百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

カテゴリ:庭の虫たち( 99 )

秋らしくなったと思ったら、雨が続きますね。

それでもほんのひと時雨が止んだら、

蝶々がやってきたり、

オオカマキリやオンブバッタの姿が見えたり、

ハチやオオスカシバがぶんぶんと羽音を立てて飛んでいたり、

元気な生き物の姿が見えるのです。

雨の中、クロアゲハが舞っていたりしますよ。雨に強いのでしょうね。

9月になっても活躍しているナチュラルガーデンの生き物たちをご紹介しますね。

まずは、9月21日のキタテハから・・・
e0288951_18464940.jpg

9月14日のクロアゲハ
e0288951_18474069.jpg

ブルーのブッドレアは本当に蝶々に好かれますね~

西洋ニンジンボクの新しい葉にクモがいます。ハナグモか、アズチグモか・・・
e0288951_18494587.jpg

クモのお腹の模様が人の顔に見えるのが面白いです。

9月10日はアカサシガメも・・・
e0288951_1851452.jpg

キアゲハベビーたち・・・この時にはフェンネルの枝に数匹いて、みんな育ちました。
e0288951_18515846.jpg

そして、縄張りを主張するオオカマキリが庭に3匹います。

スイートフェンネルを棲家とするスイートフェンネルさん。
e0288951_18544950.jpg

ブルーのブッドレアを棲家とするブルーさん。ブルーさんのお腹はハラビロカマキリのように大きいです。
e0288951_1858252.jpg

ブルーのブッドレアにはたくさんの虫がやってきますから、毎日ごちそうを食べているのかもしれません。

赤紫のブッドレアを棲家とする赤紫さん。羽が茶色っぽいのですぐにわかります。
e0288951_1901577.jpg

赤紫さんはバラ(イングリッシュヘリティッジ)の枝にも移動します。

今のところこの3匹が庭の最高捕食者ですが、

鳥などにはかないません・・・上には上がいます・・・

ハラビロカマキリがバラの枝にもう1匹います。

今年はハラビロカマキリはちょっと劣勢ですね・・・昨年は庭の一等地にいましたけどね・・・

今日、シャンタルメリューのバラの花にクモが2匹いましたよ~
e0288951_1981536.jpg

花の中央にいるのがお腹の緑色がきれいなサツマノミダマシというクモです。
e0288951_19102268.jpg

サツマノミダマシは一見バラの花を食べているように見えますが、

実はこれ、獲物を捕まえているのです・・・この角度でははっきりわかりませんけどね・・・

バラの花の上の部分にいるのはハナグモです。
e0288951_19315563.jpg

これも小さいながら強力なハンターなのです。

アオバハゴロモ
e0288951_19412517.jpg


庭は生き物たちの生命力で溢れています。

私たち家族もその恩恵を受けていると感じていますよ~



この写真、ご注意ください。サツマノミダマシというクモがシャンタルメリューで何か捕まえています。
e0288951_19382743.jpg

食べたり食べられたりの世界が出来上っています。

生きとし生けるもの・・・そうなのですよね・・・


蝶々にクリックをお願いします


バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ




by gutsuri | 2016-09-25 07:00 | 庭の虫たち | Comments(0)
この一週間、庭にいた虫たちの紹介です。

夏ですからたくさんの虫がやってきます。

中には棲みついているのもいますから、賑やかですよ~

まず、29日に飛んできたクロアゲハです。ブルーのブッドレアを飛び回っていました。
e0288951_2311210.jpg

こちらはキタテハ、赤紫のブッドレアの葉に止まって動きません。
(と書きましたが、ツマグロヒョウモンのオスのようにも思えます。大きかったし動きがのんびり・・・追記)
e0288951_231385.jpg

イングリッシュヘリティッジが咲いています。
e0288951_23143999.jpg

24日には草抜きをしているとテントウムシがいました。
e0288951_231732.jpg

ヤマミツバにはオオカマキリが・・・
e0288951_23175158.jpg

23日には、キアゲハがブッドレアを飛び回っていました。
e0288951_23205912.jpg

こちらは強面の新顔です。スズメバチでさえ捕まえるというアオメアブ・・・目が緑できれいでした・・・
e0288951_2325619.jpg

そして、ハラビロカマキリはお尻を上げています。
e0288951_23255947.jpg

庭を歩くとジョロウグモの巣を帽子が引っかけます。大分大きくなりました。模様が見えますね。
e0288951_23273488.jpg

無農薬でバラを育てていますから、庭には虫はたくさんいますし飛んで来るものもいます。

夏はカマキリやジョロウグモなどの肉食昆虫が活躍してくれますよ。

ジョロウグモだけでなくて小さなクモはたくさんいます。

クモは自然度を測る目安になるそうですから、

これだけ沢山のクモがいるということは、自然度が高いことになります。

文字通りのナチュラルガーデンです。

花と虫が共存しているナチュラルガーデン・・・・

こんなにちっぽけな庭でも、自然との一体感を感じさせてくれるのですよ。

ブッドレアの上を飛び回っているアゲハチョウを見ていると、

知らないうちに私の心も飛び回っています・・・

元気をもらっています。


蝶々にクリックをお願いします





by gutsuri | 2016-07-31 07:00 | 庭の虫たち | Comments(0)
「蝶の道」になっていると思われるこのナチュラルガーデン、

庭には毎日、同じような時間に、クロアゲハ、アオスジアゲハなどがやってきます。

が、アゲハ類には厳密な食草があるようで、
(全ての昆虫は食を限ることで、お互いが生き延びる道を選んでいるのだとか・・・)

クロアゲハやアオスジアゲハは、やっては来るのですが、

ヒラヒラと舞いながらあちらこちらに止まるそぶりを見せながら飛び回り、

結局は飛び去ってしまうのです。

クロアゲハは大きいですから、飛んでいるとすぐに気が付きますが、

この庭で何かの葉や花に、止まったことはありません。

一方、アオスジアゲハは、この庭に好きな食草がないにもかかわらず、

おおらかな一面があるようで

頻繁に飛んできては、たまに葉っぱに止まっていることがあります。

プルプレアとシマトネリコ、この二つは、アオスジアゲハは嫌いではないようです。

まあ、許容範囲だということでしょう。


いつも飛んでくるアゲハチョウは、もちろん、キアゲハですよ~

パセリ、フェンネル、ヤマミツバなど、キアゲハの食草が庭にはたくさんありますから、

飛んできては卵を産み付け、キアゲハベビーがこの庭で育っていきます。

キアゲハはブッドレアも嫌いではないようです。

卵は産み付けませんが、止まっているのを何度か目にしています。

ブッドレアに頻繁にやってくるのは何と言ってもアカタテハですね。

長い時間いるのですよ~

16日もブッドレアに茶色系の蝶々が飛んでいましたから、

また、アカタテハがやって来たのだと思ってよく見ると、

ツマグロヒョウモンのメスでした。
e0288951_173176.jpg

長い時間・・・そう、10分近く・・・ブッドレアの蜜を吸っていました。
e0288951_17323948.jpg

モンシロチョウやモンキチョウもやってきますが、

シャッターチャンスをくれませんね。

庭にやってくる訪問者はいつでも大歓迎です~


e0288951_17401411.jpg


e0288951_17405281.jpg

ギボウシの花が終わりかけていました
e0288951_17424533.jpg



蝶々にクリックをお願いします





by gutsuri | 2016-07-17 07:00 | 庭の虫たち | Comments(0)

ブッドレアとアカタテハ

窓から外を見ると、いつもブッドレアに蝶々がいます。

これはベニシジミです。
e0288951_19465728.jpg


e0288951_19475367.jpg

蝶々がいるのに気がついても、蝶々はしばらくブッドレアにいるので、
e0288951_19492264.jpg

あわててカメラを手にして外に出ることはありません。(アカタテハです)
e0288951_19514911.jpg

飛び去ったとしても、またすぐに戻ってきます。
e0288951_19523238.jpg

ブッドレアは本当に蝶々が集まる花ですね~
e0288951_1957511.jpg

「ブッドレアは蝶のレストラン」とありましたけど、本当ですね。
e0288951_19575150.jpg


イングリッシュヘリティッジ
e0288951_20130100.jpg


バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ




by gutsuri | 2016-06-30 07:00 | 庭の虫たち | Comments(0)
この春、ブッドレアの枝に赤い昆虫を見つけました。
e0288951_2335215.jpg

これは、アカサシガメという名前で、

ハムシなど小さな昆虫をやっつけてくれるそうです。

ブッドレアの枝に、テントウムシと一緒にいたのですよ。
e0288951_2383257.jpg

テントウムシは気の強い昆虫ですから、小さくても手ごわい相手です。

肉食昆虫同士が近くにいると、どうなるのかしら・・・と気にかかりますけどね・・・

テントウムシは、アブラムシを食べてくれますし、

アカサシガメは、ハムシなどをやっつけてくれます。

ガーデニングをしている者にとっては、ともに有難い昆虫です。

アカサシガメという虫は、私にとっては、益虫としては新顔でした。

このような肉食昆虫は、庭にたくさん増えてほしいと思っています。

6月に入って、ミントの葉にもこのアカサシガメを見つけましたから、
e0288951_23183145.jpg

何か心強いものを感じています。

コバネイナゴ(稲の害虫)の赤ちゃんがミントの葉をかじっていましたから、ひょっとしたら・・・・


食べたり食べられたりの世界が庭にできています。

虫の世界のことは、虫にお任せなのですが、

これは良いことばかりではない・・・というか・・・

私の好むことばかりではないということもわかっています。

カマキリやこのアカサシガメが、キアゲハの幼虫を食べてしまうかもしれません。

それでも、大きな視点で虫たちの世界を見ていると、

いろいろなことがバランスを取りながら行われている・・・

このように思われたりもしますから、虫の世界は虫にお任せですね。


もう一つ、ベニカミキリという虫についてです。

カミキリという名前がついていると、やっつけなくては~と袖まくりをしますが、

このベニカミキリという虫は、花の蜜を吸うだけの平和な昆虫だそうです。
e0288951_23365957.jpg

赤くて襟元は水玉模様のおしゃれな虫です。

草食昆虫でも、バラに悪さをしない虫は、庭に来てほしいと思っています。

レディーヒリンドン
e0288951_23445061.jpg

カサブランカ
e0288951_23451282.jpg



バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ

by gutsuri | 2016-06-13 07:00 | 庭の虫たち | Comments(0)
日曜日に庭で水やりをしていると、

カマキリの赤ちゃんが水に驚いて、飛び出してきました。
e0288951_1894960.jpg

あら~、カマキリの赤ちゃん、ようやく来てくれたのね。

待ってたのですよ~

カマキリは一つの卵のうから200匹くらいのベビーが生まれるそうですが、

カマキリは赤ちゃんといえども食欲旺盛で、

赤ちゃん同士がお互いに共食いをして、生き残った者が縄張りを得て、この地に棲みつきます。

共食いをするくらいですから、

アブラムシはもちろんのこと、いろいろな虫を食べてくれそうです・・・

これから庭の虫退治に拍車がかかります。

ようやくです。

庭には、オオカマキリとハラビロカマキリ、二種類の卵のうがありましたから、

このカマキリが、そのどちらなのか・・・・はっきりとわかりません。

お腹の模様からすると、ハラビロカマキリかもしれないですね。

2012年からの3年間は、この庭ではオオカマキリが天下を取っているように見えたのですが、

昨年、ハラビロカマキリがイモーションブルー(バラ)に君臨していましたから、

カマキリ同士の力関係が微妙に変化したようにも見えるのです。

オオカマキリとハラビロカマキリ、どちらが強いかなど私は知りませんけど・・・・


カマキリはバラの花に潜んでいて、バラの花にやって来る虫を捕まえます。

バラの花にはいろいろな虫がやってきますから、

楽に獲物を捕まえることができるので、カマキリはバラの枝を住処にしています。

そう、キリギリスもバラの枝にいます。

クダマキモドキもいます。ウマオイに似た虫もいます。

どういうわけか、みな仲良く共存していますね。

カマキリとキリギリスとクダマキモドキ。

みんな庭の仲間です。


バラ(ローゼンドルフシュパリスホープ)にいるハナグモ、虫を捕まえてくれます。
e0288951_1903552.jpg

フリュイテ
e0288951_1941877.jpg

クレマチス
e0288951_1972211.jpg



バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ




by gutsuri | 2016-05-24 07:00 | 庭の虫たち | Comments(0)
朝、洗濯物を干しているときに、パセリの先に何かいるのに気が付きました。

ひょっとして?

でも、ちょっと早すぎるし・・・・

近づいてよく見ると、やはりキアゲハの幼虫が一匹だけいましたよ~
e0288951_20265880.jpg

あら~、嬉しい~

洗濯物を干すときや取り込むときの楽しみが出来ました。

今年は早いなあ~

いつもは7月になってから、キアゲハの幼虫に気が付くのですけどね。

数匹位まとまって出現しますから、パセリの株はすぐに坊主になってしまいます。

パセリの小さな苗はたくさん育っていますが、

7月を目標に育てていましたから、私、ちょっと、慌ててしまいました・・・
e0288951_2040583.jpg

キアゲハの幼虫の食草は、パセリの他にも、

スープセロリ、スイートフェンネル、ヤマミツバなども大丈夫です。

これらもこぼれ種から庭のあちらこちらにたくさん生えてきました。

パセリのそばにスープセロリが大きく育っていますが、

今、花芽がたくさん出かかっていて、それにアブラムシがたくさんついています。
e0288951_20411411.jpg

すると、やはりいましたね~
e0288951_20433681.jpg

テントウムシ君、たくさん食べてちょうだいね。


日曜日の午前中、久しぶりに庭に水撒きをしました。

すると、湿ったタイルのたまり水を飲みにやって来たものがいます。
e0288951_20461935.jpg

横から撮れば良かったのですが、この角度ではなんだかよくわかりませんね。

アオスジアゲハです。

しばらく水を飲んでいました。

バフビューティーの花の上にクモがいます。ササグモは強力なハンターです。
e0288951_20533687.jpg

シスターエリザベス
e0288951_20552549.jpg

蕾が全部だめになったと思ったグラミスキャッスルですが、生きていたものがあったようです。
e0288951_212673.jpg

先週末に来客があり、また、ヤマミツバのお浸しを作りました。

好評でした。他ではあまり食べられませんからね。

これがヤマミツバです。今の時期、10日に一度収穫が出来ます。楽しみです。
e0288951_213299.jpg


天候不順だったり、強風が続いたり、何かいつもと違うように感じています。

植物や昆虫たちも、何かちょっと違うな~と感じているのではないでしょうか。

庭には、これから咲くというバラが3~4種あります。

のんびりしているわね~


バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ




by gutsuri | 2016-05-23 07:00 | 庭の虫たち | Comments(0)
アオスジアゲハがヒラヒラとやって来て、葉っぱに止まっていました。

ニンジンボク、プルプレアの葉に、アオスジアゲハが止まったのですよ~
e0288951_14432356.jpg

上の写真、中央少し右寄りにいます。

上手い具合に撮れました。

アオスジアゲハの食草はクスノキですから、キアゲハのパセリとはエライ違いです~

蝶々の種類によって随分と食べるものが違いますが、

異なる食べものを食べること、

それは生き物が同じ場所で共存できる生き方であり、

そして、生き物の生き残る道なのだそうです。

生物多様性の根源は、違う食べものにあり!

意外に感じますが、真実のようです。


アオスジアゲやクロアゲハがこの庭を通り道にしてくれるだけでも、

毎日訪れてくれるだけでも嬉しいと思っていましたが、

好みの葉があったのですね。

そういえば、このところ急にプルプレアが伸びてきて、新芽をたくさん出し、

あっという間にたくさんの葉っぱが枝に付いています。

プルプレアは成長が遅いというのが一般的ですが、

我が家のプルプレアは驚くほど成長が早くて葉が茂ります。

30センチのプルプレアの苗を買いましたが、

3年で高さ3メートルを超え、葉が茂り、強風で倒れそうだったので、

かなり強剪定をして、高さ2メートルにし、大きな枝を落としました。

しかし今年もまたグングン伸びるのでしょうね~

アオスジアゲハの好みの木・・・プルプレア♪


そしてこちらはいつもの通りキリギリスです。
e0288951_15262472.jpg

庭に何匹のキリギリスの子供がいるのかわかりませんが、数匹はいるように思います。

あちらこちらで見かけますから・・・

キリギリスは夏になって大人になると、カマキリにも負けないほどの狩人なのですが・・・・

逞しい肉食昆虫になるのですが・・・・

幼いうちは、草食昆虫で、花びらや花粉などを食べています。

傍にバラゾウムシがいるのに見過ごしていたり、

ちょっと追っかけているのだけれど、遊んでいるだけだったり、

このキリギリス、随分大きくなってきたように見えるのですが、

見かけはともかく、中身はホント、子供そのものです。

キリギリスの子供がバラのベッドでお昼寝しています。
e0288951_15271048.jpg

クイーンオブエリザベスの花の一つを占領していますよ。


そして、こちらはクマンバチがブ~ン、ブ~ンと羽音を立てて飛び回っています。
e0288951_17115641.jpg

シナモンゼラニウムの花の蜜を吸っています。
e0288951_21254551.jpg

たくさんの生命が息づいているこの小さな庭。

生命力溢れるこの庭。

ここにいると知らずの中に「母なる自然」を感じることができて、

身体も心もリラックスし、癒され、本当に気分が良くなります。

文字通りのナチュラルガーデンです。


バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ




by gutsuri | 2016-05-21 07:00 | 庭の虫たち | Comments(0)
シスターエリザベスが咲いています。
e0288951_15131822.jpg

写真の左下に見える蕾が枯れています。

バラゾウムシの仕業です~

でも元気な蕾もありますから、これからもう少し咲いてくれそうですね。

繊細でデリケートな感じのするバラです。

細い枝に咲きますから、開花するとどうしてもうな垂れてしまいます。

イモーションブルー
e0288951_1542230.jpg

ピエールドゥロンサール
e0288951_15423058.jpg

今年はピエールドゥロンサールが元気がありません。

小振りの花が3~4輪咲きましたが、いつもの華麗さはないのですよ。

これから本領発揮かもしれないけれど・・・

シャンタルメリュー
e0288951_15442915.jpg

シャンタルメリューは遅咲きのバラでいつもは6月に入ってから勢いを増すのですが、

今年は早く咲いて驚いています。

写真を撮っているとキリギリスが挨拶に来るのですよ~
e0288951_1545441.jpg

キリギリスは人懐っこいので、可愛いです。
e0288951_15463739.jpg

キリギリスはカメラを近づけても平気でポーズをとってくれます。

逃げません。人を恐れません。

カマキリはカメラを警戒して、レンズを近づけると逃げていきます。

まあ、これが普通ですけどね。

突然この足の長いクモみたいなものが現れてちょっとビックリ・・・
e0288951_1547489.jpg

これはクモではなくて、ザトウムシなのだそうです。

ザトウムシは雑食らしく、バラの害虫ではなさそうです。

自然界に必要のない生物は存在しない」そうですから、見守ることにします。

バラの蕾にアブラムシがいたので手で払いのけようとすると、

そこにいたらしいハナグモがジャンプして葉の陰に隠れました。
e0288951_15494897.jpg

このハナグモは小さくてまだ子供のようですが、アブラムシを食べていたようです。

こちらのクレマチスも咲き始めました。色着きはまだ薄いですが・・・
e0288951_15503830.jpg


庭に出る度に気が付くことがあります。

草ぬきをしなくては・・・

伸びすぎているものを切らなくては・・・

伸びてきた百合の茎が倒れかけているので支えの棒が必要だとか・・・

今年はこれが元気がないけれど、そばの枝が邪魔をしているのではないかとか・・・

あれもしなくては・・・これもしなくては・・・と、気持ちは焦るばかり・・・

でも家の中に入るとすっかりのんびりモードになって、忘れてしまうのです。

困ったものですね~


バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ




by gutsuri | 2016-05-17 07:00 | 庭の虫たち | Comments(0)

今日見た虫たち

今朝、バラの葉に、初めて見る緑色のクモがいました・・・大きめです。
e0288951_1423415.jpg

ネットで調べると、どうもツユグモらしいと分かったのですが、

ツユグモは、標高1000メートルの高原にいるクモなのだそうです。

おかしいな・・と思っていろいろと見たのですが、

他にもこれにそっくりな写真が載っていて、そのクモはツユグモだとあります。

我が家は海のそば、標高70メートルですよ。

今日はまあ、夏の高原のような気温ではありますけどね。

このクモは、ワカバグモでした。

そして、この赤いカメムシのような昆虫がブッドレアにいました。
e0288951_14143255.jpg

これはアカサシガメだとわかりました。

そしてこちらはのんびりと寝ています。
e0288951_14401046.jpg

テントウムシく~ん、寝ていないでたくさんのアブラムシを食べてちょうだい!

ギボウシが葉を出してきました。
e0288951_14485967.jpg


e0288951_14491816.jpg

オルレア
e0288951_14502655.jpg


クリックをお願いします




by gutsuri | 2016-05-10 19:00 | 庭の虫たち | Comments(0)