百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

カテゴリ:健康( 60 )

歳相応の心臓

今日、お医者様が来られました。

週に2回、リハビリに来ていただいているのは老健からなのですが

3~4か月に一度、そこからお医者様が来て下さって

リハビリに支障のない健康かどうかなど、母の身体を見てくださいます。

「お元気ですね~」

「しっかりしていらっしゃいますね~」

このようにおっしゃって、元気づけてくださいます。

褒められると、母は、もっともっと元気になっていく感じがします。

心臓の音についてお聞きすると

「大丈夫です。しっかりと動いていて、心配はありません。」

と答えられました。

「でも、大分、心臓が弱っているような感じを受けることがあるのですけど・・・」

と、お尋ねすると

「そうですね~ 歳相応にしっかりと動いていますよ。

雑音や不規則さはありますが、それは高齢ならば当然のことで・・・

言葉は良くないですけど、歳相応にしっかりと動いています。

これを薬で治療する必要は、ないように思います・・・」


歳相応の心臓。

百歳の心臓。

今まで心臓に負担をかけてきましたから

少しは楽にしてあげたいと思いますが

歳相応のボケに歳相応の心臓。

これで良いのですね~


母は薬を全く飲んでいません。

薬を飲まないで、ここまで来ました。

治療として1~2週間、薬の服用をしたことはありますが

治療が終われば薬の服用も終わります。

薬は一時的な処置です、母の場合は・・・


私の眼に映るのは、百歳のボケと百歳の心臓。

でも、眼に映らない他の部分、他の臓器や細胞なども

歳相応の働きなのですよね。

百歳の身体には、それが似合っていて

きっと、それで十分なのでしょう。

というより、それが適しているのです。


ということで、その「歳相応の部品」たちと

上手く付き合っていくことにしましょう・・・

それにはやはり、毎日を楽しく、そして穏やかに

ということに尽きるのでしょうね・・・



よろしければクリックをお願いいたします
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ





ご訪問ありがとうございます






今日の庭
色づいた蕾が幾つかあったので、明日は咲いていて写真を撮れると思っていたら
今日も蕾のままでした。開いてなかったです・・・気温が低くなってきて、開花に時間
がかかるようになりましたね。寒さを感じて、寂しげな今日の庭です・・・


シャンタルメリュー
e0288951_1665652.jpg



グラミスキャッスル
e0288951_1672612.jpg




by gutsuri | 2013-10-19 16:11 | 健康 | Comments(2)

心と身体は繋がっている

リハビリのときには、母は、いろいろと身体を動かしているようです。

筋肉や関節の柔軟が主だと思いますが

ぎりぎりのところまで、足を伸ばしたり、曲げたりしているようです。

股関節や膝関節の様子を見ながら脚を動かすことは

専門の知識があってこそなのだなあと感じています。

足をかなり上に持ち上げても、気持ちの良さってありますよね。

腰の中で、股関節の動きを、ジーンと感じて

痛くはないけれど気持ちが良いと思える範囲で、足を持ち上げ、その姿勢を保つ。

また、膝をきつく曲げたりする(そのように見えます)。

その兼ね合いが、私のように素人では、しかも高齢者を相手にしていては

要領を得ないように思います。

最近の母の身体の動きの良さを見ていて

週に2回のリハビリが本当に有難いと思います。

リハビリのおかげで、母の動きの良さが保てているのです。

やはり、リハビリ専門の方は凄いなあといつも感心しています。


終わりの方で、ベッドに腰掛ける姿勢になります。

脚を、膝から下の部分を、ベッドから下します。

エアマットの上ですから、座っていても不安定なのですが

母は、ベッドの手すりを持って、自分の背筋と腹筋で

短い時間ならば、姿勢を保っていられます。

そして、脚を下すということで、血液の流れに変化を起こすのだそうです。

そうなのですよね~

足はいつもベッドの上にあるのですから・・・

しばらくその姿勢でいます。

昨日は、その姿勢のときに、私とボール投げをしたのですよ。


リハビリが終わった後で、疲れているだろうと思って

ゆっくりと休んでいいのよと母に言うのですが

母は、気分が高揚しているようで、なかなか眠らないのです。

身体を動かすというのは、

こんなにも気分が良くなって、気持ちを高めるものなのだと

あらためて認識させられます。


私たちもちょっと身体を動かすと

気持ちが良くなって、気分が明るくなりますものね。

ヨガに行って、先生に教わって、身体を動かすだけで

随分と心が軽くなりますからね。

心と身体は繋がっている。

本当にそう思います。



よろしければクリックをお願いいたします




ご訪問ありがとうございます



今日の庭
葉っぱには塩害の影響がありますが、花はガクで守られていたのでしょう
元気に咲いています。黒点病がボチボチ出てきました。

パパメイアン
e0288951_15573054.jpg
プリンセスマルガリータ
e0288951_15581014.jpg



by gutsuri | 2013-09-29 16:02 | 健康 | Comments(0)

汗は毒出し

母は毎日、午前中の1~2時間

低周波治療器を使って足を刺激しています。

午前中は、新聞や本を読んだりしていますから

低周波の心地よい刺激を足に感じながら

良い気分で

読書をしたり、たまにはテレビを見たり・・・

午前中は、リラックスタイムなのです。


最近、母の身体の動きが良いと

リハビリの先生やヘルパーさんに言われています。

そのことをはっきりと示してくれるのが

低周波治療器の目盛りなのです。

目盛りが6まであり、0.5刻みになっていますから

12段階で、刺激の強さの調整が出来るのです。

母は使い始めはもっとも高い目盛り6でした。

今は4の目盛りで十分です。

母の足の指が刺激を受けて、ちゃんと動いていますし

ふくらはぎや脛の筋が、びりびりと振動しています。

私がこの低周波治療器を使う時には、3とか3.5の目盛りですから

母は、私と同じくらいの刺激で

十分に身体が反応していることになります。

動いていない足が、適当な刺激を受けて

それなりに反応して

その反応が、身体全体にまでも伝わって行き

老いた身体は、その伝わってきたもので、活性化している。

身体全体に、良い影響をあたえている。

これは私のただの思い込みですし

そうなっていればいいなという願望でもあります。

ただ、母の身体の調子が良いのは本当ですから

その可能性はあるかもしれません。



今日は、手元の温度計が、32.1度です。

日本は、春、夏、秋、冬と四季の巡りがあります。

この四季の変化の中で

日本に生きているものすべてが

その変化に応じて、生きてきたのです。

暑い夏も、寒い冬も、生命力漲る春も、収穫の秋も・・・

暑い夏には、たくさんの汗をかきました。


ジムのクラスで先生が話していたのを思い出します。

汗には二種類あって、さらっとしたのと、ねばっこいのと。

時間をかけて出した汗は、ねばっこくて

身体内の毒素を排出しているのだそうです。

一年間の毒素を、汗と共に排出する。

夏は毒出しの季節ともいえるのだそうです。


私は暑さ慣れをしていますから、大丈夫ですが

暑さに弱い方は、本当に、お気を付け下さい。

涼しいお部屋で、のんびり過ごすのが最高の気分だったら

それが正しいのですよ。

気分が良くて、気持ちが良いこと。

これに勝るものはないです。

母も涼しい部屋でのんびりです。


クリックをお願いしますね
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

今日の庭
今朝は、急いで写真を撮って、花がらを摘んで、家の中に入りました。
水は、鉢植えのバラだけにさっさ。これで終わりです。
バラは咲いています。元気がいいです。
毎朝、バラに元気をもらっています。
この暑さでこんなに咲いているのですものね。
私も暑さには強い方ですが、我が家のバラたちには、敵いません。

ヘリティッジ
e0288951_1537496.jpg
ペッシュボンボン
e0288951_1544321.jpg
コンフィデンス
e0288951_15464725.jpg
マリアカラス
e0288951_15474230.jpg
アンブリッジ
e0288951_15482911.jpg
シェイクスピア
e0288951_1549739.jpg
マルガリータ
e0288951_1549561.jpg
私はイチジクが好物です。収穫が楽しみです。
e0288951_15503157.jpg













by gutsuri | 2013-08-12 16:09 | 健康 | Comments(0)
食べて、寝て、排泄する。

この当たり前のことに、心が向かうようであれば

健康を見直す良い機会かもしれません。

どのような生活や食事や運動を、身体が求めているのか

少し立ち止まって、身体の声に耳を傾けるのも良いでしょう。


私は40代のころに、食事の見直しを始めました。

・野菜をたくさん食べること(食事の初めに山のようなサラダを食べます)

・水をたくさんの飲む(今は喉が渇いたときに飲む程度です)

・砂糖を摂らない

この三つのことを始めました。今でも続いています。基本的にですが・・

娘たちとキャーキャー言いながら、部活のノリでやっていました。

この三つの中で、最も難しいのは、砂糖を摂らないことです。

あらゆる食品に砂糖が含まれていますからね。

トマトケチャップの代用品は、トマトの水煮缶を煮詰めたものでした。

かなり面倒でしたけど

身体が慣れてしまえば、しめたものです。

砂糖を摂っていないので、舌が敏感になって

あらゆる味を、感じ取ることが出来ました。

特に、野菜が持つ自然な甘みは

それだけで美味くて、それだけでご馳走だと思います。


10年以上前のことですが、家族が膝を痛めて立ち上がれなくなり

鍼治療に通いました。

その時に、食餌療法も一緒にすると鍼治療の効果が上がると

鍼の先生がおっしゃったので、先生のご指導の下、食餌療法を始めました。

鍼治療には2~3年通い、膝も回復、身体全体ががリセットされたようです。

それ以来、その食事療法に沿ったものを家族は摂っています。

というわけで、我が家はある種の養生食なのです。

最近は少しゆるめですけどね・・・


母も野菜たっぷりの食事を好んでいました。

これは健康に良さそうだと、私と同じサラダを喜んで食べていました。

ところが、ベッド上の生活になり、歩かない、動かないとなると

野菜をたくさん食べることが出来なくなりました。

動いてこその健康食ですよね、実感しました。

母は今、普通食を摂っています。いわゆる若者食です。

量は減りましたが、好物の時には、ちゃんと完食しています。


我が家の食事は、このようなものです。

そこで、庭に眼を向けると、庭もやはり同じなのです。

バラに消毒をしないのは、自然な流れなのです。

食事が自然に沿ったものですから、バラも自然に沿った育て方になります。

環境がこうであれば、バラはそれに沿って、それに応えて、大きくなります。

虫がいても、病気になっても、それはそれ

虫とは仲良く、病気になれば、少し休んでじきに元気を取り戻します。

ただ、バラの本数は限られますけどね~

風通しを良くして、バラがある程度の空間を占領できると

消毒をしないでバラを育てることが出来ます、高温多湿の環境でも・・

でも、いまだに迷い道ウロウロの状態ですが・・・


昨年から乳酸菌を撒くようになって、バラは一段と元気になったようです。

4月から12月まで、何かしらのバラが咲いています。

バラにたくさんの元気をもらっています、母も私も。

夏の暑さも、ヘッチャラよ(ホント?)

毎日、お暑うございますね~


ブログランキングに参加しています。
クリックをお願いします。
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ


今日の庭
昨日蕾だったものが、今日は8時には開き切って咲いていました。
早朝だったらきれいな写真が撮れたのでしょうに。
早朝のバラは、お顔が違います。春のようにきれいな花です。
庭のお手入れも休みがちのこの頃ですが、逞しいバラたちは元気に咲いてくれます。
少しづつですけどね・・


プリンセスマルガリータ  黒点病に弱いこのバラは、葉を全部落としています。
花が咲いているところだけ、申し訳程度に葉っぱがあります。
e0288951_15353099.jpg
イモーションブルー
e0288951_15361377.jpg
スザンナ
e0288951_15365780.jpg
ゴールドバニー
e0288951_15373760.jpg
エブリン
e0288951_15381853.jpg
シェイクスピア
e0288951_1539117.jpg
アブラハムダービー
e0288951_15394432.jpg

ヘリティッジ
e0288951_15402452.jpg
小さなギボウシです。ずっと日陰になっていて、今頃ようやく花を付けています。
e0288951_1541361.jpg
こちらにも参加しています。
クリックをお願いします。




by gutsuri | 2013-07-28 16:19 | 健康 | Comments(2)
母はオーガニックの生活をしてきました。

薬知らずの日々でした。

昨年の12月に転んでベッド上での生活になるまで、

お薬というものは風を引いたときに飲む風邪薬くらいでした。

その風邪も前回いつ引いたのか、思い出せないほどの昔です。

血圧が高いときもありましたが、

生活習慣や食事で、血圧を下げることが出来ましたから

本当にオーガニックの生活だったのです。

でも、先月辺りから、持病の膝関節症の膝の痛みがだんだんと強くなったようで、

往診の先生のご判断で、痛みどめを飲み始めています。

使っていない足、動かしていない足、持病があった膝、

それがこれからどのように変化していくのか、想像もできません。

多分これからは、その痛みとの関わり合いを

どのようにしていくかということが焦点になってくると思われます。


母がショートステイでお泊りに行ったとき、

「お薬は?」と聞かれて、「何も飲んでいません」と答えると驚かれていました。

出先でちょっと歩けなくなって病院に半月ほど入院したことがありますが、

その時に、薬は何も飲んでいないと看護婦さんに告げると、呆れられて

「この高齢で何も薬を飲んでいないなんて・・」と

まるで、家族が手抜きをしていると言わんばかりの対応を受けたこともあります。

でも、ちょっと考えると、

高齢で薬に頼っていないということは、

手を抜いていないということの証明のようなものだと私は考えています。

これからは、先生の指示通り、痛みどめを飲むことになります。

当然です。

最近は良いお薬があることでしょう。

痛い思いをしなくて済むように・・・

バラたちはオーガニックで元気です。


ニュードーンが雨の中、頭を垂れています。
e0288951_16353728.jpg


e0288951_1637368.jpg



目覚めよという声が聞こえる   バッハ カンタータより

by gutsuri | 2013-05-20 16:58 | 健康 | Comments(6)

採リたての野菜

昨日は久しぶりに友人のところへ立ち寄りました。

菜園を楽しんでいる友人です。

庭にはご主人が丹精込めて仕立てていらっしゃる盆栽が100鉢以上並んでします。

庭に一歩足を踏み入れると、松などの盆栽が放つ独特の香りで、清々しい空気を感じます。

以前何かの本で、松の木はすごく健康に良いから

身近なところに一本でも植えておくといいと書かれていたのを思い出しました。

この香を嗅いだらなるほどと思ってしまいます。

友人にプレゼントのブーケを作って持っていきました。

e0288951_1634082.jpg

頂いたのはプリーツレタスやルッコラの鉢やたくさんの苗。
e0288951_1673531.jpg


採りたてのスナップエンドウはスーパーで買ったものとは一味違います。美味しかったです。


イモーションブルー
e0288951_16454142.jpg

クレアオースティン
e0288951_16461037.jpg




by gutsuri | 2013-05-17 16:58 | 健康 | Comments(4)

呼吸の大切さ

健康において、呼吸の大切さはよく知られています。

ヨーガの時には呼吸の大切さを先生はよくおっしゃっていました。

呼吸は意識、無意識と両方のコントロールを受けているそうです。

ですから、呼吸を通して無意識の領域に入っていくことが出来るそうですよ。

いくつかのメルマガが毎日届いていますが、先日届いたもので面白いものがありました。

呼吸の大切さを「家での呼吸」という切り口で話していらっしゃいました。

家での呼吸が心地よいか、深呼吸が出来る家なのか、

そして家も呼吸できているかなど書かれていました。 

家の中がどんなにすっきりしていたって、

外での呼吸の気持ち良さにはかないませんが

とりあえず散らかっているものを少し片づけることにします。

長い時間を過ごす部屋ですものね。

眼から入る情報も大きいそうですから・・・


e0288951_1493120.jpg


昨日の夕日
e0288951_1411182.jpg
 



by gutsuri | 2013-01-17 14:16 | 健康 | Comments(0)

アロマセラピー

随分前になりますが、長女から誕生日プレゼントにアロマセラピーなるものをもらいました。

長女が結婚して家を出てからのことですが、

「このお店に行って受付で名前をいえばわかるようになっているからね。」と言われ、

お店に行って施術を受けました。

すご~く気持ちが良かったです。

その間に眠ってイビキでも掻くのではないかと気になるほどいい気持でした。

まず香りに癒されましたね。

それからオイルが肌から浸透していって身体に入っていく感じです。

長女からの「いつまでも健康でいてね。」というメッセージはしっかりと受け取りました。

それからしばらく誕生日やクリスマスにアロマセラピーをプレゼントとしてもらっていました。

年に1~2回は受けていました。 

私がアーユルヴェーダに出会うまで・・・

私がアーユルヴェーダに出会って、

それを健康の指針として生活全般を見直し、食も少し変えたりしました。 

アーユルヴェーダで面白いのは、「個」を認めるということです。

全ての人にこれがおすすめというのではなくて、

一人一人の性質、体質を考慮するところが素晴らしいと思いました。

そして、アーユルヴェーダにはオイルマッサージがあります。

アヴィヤンガです。

ゴマ油(炒ってないもの、香りのないもの)でマッサージするのですが、

これが本当に優れモノです。 

睡眠の質が良くなると感じました。

深い良質の眠りにつき、朝の目覚めも最高です。


今日の昼間、ゴマ油でオイルマッサージしました。

この一週間の疲れがとれると思います。


ご近所のお庭で
e0288951_181123.jpg

by gutsuri | 2012-12-15 18:06 | 健康 | Comments(2)

心と身体

今朝九時半ごろ、「今日は10時からリハビリがあるわよ。」と母に知らせようと部屋に行ったら、

また、ベッドからずり落ちていました。

リハビリ担当の作業療法士の方が来られて難なく起こしてくださいました。

その後、いつもどおり、リハビリをしている声が聞こえてきたので一安心です。

起き上がることができれば、まだ母は、どうにか自分の身体をコントロールできるのです。

気持ちの上で、生きようと思っている部分がまだ勝っているようです。


先日伺った親戚の家で、母の話になって、

持って生まれた身体がすごく丈夫なのでしょうと言われました。 

その通りだと思います。 

丈夫な身体を親から貰ったのでしょう。

それにプラスして、物事の考え方がすごくシンプルなのだと最近気が付きました。

物事を余り気にしない。 

さらりとしている。

受け流すことが出来る。

軽く受け取る。 

深く考えていないのかもしれませんが・・

今風にいうと、「執着しない」とでもいうのでしょうか。 

性格ですね、きっと。

狭い社会でもそれなりのストレスはあるものだと思います。

それらをきっとうまくかわすことが出来たのでしょう。

意識していなくとも・・・

心と身体は繋がっているそうですから、

やはり気持ちの持ち方ひとつで健康を維持できるのかもしれないです。


今日のバラと夕日
e0288951_22135587.jpg


e0288951_22142936.jpg


e0288951_2215115.jpg

by gutsuri | 2012-12-06 22:17 | 健康 | Comments(2)

水着は21号

昨日母が太っていると書きましたが、それで思い出したことがありました。

母は93歳まで月に1~2回プールに行ってウオーキングしていました。

普通のプールは危ないので、障害者用の浅いプールでした。

プールでは地上と違って身動きが自由なので楽しんで歩いていましたよ。

水中ウオーキングの本を買って、

横歩き、後ろ歩き、勿論前歩きも、

そして捕まって立ったり、座ったり、

本当に生き生きと文字通り水を得た魚のように楽しんでいました。

障害者用のプールは遠かったのですが、

月に1~2回のことなので私も頑張って連れて行きました。

母がすご~く幸せそうだったからです。


プールに行くからには水着が要ります。

脱ぎ着の楽なセパレートの水着を買おうとお店に行きました。

いろいろ見てまわり、大きくて脱ぎ着の楽そうな水着がありました。

21号というタグが着いていたのでお店の人にこの数字が何かと聞くと

それはサイズだというのです。

「え? あのMだと9号、Lだと11号とかいうあの数字ですか?」

「そうですよ。 21号です。」

「???  では、それをいただきます。」

その水着を着て母はプールで楽しそうに歩いていました。

そして、母の辞書にはプールという言葉はありません。

「今日の海水浴は楽しかった~」です。


昨日の夕日です
e0288951_21584550.jpg


e0288951_21584496.jpg

by gutsuri | 2012-11-21 22:18 | 健康 | Comments(0)