百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

カテゴリ:庭の虫たち( 99 )

カマキリ君がいました~

久しぶりに雨が降りました。

からからに乾いた地面は適度に湿り、空気もしっとりと感じられ、

潤った感じがします・・・何もかも・・・

雨上がりの朝、蛹やパセリの幼虫を見に行きました・・・異常なしです。

雨が降ったので、少し心配でした。

四季咲きのバラは、夏でも咲いてくれます。

花は小振りになりますが、それでも元気よく咲いています。

バラが植えてあるところにフェンネルがあり、そこにキアゲハの幼虫を3匹発見。

スイートフェンネルのキアゲハ幼虫3匹です。
e0288951_1712786.jpg

でもここは、昨年はカマキリが君臨していた場所、

注意してみると、やはりいましたね~ 

スイートフェンネルのカマキリ君です・・・ハラビロカマキリですね・・・
e0288951_1765440.jpg

狙っているような気がしますが、もうすでに食べたのかもしれません・・・

3匹しかいませんからね・・・


今日は、来客があり、近くのレストランでランチをしました。
e0288951_17281950.jpg

私は本当に久しぶりの外食です。多分、今年初めてですね・・・外食は・・・
e0288951_17283778.jpg

美味しいものをいただくと、幸せになります。

誰かと会ったり、お話しを聞いたりするのも、幸せなひと時です・・・

出かける前に、扶美さんの食事を済ませて、

新しい雑誌を手渡して、一人で2時間半のお留守番をしてもらいました。

まだ、しっかりとしているので、留守を頼むことが出来ます。

新しい雑誌をずっと読んでいたようです。

e0288951_1811976.jpg


e0288951_18112617.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-08-13 18:43 | 庭の虫たち | Comments(0)

珍客がいました

今朝もまた、洗濯物を持って物干しざおのところへ・・・ルンルンです・・・

蛹をチェック・・・ミントの茎にちゃんと蛹がくっついています。

一安心です。

それから、パセリにいるキアゲハの幼虫たちが元気がどうか確かめて・・・

一瞬、顔が凍りつきました・・・

これはカマキリ?
e0288951_1431668.jpg

ではないですね。ショウリョウバッタです。

メスのカマキリよりもさらに大きい!  ホントに大きいです~

丸々と太ったキアゲハの幼虫が小さく見えます。
e0288951_1461582.jpg

パセリの茎が、ショウリョウバッタの重みでしなっています。

このバッタ・・・パセリが好きなのかしら・・・

でも、この巨体でパセリを食べると、幼虫たちの御飯が減ってしまいます。

意を決して、虫取り網でショウリョウバッタを追いやり、網で捕まえ、草むらへ放しました。

そして、鉢植えのものに水をやっていると、

あら~、ここにも・・・・プルモナリアにショウリョウバッタがいます。
e0288951_14142369.jpg

プルモナリアは美味しい葉っぱらしく、オンブバッタもこれをよく齧っていますよ。

ショウリョウバッタもプルモナリアが好きなようですね。

プルモナリアを食べるのなら別に問題はありませんから、これは放っておきます。

そして、今年は何かちがうなあ~と感じていたことが、また、頭に浮かんできました。

カマキリは、大きなオンブバッタを捕まえて食べます。

オンブバッタの数はおかげで多すぎもせず、

バジルはオンブバッタに食われて、穴だらけの葉もありますが、

それもまあ、仕方がないわね・・・で、済む程度です。

でも、この巨体のショウリョウバッタはどうなのでしょう・・・

カマキリは自分より大きなこのバッタを食べるのでしょうか・・・

初夏のころは、いつもなら、飛び跳ねている小さなオンブバッタがたくさん目につくのですが、

今年は、小さなショウリョウバッタがたくさん飛び跳ねていたような気がします・・・

カマキリやキリギリス・・・大丈夫でしょうか・・・

この巨体のバッタにビビらないでしょうか・・・

そして、今年はカマキリの数が少ないですね・・・今のところはですけどね。

カマキリは待ち伏せ専門ですから、葉の陰に潜んで獲物を捕まえます。

上手く潜んでいて、私が気が付かないだけかもしれません。

この夏もまた、活躍してくれることを願っていますよ。

昨年は、この小さな庭に数匹のカマキリがそれぞれの縄張りを持ち、共存していました・・・

頼もしい見張り番でしたよ~


パセリに10匹以上いたキアゲハの幼虫ですが、

昨日は6匹まで数えることが出来ました。

飼育箱ではありませんから、ハプニングは起きますよね。

それもまた自然の摂理だと思っています。

が、この6匹は大分大きくなってきましたから、

このまま無事に育ってくれるといいですね~

今日の蛹と幼虫たちです。
e0288951_1520740.jpg


e0288951_15214257.jpg


e0288951_1522096.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-08-12 18:47 | 庭の虫たち | Comments(0)
キアゲハの幼虫たちのことです。

スープセロリにキアゲハの幼虫が2匹いて、1匹は冒険の旅に出ました。

もう1匹の今朝の様子です。
e0288951_1830396.jpg

動きません・・・枝から落ちていないので生きていると思われます。

気になるのでお昼頃見に行きました。

よく見ると、スープセロリにいるのではなくて、ミントの枝にくっついています。

蛹になる準備をしているのです・・・

そして夕方、蛹になっていましたよ。
e0288951_18312048.jpg

今の時期、ミントは枝をあちらこちらに伸ばしていて、

スープセロリの中まで枝が伸びています。

この幼虫は、ミントの枝が気にいったのですね。

冒険の旅に出るよりも、そばにミントの枝があるならそれにしよう・・・

ミントの枝で蛹になり羽化しよう・・・と考えたのでしょう。

それとも、蛹になったり羽化したりする様子を、

私に見せてくれようとしているのでしょうか・・・

嬉しいですね~

蛹や羽化を見るのは初めてです。

ちょっと恐々・・・ですけどね。

今年はカマキリも少なめです・・・今のところは・・・

無事に羽化してほしいです~

10日間位かかりそうですよ。


調べていて面白かったのは、アゲハの幼虫を数えるときには、

1匹2匹ではなくて、1頭2頭と数えるのだそうですよ・・・

動物学的には、それが正しいとか・・・

思わず笑ってしまいました・・・

1頭2頭って・・・牛や馬ではあるまいし・・・

動物学に縁のない私は、自然体で数えます・・・


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-08-11 17:13 | 庭の虫たち | Comments(0)
アゲハチョウの幼虫の食性は、はっきりとしています。

アゲハチョウの種類によって、幼虫の食べるものが異なりますが、

キアゲハの幼虫の場合は、

パセリ、セロリ、ニンジンの葉、フェンネルなどセリ科の植物に限られるそうで、

もし、これらの葉っぱが足らないようであれば、

生のにんじんを薄くスライスしてあげると食べ、オレンジ色の糞をするのだとか・・・

生のにんじんは幼虫に安全だという話を知って、安心しました。

人参は土の中で育ちます。

農薬の心配は少ないでしょう・・・


ナミアゲハやカラスアゲハは、山椒の木やミカンなどかんきつ類の木が好きなようですね。

アゲハの幼虫のみならず、ほとんどの昆虫は、食べ物が決まっていますよね~

食性は限られているのです。

今年は新しい食べ物に挑戦してみようなどと、虫たちはあまり考えていないようで、

バラの害虫は、徹底してバラの害虫であり続けます~

虫の食性が限られていることは、生物多様性に結びつくと聞きました。

たくさんの種類の虫が生きていくためには、

そして、その土地で共存して生きていくためには、

食性を限ったほうが、生存しやすいのだそうです。

他の虫の食べものを奪わない・・・

他の虫の生活圏を脅かさないのですね。

仲良く生きていきましょうという気持ちを表しているのでしょう。

昆虫の歴史が非常に長く続いているのも、

ひょっとすると、ここらへんにヒントがあるのではないでしょうか・・・

同じアゲハでも、種類によって、こんなに食べ物が違います。

同様にハチと言っても、ハチの種類によって、食べものが随分と異なります。


庭にキアゲハの幼虫が急にたくさん現れて、

慌てふためいて、いろいろと調べていると、

いろいろなことがわかって、安心したり、驚いたりしています。

大の虫嫌いだった私は、

本当のところ、何も知らないのですよ~

今朝は、パセリに12匹のキアゲハの幼虫を見つけました。

そして、鳥の糞のような黒くて小さなものも見えますから、

ひょっとすると、それもキアゲハの幼虫なのかもしれません。

まだ、増える可能性ありですね・・・

スープセロリにいた大きな2匹は、動かなくなりました。

冒険の旅に出かける準備をしているのでしょう・・・


大人になるためのイニシエーションが必要なのは、どこの世界でも同じですね。

無事に大人になり、自由に舞い、羽ばたいてほしいです~


昨夜、NHKで懐かしの歌が流れていました。

上を向いて歩こう・・・が聞こえてきました・・・

扶美さんを見ると、懐かしそうな表情で、

全身を耳にして、聴いていましたよ。

歌っていたのは、坂本九ではありませんでしたけど・・・

このような番組は、高齢者がいる家庭では有難いですね。

ひと時のタイムスリップでした~


キアゲハの幼虫ばかりに目が行っていましたが、気が付けばバラもチラホラ・・・

ロココ
e0288951_1622767.jpg

ペッシュボンボン
e0288951_163078.jpg

モナリザの微笑み
e0288951_1633140.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-08-09 18:46 | 庭の虫たち | Comments(0)

冒険の旅は通過儀礼?

今朝、パセリにいるキアゲハの幼虫の数を数えると、

大きいのからすごく小さいのまで合わせて6匹いました。

そして、スープセロリには大きな幼虫が2匹いますから、

合計8匹のキアゲハの幼虫がいることになります。

今のところ、第2弾は8匹です。


4年前まで大の虫嫌いだった私は、アゲハの幼虫のことなど何も知りません。

気が付いた時に、ネットでいろいろと調べています。

スープセロリにいる丸々と太った終齢幼虫は、じきに蛹になりますが、

蛹になるための気に入った場所を見つけるために、冒険の旅に出るのだそうですよ。

大人になるための通過儀礼ですね。

この短いおみ足で・・・冒険の旅に出かけるのだそうですよ。
e0288951_14594525.jpg

数メートルは移動するとありますね。

蛹になるためのお気に入りの場所を見つけるために、

冒険の旅に出るアゲハの幼虫・・・応援したくなりますね。

第1弾の6匹の幼虫たちの蛹を探しましたが、

探したのはパセリとセロリの周囲1~2メートルくらいなので、

見つからなくって当然です。


冒険の旅は数メートルに及びますから、

庭にいるアゲハの幼虫の蛹と羽化を観察したければ、

ネットで覆うか、もしくは飼育ケースで観察するのが良い・・とありました・・・

でも、アゲハの幼虫の身になって考えると、自由が一番でしょうね~

この短い脚で歩き回って、気にいった場所を探すその根性は見上げたものです。

気に入った場所を見つけ、蛹になって無事に羽化してほしいですね。

成虫は2~3週間の生命だそうです。


蛹がくっつく枝になったかもしれないアナベルを、あんなに短く切らなければよかった・・・

スープセロリの枝を切らなければよかった~

これからは、パセリもスープセロリももっと大きくしっかりと育てておこう。

パセリはあと数株植えておこうかしら・・・

寒いうちに小さな苗を買って、我が家で大きくすれば、

農薬の心配はありませんからね。

来年の課題が次々と浮かんできます。


今朝、パセリに6匹の幼虫がいました~

一体パセリの食糧は足りるのかしら・・・少し不安ですよ。

物凄い勢いで、パセリを齧っていますから・・・

大きくなった幼虫の食べる量といったら・・・

本当に彼らは大食漢です。


キアゲハの幼虫用の無農薬のイタリアンパセリがネットで販売されていました。

100グラムで500円くらい・・・在庫なしですって!

驚きました。


今朝、このように小さなキアゲハの幼虫がパセリにいました。
e0288951_15375951.jpg
鳥の糞にしか見えませんね。

このように小さな幼虫が、明日もまた、増えているかもしれないです~  パセリに・・・


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-08-08 18:42 | 庭の虫たち | Comments(0)

小さな生命が育つ庭

今朝もルンルンで、さあ、洗濯物を干そうかな・・・

でもその前に、チェック!

キアゲハの幼虫くんたちを探していると、

なんと、今朝は4匹いるのです。

これは昨日スープセロリで見ました。
e0288951_16342742.jpg

スープセロリにもっと大きい幼虫がいました。
e0288951_16352477.jpg

こちらはあと3~4日で蛹になりそうです・・・

そして、パセリの小さな2匹です。この2匹でこのパセリを食べ尽くしますね、きっと・・・
e0288951_16362971.jpg

合計4匹いましたよ。

G君、H君、 I 君、 J君の4匹です。


第一弾の6匹は、みな丸々太って蛹手前まで育ちました。

幼虫の姿が見えなくなってから、どこかに蛹が出来ているのではないかと、

あちらこちら、スープセロリやパセリの近く、少し離れたところまで探したのですが、

この暑さですからね、

探し方が足らなかったかもしれませんが、

蛹を見つけることは出来ませんでした~

何匹かは無事に蝶に育ってくれていれば、嬉しいですね~


この4匹も、丸々育って欲しいです・・・

どこで蛹になるかはお任せですけどね。


生命が生まれ育つ場所がそばにあって嬉しいです。

小さな命が育っていくのを見ているだけでも、

パワーをもらえるように思います・・・

たとえ昆虫であっても・・ね・・・



ジュビリーセレブレーション
e0288951_18453289.jpg

マリアカラス
e0288951_18455326.jpg

イングリッシュヘリティッジ
e0288951_18463410.jpg

カノコユリ
e0288951_18473845.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





心と身体

by gutsuri | 2015-08-05 19:18 | 庭の虫たち | Comments(2)

キアゲハの幼虫は大食漢

キアゲハの幼虫君たちを観察するのが、毎日の日課になっています。

楽しんでいますよ~

物干しざおのそばのパセリやスープセロリにいるので、

洗濯ものを干しながら、幼虫たちが気になって仕方ありません。

アゲハの幼虫の飼育の仕方などをネットで調べましたが、

ほとんどが、飼育箱の中で育て、羽化させている記事ですね。

アゲハの幼虫を庭で見つけたとしても、

飼育箱の中で羽化させています。

外では、安定した状況ではありませんから、観察には適していませんよね。

私も、見る度に虫の数が違っています。

さっき4匹だったのに、今は5匹います。

葉の陰にいたのでしょう・・・


とにかく、ものすごい勢いで、食べています。

食べているか、休んでいるか、どちらかですね。

この場所は、キアゲハが毎年卵を産み付けます。

今年のように、全員が大きく育ったのは初めてなのです。

幼虫の食べる量が半端ではありませんから、

昨年はパセリが足らなくなって、ホームセンターでパセリを何株かを買い足したことがあります。

すると、食べた幼虫は、ひっくり返っています・・・


ネットで注意されていました。

ホームセンターやスーパーで買った野菜は

キアゲハの幼虫に与えてはいけないと・・・

人間には害のない程度の農薬ですが、

小さな虫には命に係わるそうですよ・・・

今日は、スイートフェンネルも食べていました。


幼虫は今のうちに食べられるだけたべて、力を付けておくのでしょう。

蛹になって10日~12日くらいは、飲まず食わずの日々ですからね。

蛹になって羽化するには、たくさんのエネルギーを使うでしょうから・・・

とにかく今はたくさん食べてパワーを蓄えておく・・ということなのでしょう。


6匹の幼虫たちが急に目の前に現れて、

嬉しかったり、でも、ちょっと戸惑ったり・・・

だって、わからないですからね~

どうするのが良い方法なのかって、知らないので調べていますが、

庭や外で、アゲハの幼虫を育てた話は見当たらないのです。

仕方がないので、パセリやセロリやフェンネルのエサを食べてもらうだけですよ。

それでも、ちょっとテンションが上がっていますね。

変化のない日々ですが、

この降って湧いたような訪問者に、

ハラハラドキドキの日々です。



パルムの僧院
e0288951_19543552.jpg

シャンタルメリュー
e0288951_19551510.jpg

パセリの2匹
e0288951_1957625.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-07-19 20:02 | 庭の虫たち | Comments(2)
キアゲハの幼虫、その後の様子です。

大きくなってきましたよ。

5匹いますから、パセリにいる2匹を大きいほうからA君とB君、

スープセロリにいる3匹を、C君、D君、E君と呼ぶことにします。

パセリのA君です。
e0288951_18111522.jpg

B君。
e0288951_18182727.jpg

スープセロリのC君です。
e0288951_18195466.jpg

D君。
e0288951_1820326.jpg

E君。
e0288951_18205995.jpg

日一日と、体が大きくなっていく様子を見るのは、嬉しいことです。

無事に蛹になって羽化してほしいです~

庭を羽ばたく姿を見れるといいですね。

それにしても、パセリとスープセロリですが、

パセリは青々と葉が茂っています。

一方、スープセロリは花はもう終わりかけで、たくさんの種が出来ています。

食べるものの違いで何か影響が出るのでしょうか・・・わかりませんけどね・・・

幼虫の大きさが違うので、少し驚いています。

それも個性でしょうね・・・きっと・・・


芝生そっくりですから、注意してみないとわかりませんが、

これは、ショウリョウバッタです。
e0288951_1915419.jpg
大きいバッタで遠くまで飛びますよ。

オンブバッタよりも大分大きいです。

雨の合間に、ちょこっと庭で生き物観察をしました~



シャンタルメリュー
e0288951_19191679.jpg
遅咲きのシャンタルメリュー、昨年は6月にたくさん咲いたのですが、

今年は、元気がなかったです。

今頃になって、ポツポツ咲いています。


レオナルドダビンチ
e0288951_19205414.jpg

カサブランカが咲くと、華やかです
e0288951_1921399.jpg

今日は虫ブログでしたね・・・

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-07-16 19:27 | 庭の虫たち | Comments(0)

蓮の花とカミキリムシ

いつも行く近くのスーパーでは、蓮が咲き始めました。
e0288951_18412320.jpg

蓮の鉢がたくさん置いてあり、これからきれいに咲くのですよ。
e0288951_18425417.jpg

これは昨日スーパーに行ったときの写真です。
e0288951_18431457.jpg

近くで蓮の花を見ることが出来て嬉しいです~
e0288951_1844591.jpg

咲き始めたばかりですからね。
e0288951_1846321.jpg

これからスーパーに行くのが楽しみになります。
e0288951_18462714.jpg

その季節季節に、精一杯そして力いっぱい花を咲かせているのを見ると
e0288951_18464659.jpg

元気が貰えますね~
e0288951_1847378.jpg

生き物って逞しいなあ・・・

庭でカミキリムシを発見!
e0288951_19212860.jpg

虫の世界は虫にお任せでやっていますが、
e0288951_19223073.jpg

カミキリムシだけは、私が始末します。

今の時期、カマキリはまだ子供だったり赤ちゃんだったりです。

キリギリスはまだ大人ではありません。(中高生くらいかな?)

大きなジョロウグモはまだいません。現れるのは7~8月です。

小さなクモはたくさんいますが、カミキリムシの相手ではありませんからね。

虹色に輝いているニホントカゲはチョロチョロしていますが、カミキリムシを食べるかどうか・・・

というわけで、イチジクの木に被害を及ぼすカミキリムシは私が退治しているのです。

それほどいないのですよ。見かけるのは毎年1匹です。

大きくて模様がきれいで、ペットにでもなりそうなカミキリムシです。

可愛そうですが、思い切りよくやっつけています。

袋に入れて踏んづけます。

仕方ありません・・・

ゴメンナサイと言いながらね・・・

私はイチジクが大好きなので、地植えで1本、鉢植えで2本あるのですよ。

小さな実がたくさんついていますから、夏の収穫が楽しみです。

シオカラトンボはこのプラスチックの棒が好きです。
e0288951_19332091.jpg

セントジョンズワートに黄色い花が咲きました。
e0288951_19343922.jpg

パパメイアン
e0288951_1935811.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-06-24 19:40 | 庭の虫たち | Comments(0)

バラハタマバチ

今日は曇り空でした。

庭仕事が捗りますよね~

午後からいそいそと庭仕事に励んでいたところ、

このようなものがありました。

バラの葉っぱにくっついているのを見かけることがありますね。
e0288951_18561317.jpg


e0288951_18565566.jpg


これはバラハタマバチの卵だそうです。

バラハタマバチはバラの葉に卵を産み付けるだけですが、

産み付けられたことでバラの植物組織が刺激されて、

異常発達して丸いコブができ、その中で卵は孵るそうです。

産み付けられた時には白いのですが、だんだんとピンクがかってきて、赤色になるそうです。

適当なところで地面に落ちて、幼虫は安全な場所で、内側からコブを食べて育ちます。

バラハタマバチって凄いですね~

また、バラハタマバチの卵が産み付けられたところは、チュウレンジバチがいない・・・

などという意見もありました・・・

面白いですね・・・

今日は残念ながら、葉っぱごとゴミ袋に捨てましたしたが、

次に見つけたときには、捨てずにそのままにしておきます。

チュウレンジバチは、ちょっと困りものですよね・・・

ラヴェンダーが咲いていたので刈り取って
e0288951_1914286.jpg

リボンで縛って、扶美さんのそばに吊るしました。

何度も匂いをかいで、香りが良いね~と喜んでいました。


翡翠のような緑のお尻をしたクモ 小さいながら立派な巣を張っています サツマノミダマシです
e0288951_19181199.jpg

このようなクモが草食昆虫を捕まえてくれます
e0288951_19191875.jpg

シジミチョウ
e0288951_19194084.jpg

レディーヒリンドン
e0288951_19212222.jpg

ヘリティッジ
e0288951_19215716.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-06-13 19:26 | 庭の虫たち | Comments(0)