百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:健康( 53 )

アロマセラピー

随分前になりますが、長女から誕生日プレゼントにアロマセラピーなるものをもらいました。

長女が結婚して家を出てからのことですが、

「このお店に行って受付で名前をいえばわかるようになっているからね。」と言われ、

お店に行って施術を受けました。

すご~く気持ちが良かったです。

その間に眠ってイビキでも掻くのではないかと気になるほどいい気持でした。

まず香りに癒されましたね。

それからオイルが肌から浸透していって身体に入っていく感じです。

長女からの「いつまでも健康でいてね。」というメッセージはしっかりと受け取りました。

それからしばらく誕生日やクリスマスにアロマセラピーをプレゼントとしてもらっていました。

年に1~2回は受けていました。 

私がアーユルヴェーダに出会うまで・・・

私がアーユルヴェーダに出会って、

それを健康の指針として生活全般を見直し、食も少し変えたりしました。 

アーユルヴェーダで面白いのは、「個」を認めるということです。

全ての人にこれがおすすめというのではなくて、

一人一人の性質、体質を考慮するところが素晴らしいと思いました。

そして、アーユルヴェーダにはオイルマッサージがあります。

アヴィヤンガです。

ゴマ油(炒ってないもの、香りのないもの)でマッサージするのですが、

これが本当に優れモノです。 

睡眠の質が良くなると感じました。

深い良質の眠りにつき、朝の目覚めも最高です。


今日の昼間、ゴマ油でオイルマッサージしました。

この一週間の疲れがとれると思います。


ご近所のお庭で
e0288951_181123.jpg

by gutsuri | 2012-12-15 18:06 | 健康 | Comments(2)

心と身体

今朝九時半ごろ、「今日は10時からリハビリがあるわよ。」と母に知らせようと部屋に行ったら、

また、ベッドからずり落ちていました。

リハビリ担当の作業療法士の方が来られて難なく起こしてくださいました。

その後、いつもどおり、リハビリをしている声が聞こえてきたので一安心です。

起き上がることができれば、まだ母は、どうにか自分の身体をコントロールできるのです。

気持ちの上で、生きようと思っている部分がまだ勝っているようです。


先日伺った親戚の家で、母の話になって、

持って生まれた身体がすごく丈夫なのでしょうと言われました。 

その通りだと思います。 

丈夫な身体を親から貰ったのでしょう。

それにプラスして、物事の考え方がすごくシンプルなのだと最近気が付きました。

物事を余り気にしない。 

さらりとしている。

受け流すことが出来る。

軽く受け取る。 

深く考えていないのかもしれませんが・・

今風にいうと、「執着しない」とでもいうのでしょうか。 

性格ですね、きっと。

狭い社会でもそれなりのストレスはあるものだと思います。

それらをきっとうまくかわすことが出来たのでしょう。

意識していなくとも・・・

心と身体は繋がっているそうですから、

やはり気持ちの持ち方ひとつで健康を維持できるのかもしれないです。


今日のバラと夕日
e0288951_22135587.jpg


e0288951_22142936.jpg


e0288951_2215115.jpg

by gutsuri | 2012-12-06 22:17 | 健康 | Comments(2)

水着は21号

昨日母が太っていると書きましたが、それで思い出したことがありました。

母は93歳まで月に1~2回プールに行ってウオーキングしていました。

普通のプールは危ないので、障害者用の浅いプールでした。

プールでは地上と違って身動きが自由なので楽しんで歩いていましたよ。

水中ウオーキングの本を買って、

横歩き、後ろ歩き、勿論前歩きも、

そして捕まって立ったり、座ったり、

本当に生き生きと文字通り水を得た魚のように楽しんでいました。

障害者用のプールは遠かったのですが、

月に1~2回のことなので私も頑張って連れて行きました。

母がすご~く幸せそうだったからです。


プールに行くからには水着が要ります。

脱ぎ着の楽なセパレートの水着を買おうとお店に行きました。

いろいろ見てまわり、大きくて脱ぎ着の楽そうな水着がありました。

21号というタグが着いていたのでお店の人にこの数字が何かと聞くと

それはサイズだというのです。

「え? あのMだと9号、Lだと11号とかいうあの数字ですか?」

「そうですよ。 21号です。」

「???  では、それをいただきます。」

その水着を着て母はプールで楽しそうに歩いていました。

そして、母の辞書にはプールという言葉はありません。

「今日の海水浴は楽しかった~」です。


昨日の夕日です
e0288951_21584550.jpg


e0288951_21584496.jpg

by gutsuri | 2012-11-21 22:18 | 健康 | Comments(0)