カテゴリ:庭の虫たち( 113 )

キリギリスベビー、登場です~

足場が組んである3週間の間、

庭に出ても、塗料のにおいが気になり、

余りにおわない塗料だと言われたのですが、

やはりいつもとは違う空間でした。

私がこのように感じるのだから、

センサーが優れた虫たちは、庭から逃げ出してはいないかしら・・・と、

ちょっと心配になりました~


キリギリスベビーが姿を見せてから、庭の春は始まるのですよ。

キリギリスが姿を見せなければ、春にはなりません。

お昼どき、作業の方がいないときに、外に出て、

キリギリスが居そうなところを探すのですが、

見つけることが出来ませんでした。


4月13日ようやく、赤バラのパパメイアンの新芽にいるキリギリスベビーを見つけました。
e0288951_18370678.jpg
いつものとぼけた顔が見えますね。
e0288951_18380197.jpg
これでようやく庭に春が着ました~

芍薬の蕾にもキリギリスベビーがいましたよ。
e0288951_18403885.jpg
キリギリスは幼虫の間は草食で、クレマチスの花びらが好物。

まだ、クレマチスは咲いていませんから、何を食べているのでしょうか・・・

小さな花は、あちらこちらに咲いているので大丈夫でしょう。


そして、ハナアブ
e0288951_18452738.jpg
ナミテントウ
e0288951_18461573.jpg
ササグモの姿もありました。
e0288951_18465939.jpg
少しくらい塗料が臭っても、生き物は逞しいですね。


やうやく足場がなくなり、いつもの庭に戻りました。

やらなくてはいけないことがてんこ盛り!

まあ、どうにかなるでしょう~




e0288951_18505783.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!






by gutsuri | 2017-04-17 18:56 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

虫記念日は2012年のハロゥイーン(自由部門)


ブログを始めてからは、バラの写真を撮るのが楽しみになりました。

毎日セッセ、セッセと勇んでバラの写真を撮っていましたよ・・・

幸せなひと時でした・・・

でも、無農薬無肥料ですからね~

庭にはたくさんの虫もいるのですよ~

そのうちに、バラの写真を撮るついでに虫の写真も撮るようになりましたが、

バラの花よりも虫の方がたくさんいますから・・・季節にもよりますけどね・・・

気が付けば、バラの花の何倍もの虫たちの写真が、パソコンに存在します~

始めは虫の名前がわからなくて・・・虫大嫌い人間でしたから・・・

調べるのに時間がかかりましたよ~

今でもそうです。

虫の名前を調べるのには、とても時間がかかります・・・


2012年のハロゥイーンの日に、

パパメイアンという黒赤のバラの枝にオオカマキリがいたのですよ。
e0288951_16271715.jpg
同じ枝にクダマキモドキも一緒にいたのですよ~
e0288951_16283947.jpg
これ以来、この2匹の子々孫々が毎年顔を見せてくれ、庭が賑やかです。

そうそう、キリギリス(ヤブキリ)もいましたね・・・

オオカマキリとクダマキモドキとキリギリス・・・

この3種がこの庭の主役なのですよ~


昨年の夏、ガビチョウ(特定外来生物)が庭にやってきて、地面をつついていたことがあります。

鳥が庭にやってくるのは嬉しいことですが、

鳥は虫を食べますからね~

スズメが地面をつついていてもそれほど気にならないですが、

ガビチョウは大きい(鳩より少し小さいくらい)ですから、

大きな虫も食べそうな勢いでつついていました。

見ていて、心配になりましたよ~

でも、そのあと、いつもの虫たちを見ましたから、大丈夫だったようです。


ヒヨドリは、調べると、草食がメインのようです。(農地に被害を与えることもあるそうです)

そして、今の時期は多くの虫たちは卵ですから、気にすることはないのでしょうね。

ヒヨドリさ~ん、斑入りアオキの実がまだあるからどうぞ~


昨年、Windows10がらみのトラブルで、パソコンを初期化したのですが、

その時に、外付けのハードディスクにメモリーを移しておこうと、

家電量販店にハードディスクスクを買いに行ったときのことです。

売り場の人に、どれがいいか聞くと、

どれくらいの写真があるかと聞かれ、

5年間ほとんど毎日30~40枚くらいの写真を撮っていると話すと、

「毎日ですか?」と聞かれるので

「そうなのよ・・・毎日写真を30枚は撮っているの・・・もっと多いときもあるのよ・・・」と答えると

「毎日!?・・・毎日30枚の写真を撮っているのですか?」と、しつこく

そして、ビックリした顔を通り越して、呆れた顔をして聞き返すのです・・・

その場の雰囲気を平和にしたかったので、

「庭にバラを植えていてね、バラが咲くと写真をたくさん取ってブログにアップしているのよ~」

こう話すと

「なるほどね~ それでは写真はたくさんたまっていますね~」と言いながら適当な商品を選んでくれました。

バラの花よりも、最近は圧倒的に虫の写真の方が多いのですが、

バラの写真とだけ言って済ませました~

ちょっと面倒な感じがしたからです・・・何となくですが・・・


2012年のハロゥイーンは私の虫記念日です。

この日から、虫の写真が始まりました。


今日は曇り空で夕日は見えませんでしたが、

2012年10月31日、ハロゥイーンの日の夕日が面白いのでそれをアップしますね。
e0288951_20074848.jpg
e0288951_20083499.jpg
e0288951_20092959.jpg
e0288951_20101439.jpg
e0288951_20110007.jpg


みなさま、素敵な時間をお過ごしください





にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

by gutsuri | 2017-01-20 20:49 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

オオカマキリの 卵嚢

涼しくなったので庭で一働きしています。

14日に草抜きをしていて、ちょっと立ち上がった時に、オオカマキリの卵を見つけました。
e0288951_18404190.jpg

いかにも出来立てのほやほやという感じのオオカマキリの卵嚢です。

今年は早いなあと思いながら・・・

そういえば、その前日、赤紫さんがよたよた疲れた様子で歩いていましたから、
e0288951_18431796.jpg

この卵はきっと赤紫さんが生んだ卵かもしれないなあ・・・

また来年の5月、バラの花が終わりかけたときに

たくさんのカマキリベビーが庭のあちらこちらで見られるのだろうな・・・

オオカマキリが庭に棲みついていることが嬉しくなりました。

次の日15日も、草抜きをしていて、ひょっと上を見たときに、

ここにもオオカマキリの卵嚢があったのです。
e0288951_18522845.jpg

これはフェンネルさんの卵かもしれない・・・・

ブルーのブッドレアには今はブルーさんしかいませんから・・・

ブルーさんの産卵も近いことだと思いますけどね。


オオカマキリは複数回産卵するそうですがどうなのでしょう・・・

オオカマキリの卵から生まれたカマキリベビーたちは、

一つの卵嚢から200~300匹くらいのベビーが生まれ、

共食いを重ね強い個体が生き残り、自分の縄張りを持つことが出来ます。

余りにたくさんのカマキリベビーが生まれると

この小さな庭では、競争が厳しくなって大変ではないかと心配になります・・・

ピンクのブッドレアにはまだオオカマキリは棲みついていませんから、

来年はここを棲家にするカマキリがいても良いのではないかと思ったりして、

でもまあ、それはカマキリが自分で決めることでした~

カマキリは獲物を狙っていますから、

バラの花が咲いていると、バラの花の陰に潜んでいて、

バラの花にやって来る虫たちを透かさず捕まえるのです。

素早い動きで捕まえる凄いハンターです。


昨年はオオカマキリとハラビロカマキリそれぞれの卵嚢が一つずつでした。

それでも賑やかでしたよ・・・ベビーたちは・・・

ハラビロカマキリのベビーは、お尻を跳ね上げていますからすぐにわかります。

カマキリベビーは初めはアリンコくらいの大きさで、

こんなところにアリがいる・・・とよくみると、それがカマキリベビーだったりするのです。

オオカマキリのブルーさんは今日はまだ大きなお腹をしていましたから、じきに産卵でしょうね・・・

産卵ラッシュです・・・


シャリファアスマ
e0288951_19354589.jpg




蝶々にクリックをお願いします


バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
by gutsuri | 2016-10-17 07:00 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

今は、オオカマキリが庭の主

急に涼しくなって慌てています。

気持ちの良い外の空気を吸いたくなりますね。

オオカマキリの様子を見に庭に出ました。

11月中にはオオカマキリは庭からいなくなります・・・限りある命です・・・

彼らを見ることができるのも、あと一か月半位ですから、

オオカマキリが元気な今のうちに、ちょっと観察です。

今年、庭で一番良い場所を占領しているブルーさんです・・・ブルーのブッドレアに棲んでいます。
e0288951_175233100.jpg

貫禄ありますよね~
e0288951_17533445.jpg

正面からです。
e0288951_1756761.jpg

お腹の大きいこと!じきに卵を産むのでしょうね。
e0288951_17582796.jpg

一方、こちらはブルーのブッドレアにいるハラビロカマキリです。
e0288951_1991268.jpg

少し小ぶりなのでオスかもしれません。が、よくわかりません・・・
e0288951_1993475.jpg

クイーンオブスエーデンの枝にくっついているオオカマキリは、

スイートフェンネルにいたフェンネルさんです。
e0288951_19134443.jpg

フェンネルさんもお腹が大きいので、じきに産卵することでしょう。
e0288951_19161338.jpg

オオカマキリはまだ、赤紫のブッドレアにいた赤紫さん・・・羽が少し茶色っぽいのですぐにわかりますが、

ざっと見回しても、見つけることが出来ませんでした。

カマキリは擬態がうまくて見つけるのは難しいですね・・・

カマキリたちはみんな、この夏もよく活躍してくれました。

来年も彼らに期待しています。

5月の中旬辺りから、オオカマキリのベビーが姿を現します。
e0288951_1926789.jpg

庭のあちらこちらにカマキリベビーの姿を見付け、いよいよご登場と嬉しくなります。

昨年は、勢力図が少し違っていて、それはそれで面白かったです。

昨年のブッドレアはハラビロカマキリが棲んでいて、オオカマキリは隅っこにいたのですよ~
e0288951_19361100.jpg


カマキリの写真をたくさん撮ったので家に入ろうと思っていると、何か黒いものが動いています。

ハラビロカマキリがオオスカシバを捕まえていました・・・

お食事中でしたから、写真は遠慮しました・・・

そうそう、カマキリベビーはアブラムシをたくさん食べてくれますよ。

小さいですが生まれながらのハンターですね。


シャリファアスマ
e0288951_1958076.jpg

イングリッシュヘリティッジ
e0288951_19583684.jpg


蝶々にクリックをお願いします


バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
by gutsuri | 2016-10-11 07:00 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

9月のナチュラルガーデン

秋らしくなったと思ったら、雨が続きますね。

それでもほんのひと時雨が止んだら、

蝶々がやってきたり、

オオカマキリやオンブバッタの姿が見えたり、

ハチやオオスカシバがぶんぶんと羽音を立てて飛んでいたり、

元気な生き物の姿が見えるのです。

雨の中、クロアゲハが舞っていたりしますよ。雨に強いのでしょうね。

9月になっても活躍しているナチュラルガーデンの生き物たちをご紹介しますね。

まずは、9月21日のキタテハから・・・
e0288951_18464940.jpg

9月14日のクロアゲハ
e0288951_18474069.jpg

ブルーのブッドレアは本当に蝶々に好かれますね~

西洋ニンジンボクの新しい葉にクモがいます。ハナグモか、アズチグモか・・・
e0288951_18494587.jpg

クモのお腹の模様が人の顔に見えるのが面白いです。

9月10日はアカサシガメも・・・
e0288951_1851452.jpg

キアゲハベビーたち・・・この時にはフェンネルの枝に数匹いて、みんな育ちました。
e0288951_18515846.jpg

そして、縄張りを主張するオオカマキリが庭に3匹います。

スイートフェンネルを棲家とするスイートフェンネルさん。
e0288951_18544950.jpg

ブルーのブッドレアを棲家とするブルーさん。ブルーさんのお腹はハラビロカマキリのように大きいです。
e0288951_1858252.jpg

ブルーのブッドレアにはたくさんの虫がやってきますから、毎日ごちそうを食べているのかもしれません。

赤紫のブッドレアを棲家とする赤紫さん。羽が茶色っぽいのですぐにわかります。
e0288951_1901577.jpg

赤紫さんはバラ(イングリッシュヘリティッジ)の枝にも移動します。

今のところこの3匹が庭の最高捕食者ですが、

鳥などにはかないません・・・上には上がいます・・・

ハラビロカマキリがバラの枝にもう1匹います。

今年はハラビロカマキリはちょっと劣勢ですね・・・昨年は庭の一等地にいましたけどね・・・

今日、シャンタルメリューのバラの花にクモが2匹いましたよ~
e0288951_1981536.jpg

花の中央にいるのがお腹の緑色がきれいなサツマノミダマシというクモです。
e0288951_19102268.jpg

サツマノミダマシは一見バラの花を食べているように見えますが、

実はこれ、獲物を捕まえているのです・・・この角度でははっきりわかりませんけどね・・・

バラの花の上の部分にいるのはハナグモです。
e0288951_19315563.jpg

これも小さいながら強力なハンターなのです。

アオバハゴロモ
e0288951_19412517.jpg


庭は生き物たちの生命力で溢れています。

私たち家族もその恩恵を受けていると感じていますよ~



この写真、ご注意ください。サツマノミダマシというクモがシャンタルメリューで何か捕まえています。
e0288951_19382743.jpg

食べたり食べられたりの世界が出来上っています。

生きとし生けるもの・・・そうなのですよね・・・


蝶々にクリックをお願いします


バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ




by gutsuri | 2016-09-25 07:00 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

夏の虫たち・・・ナチュラルガーデン

この一週間、庭にいた虫たちの紹介です。

夏ですからたくさんの虫がやってきます。

中には棲みついているのもいますから、賑やかですよ~

まず、29日に飛んできたクロアゲハです。ブルーのブッドレアを飛び回っていました。
e0288951_2311210.jpg

こちらはキタテハ、赤紫のブッドレアの葉に止まって動きません。
(と書きましたが、ツマグロヒョウモンのオスのようにも思えます。大きかったし動きがのんびり・・・追記)
e0288951_231385.jpg

イングリッシュヘリティッジが咲いています。
e0288951_23143999.jpg

24日には草抜きをしているとテントウムシがいました。
e0288951_231732.jpg

ヤマミツバにはオオカマキリが・・・
e0288951_23175158.jpg

23日には、キアゲハがブッドレアを飛び回っていました。
e0288951_23205912.jpg

こちらは強面の新顔です。スズメバチでさえ捕まえるというアオメアブ・・・目が緑できれいでした・・・
e0288951_2325619.jpg

そして、ハラビロカマキリはお尻を上げています。
e0288951_23255947.jpg

庭を歩くとジョロウグモの巣を帽子が引っかけます。大分大きくなりました。模様が見えますね。
e0288951_23273488.jpg

無農薬でバラを育てていますから、庭には虫はたくさんいますし飛んで来るものもいます。

夏はカマキリやジョロウグモなどの肉食昆虫が活躍してくれますよ。

ジョロウグモだけでなくて小さなクモはたくさんいます。

クモは自然度を測る目安になるそうですから、

これだけ沢山のクモがいるということは、自然度が高いことになります。

文字通りのナチュラルガーデンです。

花と虫が共存しているナチュラルガーデン・・・・

こんなにちっぽけな庭でも、自然との一体感を感じさせてくれるのですよ。

ブッドレアの上を飛び回っているアゲハチョウを見ていると、

知らないうちに私の心も飛び回っています・・・

元気をもらっています。


蝶々にクリックをお願いします





by gutsuri | 2016-07-31 07:00 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

庭の訪問者はいつでも大歓迎

「蝶の道」になっていると思われるこのナチュラルガーデン、

庭には毎日、同じような時間に、クロアゲハ、アオスジアゲハなどがやってきます。

が、アゲハ類には厳密な食草があるようで、
(全ての昆虫は食を限ることで、お互いが生き延びる道を選んでいるのだとか・・・)

クロアゲハやアオスジアゲハは、やっては来るのですが、

ヒラヒラと舞いながらあちらこちらに止まるそぶりを見せながら飛び回り、

結局は飛び去ってしまうのです。

クロアゲハは大きいですから、飛んでいるとすぐに気が付きますが、

この庭で何かの葉や花に、止まったことはありません。

一方、アオスジアゲハは、この庭に好きな食草がないにもかかわらず、

おおらかな一面があるようで

頻繁に飛んできては、たまに葉っぱに止まっていることがあります。

プルプレアとシマトネリコ、この二つは、アオスジアゲハは嫌いではないようです。

まあ、許容範囲だということでしょう。


いつも飛んでくるアゲハチョウは、もちろん、キアゲハですよ~

パセリ、フェンネル、ヤマミツバなど、キアゲハの食草が庭にはたくさんありますから、

飛んできては卵を産み付け、キアゲハベビーがこの庭で育っていきます。

キアゲハはブッドレアも嫌いではないようです。

卵は産み付けませんが、止まっているのを何度か目にしています。

ブッドレアに頻繁にやってくるのは何と言ってもアカタテハですね。

長い時間いるのですよ~

16日もブッドレアに茶色系の蝶々が飛んでいましたから、

また、アカタテハがやって来たのだと思ってよく見ると、

ツマグロヒョウモンのメスでした。
e0288951_173176.jpg

長い時間・・・そう、10分近く・・・ブッドレアの蜜を吸っていました。
e0288951_17323948.jpg

モンシロチョウやモンキチョウもやってきますが、

シャッターチャンスをくれませんね。

庭にやってくる訪問者はいつでも大歓迎です~


e0288951_17401411.jpg


e0288951_17405281.jpg

ギボウシの花が終わりかけていました
e0288951_17424533.jpg



蝶々にクリックをお願いします





by gutsuri | 2016-07-17 07:00 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

ブッドレアとアカタテハ

窓から外を見ると、いつもブッドレアに蝶々がいます。

これはベニシジミです。
e0288951_19465728.jpg


e0288951_19475367.jpg

蝶々がいるのに気がついても、蝶々はしばらくブッドレアにいるので、
e0288951_19492264.jpg

あわててカメラを手にして外に出ることはありません。(アカタテハです)
e0288951_19514911.jpg

飛び去ったとしても、またすぐに戻ってきます。
e0288951_19523238.jpg

ブッドレアは本当に蝶々が集まる花ですね~
e0288951_1957511.jpg

「ブッドレアは蝶のレストラン」とありましたけど、本当ですね。
e0288951_19575150.jpg


イングリッシュヘリティッジ
e0288951_20130100.jpg


バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ




by gutsuri | 2016-06-30 07:00 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

アカサシガメって役に立ちそう・・・

この春、ブッドレアの枝に赤い昆虫を見つけました。
e0288951_2335215.jpg

これは、アカサシガメという名前で、

ハムシなど小さな昆虫をやっつけてくれるそうです。

ブッドレアの枝に、テントウムシと一緒にいたのですよ。
e0288951_2383257.jpg

テントウムシは気の強い昆虫ですから、小さくても手ごわい相手です。

肉食昆虫同士が近くにいると、どうなるのかしら・・・と気にかかりますけどね・・・

テントウムシは、アブラムシを食べてくれますし、

アカサシガメは、ハムシなどをやっつけてくれます。

ガーデニングをしている者にとっては、ともに有難い昆虫です。

アカサシガメという虫は、私にとっては、益虫としては新顔でした。

このような肉食昆虫は、庭にたくさん増えてほしいと思っています。

6月に入って、ミントの葉にもこのアカサシガメを見つけましたから、
e0288951_23183145.jpg

何か心強いものを感じています。

コバネイナゴ(稲の害虫)の赤ちゃんがミントの葉をかじっていましたから、ひょっとしたら・・・・


食べたり食べられたりの世界が庭にできています。

虫の世界のことは、虫にお任せなのですが、

これは良いことばかりではない・・・というか・・・

私の好むことばかりではないということもわかっています。

カマキリやこのアカサシガメが、キアゲハの幼虫を食べてしまうかもしれません。

それでも、大きな視点で虫たちの世界を見ていると、

いろいろなことがバランスを取りながら行われている・・・

このように思われたりもしますから、虫の世界は虫にお任せですね。


もう一つ、ベニカミキリという虫についてです。

カミキリという名前がついていると、やっつけなくては~と袖まくりをしますが、

このベニカミキリという虫は、花の蜜を吸うだけの平和な昆虫だそうです。
e0288951_23365957.jpg

赤くて襟元は水玉模様のおしゃれな虫です。

草食昆虫でも、バラに悪さをしない虫は、庭に来てほしいと思っています。

レディーヒリンドン
e0288951_23445061.jpg

カサブランカ
e0288951_23451282.jpg



バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ

by gutsuri | 2016-06-13 07:00 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

カマキリの赤ちゃん、登場です~

日曜日に庭で水やりをしていると、

カマキリの赤ちゃんが水に驚いて、飛び出してきました。
e0288951_1894960.jpg

あら~、カマキリの赤ちゃん、ようやく来てくれたのね。

待ってたのですよ~

カマキリは一つの卵のうから200匹くらいのベビーが生まれるそうですが、

カマキリは赤ちゃんといえども食欲旺盛で、

赤ちゃん同士がお互いに共食いをして、生き残った者が縄張りを得て、この地に棲みつきます。

共食いをするくらいですから、

アブラムシはもちろんのこと、いろいろな虫を食べてくれそうです・・・

これから庭の虫退治に拍車がかかります。

ようやくです。

庭には、オオカマキリとハラビロカマキリ、二種類の卵のうがありましたから、

このカマキリが、そのどちらなのか・・・・はっきりとわかりません。

お腹の模様からすると、ハラビロカマキリかもしれないですね。

2012年からの3年間は、この庭ではオオカマキリが天下を取っているように見えたのですが、

昨年、ハラビロカマキリがイモーションブルー(バラ)に君臨していましたから、

カマキリ同士の力関係が微妙に変化したようにも見えるのです。

オオカマキリとハラビロカマキリ、どちらが強いかなど私は知りませんけど・・・・


カマキリはバラの花に潜んでいて、バラの花にやって来る虫を捕まえます。

バラの花にはいろいろな虫がやってきますから、

楽に獲物を捕まえることができるので、カマキリはバラの枝を住処にしています。

そう、キリギリスもバラの枝にいます。

クダマキモドキもいます。ウマオイに似た虫もいます。

どういうわけか、みな仲良く共存していますね。

カマキリとキリギリスとクダマキモドキ。

みんな庭の仲間です。


バラ(ローゼンドルフシュパリスホープ)にいるハナグモ、虫を捕まえてくれます。
e0288951_1903552.jpg

フリュイテ
e0288951_1941877.jpg

クレマチス
e0288951_1972211.jpg



バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ




by gutsuri | 2016-05-24 07:00 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri