302236.jpg

毎日次々と花を咲かせるだけあって、枯れていく花穂の数もたくさんです。

それでも小雨の中、蝶々はやって来ます。


枯れた花穂を摘み取れば、ブッドレアは初夏から秋まで次々と花を咲かせます。

そして何より、ローメンテナンスですよ。

勢いのある枝ですから、私は肥料なしですし、

強剪定をしても次の年にはきれいな花を咲かせますし、

花殻を摘み取ってさえいれば、花は咲き続けます。

また、余り大きくしてしまうと、花殻摘みが大変になり、

数年たった我が家のブッドレアは3メートル近いですが、

柔らかい枝を引っ張れば、まだ、花殻は簡単に摘み取れます。



「ブッドレアは蝶が集まる花」と言われていて、実際にその通りなのですが、

本当のところは、「ブッドレアは生き物が集まる花」だと思います。

蝶は目立つので、そのように言われているのであり、

我が家のブッドレアには、ハナグモ、ササグモなどが、棲みついています。
e0288951_19283521.jpg

そして、8月9月になれば、オオカマキリやハラビロカマキリの棲家となります。
e0288951_19320534.jpg

クモやカマキリがどうして棲みつくかというと、

たくさんの虫がブッドレアにやって来るからですよね・・・

蝶々だけではないのです・・・

ハチやアブをはじめとして、名前を知らない小さな虫も、

ときどきはアシナガバチもぶんぶん飛んでいますし、

オオスカシバもよくやってきますよ。

クモやカマキリはそれをよく知っていて、待ち伏せしているのです。

それでも、ブッドレアの花に引き寄せられて、たくさんの虫がやってきます。

そう、「ブッドレアは生き物が集まる花」なのです。


私は無農薬でバラを育てていて、

バラと虫は仲良し・・・をスタンスにしていますから、

ブッドレアにたくさんの虫がやってくるのは嬉しいことです。


最近「ビオトープガーデン」という言葉を知りました。

野生の動植物が自然に集まってくる、最近注目されつつある庭の形だそうです。

動植物は難しいですが、虫くらいなら集まってくれそうですね。

個人でできる自然保護。

その手始めには、ブッドレアが打ってつけですね。



ポンポネッラ、これで終わりです。雨にも強し。さすがですね。
e0288951_20112001.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-06-30 20:13 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

アオスジアゲハとブッドレア


6月中旬ごろからブルーのブッドレアが咲き始めて、

毎日のように蝶々が庭にやってくるようになりました。

ブッドレアは「蝶を集める花」と言われていますが、本当にその通りで、

「ブッドレアは蝶のレストラン」と書かれていたのを見たこともあります。


今日は午前中に、小雨の中、

アオスジアゲハがやって来て、ブッドレアの花を飛び回っていました。

今まで、アオスジアゲハはシャッターチャンスがなかったので、

逸る心を抑えつつ、連続シャッターなるものを初めて使って写真を撮りました。

連写の威力をご覧ください。
e0288951_17434421.jpg


e0288951_17443519.jpg


e0288951_17462005.jpg


e0288951_17473748.jpg


e0288951_17484793.jpg


美しいですね~

黒い羽の中にある青い部分・・・ここがパール光沢の青緑色に輝きます。

小雨の中、しばらく花に止まって蜜を吸っていましたよ。

アオスジアゲハは、いつもはジェット機のように飛んできて、そのまま飛び去って行く・・・

このように思っていましたから、

ゆっくりとブッドレアで過ごしているアオスジアゲハに驚いています。

雨の中を飛ぶだけの強さがあるのでしょうね。

アオスジアゲハの写真を撮っているときに、クロアゲハもやって来ましたが、

こちらはそのまま飛んで行ってしまいました。

クロアゲハも、雨が降っている中、飛ぶだけの強さがあるといいます。

そういえば、キアゲハなどは、ヒラヒラと優雅に飛んでいますね・・・

ヒラヒラと優雅に飛んでいる蝶々も素敵です~


それにしても、連写はすごいですね。

最近知ったブログで、鳥を撮るときには連写を使うと書いてあって、

なるほどと、その時に初めて連写というものを認識しました。

カメラに(小さなコンデジです)連写機能はついているのに、

それを使うという気が私に全くありませんでしたよ・・・知らなかったのです・・・

今年の花火は、良い写真が撮れそうな・・・今から楽しみにしています。




今日は、久しぶりにスピリチュアルのyoutubeです。
エックハルトトールの話が身に沁みました。





みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-06-28 20:00 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

ブッドレアとアカタテハ

ブッドレアにアカタテハが止まっているのが見えました。

早速カメラを持って・・・まず、部屋から撮りました。
e0288951_19323774.jpg

アカタテハはブッドレアにずっと止まっていますから、慌てることはありません。

庭に出て、ゆっくりと少しずつ近づいて行きました。

アカタテハは、脇目も振らず、一心不乱に蜜を吸っています。

アカタテハに限らず、キタテハもキアゲハもモンシロチョウも、みんなそうなのですが、

円筒形の花房の丸い部分をくるくると回りながら花の蜜を吸うのです。

一か所にじっとしているわけではありません。


アカタテハがブッドレアの蜜を吸っていますね。
e0288951_19380064.jpg

少し進んで頭が見えなくなりました。
e0288951_19383943.jpg

もう少し進んで花房の向こう側に行きました。

羽が少し見えています。
e0288951_19401238.jpg

姿を現します。
e0288951_19404662.jpg

とまあ、このような感じで、花房をくるくると回りながら、蜜を吸っています。

アカタテハは、30分から一時間くらいはブッドレアにいますから、

蜜を吸っている間、一体、花の周りを何回くらい回っているのか、見当もつきません・・・

蝶々は、ブッドレアの花の一か所に、じっと止まって蜜を吸っているのではないのです。

羽を動かしながら、前に進んでいきながら、忙しなく蜜を吸っているのです。

もちろん、ブッドレアの花から花へ飛び回っていて、いろいろな花に止まっていますよ。

面白いですね。

これから毎日のようにブッドレアに蝶々がやってきます。

あら、また来ている・・・

このような感じで、ブッドレアにいるアカタテハを見ていることでしょう・・・

アカタテハだけではありません・・・・

キタテハも、キアゲハも、クロアゲハ、ナミアゲハ、アオスジアゲハ、

そして、たくさんのシジミチョウなど・・・モンシロチョウも・・・

千客万来ですよ~




このところ曇りや雨続きで、やはり梅雨らしくなりました。

この時期に雨が降らないと、夏に大変なことになりますから、

梅雨には雨が降ってほしいですが、

ほどほどの雨が降ってほしいですね・・・




ペッシュボンボン(桃のお菓子という意味です)の2番花が咲いてきましたが、
e0288951_20184964.jpg
先日の雨と風の強いときに花びらを痛めたようで、きれいな咲き方ではありません・・・

が、周囲に素晴らしい香りを放っていますよ~

このペッシュボンボンというバラは、とても育てやすいバラですね。

無農薬のこの庭でも、これだけ咲いてくれますから・・・

よく見ると、花の中にバラゾウムシがいました。
e0288951_20205917.jpg

写真を撮った後、捕まえました!



ブッドレアの花は、干し草のような、ちょっと乾いた感じのする匂いです。
e0288951_20300397.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-06-27 20:32 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

キタテハとベニシジミとブッドレア


朝、窓から外を見ると、ブッドレアにキタテハがいました。
e0288951_21433872.jpg

あら!

黄色がやってきた~

嬉しいですね!

早速、カメラを構えましたよ。

キタテハは人がいても気にせず、自分の仕事に没頭するので、

外に出て、ブッドレアに近づいて、シャッターを押しました。

e0288951_21464688.jpg

人の気配に気づいているのかどうかわかりませんが、

平気ですね~

e0288951_21474862.jpg

ずっとこうしてキタテハを観察していたいのですが、

気が付いたら20分以上たっていたので、適当に切り上げましたよ。

キタテハはブッドレアに長居をすることは知っていますから・・・

e0288951_21515129.jpg

しばらくすると、ベニシジミもブッドレアにいました。

e0288951_21533780.jpg

こちらはオレンジ色ですね。

写真を撮って部屋に戻り、家事をしながら再び外を見ると、

一つのブッドレアの花房に、キタテハとベニシジミが仲良くとまっています。

これだけたくさんの花房があるのに、同じ花に止まるなんて・・・面白いですね・・・

写真に撮ろうかな~  

ちょっと面倒だな~

などと迷っているうちに、もう一度見ると、もう二匹は離れていました。


キタテハは縄張り意識が薄くて、

一方、アカタテハは縄張り意識が強くて、近くに来る蝶を追い払っているのを昨年見ています。

その個体差によるものだったのかもしれませんが、

その印象が強くて、キタテハは他の蝶を追い払わないと思っているので、

今日、キタテハとベニシジミが仲良く同じ花に止まっていたのを見て、

やはりキタテハは縄張り意識が薄いのかもしれないと思いました。


ブッドレアにはたくさんの蝶々がやってくるので、

庭に一本あると楽しめますね。

ガーデンパラソルよりは実用的かもしれません・・・

庭を楽しむという意味で・・・

蝶々だけではなくて虫たちもやってきますよ~


昨日変えた壁紙・・・スッキリとして涼しげな黄色が好きだったのですが、
余りに写真が大きくて、私は文字を拡大しているので、
一枚の写真を見るのに、スクロールしなくてはならず、
写真が少し小さめのものに変更しました。
今度は赤色です。
第一チャクラの色ですね。
生命の色・・・赤色です。



外壁塗装で3月に植え替えて、元気がなかったシェイクスピアがようやく花を付けました。

ササグモが花を守っているように思えます・・・
e0288951_22073435.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





by gutsuri | 2017-06-24 22:08 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(2)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri