カテゴリ:庭の虫たち( 101 )

虫と一緒にバラ育て

今までは「乳酸菌でオーガニックローズガーデン」ということで

その日に咲いているバラの写真をアップしていましたが

8月に入ってからは、「虫と一緒にバラ育て」に替えました。

庭にはいろいろな虫がいます。

私の知らない虫もたくさんいます。

知らない虫と言っても、単に私が名前を知らないだけで

その虫は人間よりも長い歴史を持っていることでしょう。

少しは顔なじみになりましたけど、それでも知らないものがほとんどです。

このちっぽけな、この場所にです。

私はバラに消毒を全くしませんから、

撒くのは乳酸菌液と酢水だけですから、

庭は虫の王国です。

4月にはアブラムシの巨大コロニーが出来るのですが

その時期に現れるアブラムシの天敵はテントウムシだけ・・・

まあ、クモはいますが、アブラムシはテントウムシが頼りですよね。

5月、6月、7月とだんだんとたくさんの虫が見られるようになってからは

虫の世界は賑やかになっていきます。

暑くなってきて大きな肉食昆虫がようやく姿を現して

食べたり食べられたりの世界が、庭にできるのです。

バラの蕾を食べられたり、思いがけずバラが痛んでいたりすることもあります。

でも、まあ、このようなものかなあと思われる世界が出来ていることは確かです。

花と虫は共に共生してきた仲間ですから

長い歴史を通してですが

それを引き離すのには、莫大なエネルギーを必要とします。

花や草があって、それを食する草食昆虫がいて

そして、またそこに、それを食する肉食昆虫がいて

肉食昆虫のおかげで、草食昆虫の数が限定される・・・

庭に草食昆虫がいるので、花や葉は、食べられたりするのですが

それが許容範囲であれば、良いのではないか・・・

などと考えている呑気者です~

写真でアップ出来るほどのバラではないのですよ・・・

肥料も与えていないのですからね・・・

生き物が持っている生命力だけを頼りにバラ育てをしているわけですから・・・

それでも見事に花を咲かせるバラには愛着が湧きますし

周囲でウロチョロしている虫たちにも同様に愛着が湧くのです。


食物連鎖らしきものは、このちっぽけな庭にも出来上がっているのではないかしら・・・

そう・・・多分、出来ていると思うのだけど・・・

ホントに、試行錯誤の連続です。

その力関係(肉食昆虫と草食昆虫の数などからくる)が

いつも上手くいくとは限らないですけどね。

無農薬無肥料でバラ育てをしていて、

そして、その中で、虫の世界の面白さにちょっと気が付いて・・・

今まで、大の虫嫌いだったのに・・・

ヘビなんて写真を見るのもダメだったのですが

ニホントカゲをチラッと観察できるようになりましたよ~

虫を見ていると、「生き物って本当に素晴らしいね」と心から思うようになりました。

もちろん、バラの美しさも素晴らしいです!

ゼラニウム 赤色に元気をもらえます
e0288951_18475565.jpg

6月に挿し木でついたホワイトセージです。2か月でしっかりとしてきました。
e0288951_18495385.jpg

バジル
e0288951_1851412.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





by gutsuri | 2014-08-02 18:53 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

雨の中のてんとう虫

雨が強く降ると、庭の虫たちのことが気になります。

我が家は、無農薬、無肥料で、バラ育てをしていますから

虫たちの助けは必要不可欠なのです。

たくさんの虫たちの活躍のおかげで、

オーガニックローズガーデンは存在できるのですよ。

今朝、花殻摘みをしていたら、水滴を付けたてんとう虫を見つけました。
e0288951_1874527.jpg

まあ、こんなところで雨を凌いでいたなんて・・・

雨宿りにもっと適したところがあるでしょうに・・・

などと思いながらも、テントウムシを見て嬉しくなりました。

キリギリスの幼虫も大分大きくなりましたが

テントウムシのようにどこかで雨をやり過ごしているのでしょう。

カマキリの赤ちゃんは大丈夫かしら・・・

トノサマバッタは最近ずっとご無沙汰なのですけど・・・

などと思いながらバラの写真を撮りましたよ。

ハナグモやワカバグモを2~3匹見かけました。


午後草抜きをしました。

ルピナスの葉が虫に好かれることに最近気が付きました。

ダンゴ虫やワラジムシがルピナスの葉を食べているようなのです。

葉が虫食いだらけでした~

おかげで傍に植えてあるバジルや香草が、虫に食べられていません。

あら~、ラッキーでした~

無農薬のおかげで、

我が家ではバラのすぐそばに、バジルや香草が植えてあるのですよ。

小さな庭なので、バラのそばにハーブを植えたりして楽しんでいます。

ダンゴ虫やワラジムシは土壌を豊かにしてくれます。

我が家は無肥料なので、

ミミズと同じような感覚で、ダンゴ虫やワラジムシに接しています。

余り多すぎると大変ですけどね。

でも、多くなり過ぎないところが面白いのですよ~

無農薬にすると、虫の数は減ります。

そして、虫の種類は増えます。

スズメが来て、ダンゴ虫などを食べているのを見かけます。

食べたり食べられたりの世界。

いつもバランスがいいとは言えませんけどね。

風通しが良くなるように

取りあえず、茂り過ぎた枝葉を切り取りました。


乳酸菌でオーガニックローズガーデン 今日の庭
レディーオブシャーロット
e0288951_183724100.jpg

シャンタルメリュー
e0288951_18385874.jpg

レオナルドダヴィンチ
e0288951_18395251.jpg

チャールズレニーマッキントッシュ
e0288951_18411357.jpg

ニュードーン
e0288951_18425946.jpg


e0288951_18433242.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





by gutsuri | 2014-06-12 19:11 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

バラと虫たち

昨日は留守を頼まれて、孫たちのところへ出かけました。

孫の本棚のファーブル昆虫記が目について

カマキリとカメムシの項を読みました。

面白かったですね~

そういうわけで、昨日は一日庭に出ていません。

この暑さですから、花はすぐに草臥れてしまいます。

今日は庭でたくさんの花殻摘みをしましたよ~

袋がいっぱいになりました。

今日の我が家のオーガニックローズガーデンです。

アルバセミプレナ、長く咲いてくれます。ローズヒップがきれいですから
花殻摘みはしません。たくさんの枯れた花が付いています。
e0288951_16133159.jpg

エヴリン
e0288951_16163429.jpg

アマリリス、鮮やかな赤色です。茎は短めですね。それでも可愛い・・
e0288951_16175673.jpg

こちらのアマリリスは地面から直接咲いていますから・・
e0288951_16204824.jpg

ディルの花。私はディルが好きです。サラダの風味づけに良く使います。
e0288951_16215087.jpg

今が盛りです。
e0288951_16254355.jpg

フリュイテ
e0288951_16271217.jpg

ニュードーンにはスリップスがたくさんいます。エチルアルコールを水で10倍に
薄めたものをスプレーして様子を見ました。
e0288951_1650396.jpg

イングリッシュヘリティッジもスリップスに好かれます。ピンクのバラを集めて
エチルアルコールを薄めたものを花と花首にスプレーして1時間庭に置きました。
それを部屋に入れて白い紙の上に置いています。出てきた虫は一匹だけです。
e0288951_16553266.jpg

庭に座っていると、ミツバチがやって来ます。
e0288951_1703314.jpg

テントウムシはスリップスも食べてくれるのでしょうか・・・ニュードーンにテントウムシ
e0288951_1712846.jpg

テントウムシの幼虫です。
e0288951_172308.jpg

モンシロチョウがシナモンゼラニウムに・・・来てくれると嬉しいというのが本音です。
e0288951_1731623.jpg

クモもたくさん・・・
e0288951_1753931.jpg

このように、庭にすわっていると、虫たちの活動が見られるのですよ。

きれいなバラが咲くのは嬉しいことです。

そして、バラが咲いている庭を生活の場としているたくさんの昆虫たち。

そこには、生きとし生けるものたちのドラマがあります。

私の都合がいいように・・・そのようになるはずもなく・・・

虫たちはこの小さな庭で、その生を謳歌します。

その虫たちの助けを借りて、オーガニックローズガーデンは成り立っています。

バラの花もいいけれど

バラの花と虫たちもいいものです。

この小さな場所は落ち着くのですよ。

心からリラックスできるのです。

バラの花だけでは得られない何かがプラスされているような・・・

そのプラスアルファを感じています。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ





by gutsuri | 2014-06-01 17:49 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(2)

待ってました!カマキリの赤ちゃんです

今朝、いつものように庭を一回り。

すると、ああ~、やっと見つけましたよ~
e0288951_1763926.jpg

オオカマキリの赤ちゃんです。

5月に入って、まだかな~、どこかにいるのでは・・・と

時々は目を凝らしていたのですよ。

やっと、わが庭に登場してくれました。
e0288951_17115118.jpg

オーガニックローズガーデンでは、カマキリがいないとやっていけません。

かなり強力な援軍なのですよ~

バリバリとものの見事に、カマのような前足で獲物を摑まえて食べるのです。

その食べっぷりたるや・・・・見事です。

200~300匹のカマキリの赤ちゃんが卵鞘から生まれ

共食いをしながら強いものが生き延びます。

赤ちゃんの間は、ダニやアブラムシなど小さいものを食べてくれます。

たくさん食べてほしいわ~

このように強力な味方ですから

庭にたくさんいてほしいと思うのが人情ですが

ところが、そうはいかないのです。

なわばりがありますからね。

この小さな庭には3~4匹がいいところなのですよ。

この赤ちゃんカマキリは、こちらの写真のカマキリの子孫だと思います。
2012年10月31日のカマキリ
e0288951_17331122.jpg

エサが豊富ですものね。

住み着いてくれます。

こちらのクモたちも頑張って食べてくれています。
e0288951_1738387.jpg


e0288951_17384157.jpg

カマキリやクモの活躍に期待します。

どちらも生きているものしか食べないという超グルメなのです。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ





乳酸菌でオーガニックローズ
ケルビーノ(私が命名) これは2番花です。1番花は虫で全滅しました。
e0288951_17492817.jpg

ニュードーンが咲き始めました。
e0288951_17495694.jpg

クリウテ、これも2番花です。
e0288951_17502497.jpg

地面から直接アマリリスが咲いています。急に暑くなってきて慌てて咲きました。
茎が伸びる時間がなかったようです。白雪姫という名前が付いていたような・・・
e0288951_17505324.jpg

by gutsuri | 2014-05-30 18:09 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(2)

キリギリスは美食家

今朝、いつものようにカメラを持って庭に出ようとしたら

カメラが充電不足でした。

仕方がないので、花殻を取ったり

酢水で、アブラムシをつぶしながら洗い流したりしていると

クロアゲハが舞っています。

あら~、残念。写真に撮りたいわ~

などと思っていると

見たこともない(私がですよ)アゲハチョウが飛んで来ました。

白地に黒い細い縞模様が入っています。

普通のアゲハに比べると、白い部分が広いのですよ。

慌てて家に駆けこんで、コンセントを引っこ抜いて、カメラを持って出てくると

その蝶々はヒラヒラと舞いながら、お隣へ行ってしまいました。

目で追っていたのですが、木の陰に隠れてしまいました。

その姿を思い出しながら、後で調べると

どうも、ウスバシロチョウがそれに近いようです・・・
(外来種のアカボシゴマダラでした)

写真に撮れなくて残念です。

また来てくれると嬉しいのですけどね・・・

それにしても、カメラの充電は常にチェックしておかなくてはいけませんね。

いつものキリギリスの幼虫です。大分大きくなりました。

こうやって成長を見ていると、情がわいてきますね。
e0288951_17383681.jpg

後で見ると、このバラの花ビラが虫食われです。
e0288951_17401012.jpg

仕方がないなあ・・・キリギリスの幼虫って美食なのですね。

好みがうるさいようで、選り好みがあるのです。バラもクレマチスも・・・

カメラで撮ってはじめて、こんなに小さい虫がいるってわかります。
e0288951_17441058.jpg

テントウムシ君、しっかりと食べて頂戴ね!

バラが急に咲き始めました。庭が色づいていますよ~

ベンジャミンブリテン
e0288951_17475480.jpg

クレアオースティン
e0288951_17483581.jpg

アイスバーグ
e0288951_17502422.jpg



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ





by gutsuri | 2014-05-19 18:44 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

オーガニックローズガーデンの虫たち 2

今日、出会った虫たち。

クレマチスにアブラムシがたくさんいます。

テントウムシがそれを一生懸命に食べています。
e0288951_15101567.jpg

こちらは、ルッコラにいたテントウムシの幼虫。
e0288951_1517362.jpg

幼虫は成虫よりも食欲旺盛だそうですよ~

ルッコラはアブラムシが付きにくいと勝手に信じていましたが

先日、穂先にたくさんいたので、切り取りました。

テントウムシの幼虫が居てくれるなら、安心です。

そして、クモの巣です。

乳酸菌液をスプレーして、わかりやすくしました。
e0288951_15212344.jpg

このクモの巣の主は、ハナグモくらいの小さなクモです。

身体の割には立派なクモの巣を張っています。

クモは、ハナグモにしてもそうなのですが

自分の身体の大きさの2~3倍あるものをやっつけます・・・

クモの巣は天然の防虫網、そのうちにいろいろな虫がクモの巣ネットに引っかかることでしょう。

今日は、他には、青虫やカメムシを摘まんで取りました。
e0288951_15315588.jpg


こちらのクレマチスも咲きだしました。
e0288951_1545179.jpg

オダマキ、白深山
e0288951_15482448.jpg

これは、フェリシテパルマンティエ。
e0288951_16104815.jpg

小さなントゲトゲがたくさんあって、アブラムシが嫌がりますね。付きません・・・


今日は、汗ばむほどの陽気です。

母の部屋の窓を2か所全開して、空気が流れるようにしたら

「すごく気持ちが良い!」とのこと・・・

余りの気持ちの良さに、深い眠りに入っていました。

5月だけの贅沢ですね。

外の空気の美味しさにまだ反応できるとは、嬉しいことです。

6月になれば、閉め切ってクーラーですからね・・・

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ





by gutsuri | 2014-05-02 18:27 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(2)

ニジュウヤホシテントウ

今年はマルゴコスターが一番乗りで咲きました。

今日のマルゴコスターです。
e0288951_17155.jpg

マルゴコスターは、葉を付けたまま冬越ししたのです。

試しにこれだけ落葉させなかったのですが

元気ですね~

ミニバラなのですけど、10年以上の古株ですから

普通のバラと同じに扱っています。

昨年はと調べてみると、4月27日にスーリールドゥモナリザが一番乗りで咲いています。

2013年4月27日、スーリールドゥモナリザ(モナリザの微笑み)
e0288951_1772177.jpg

今日のスールードゥモナリザは、こんな感じです。
e0288951_179125.jpg

蕾はたくさんついていますが、咲きそうにはありませんね。

昨年12月に、2メートル以上伸びていたこのつるバラを、植え替えました。

レオナルドダヴィンチと場所を入れ替えたのですよ。

そういえば、どちらも今一つですね、

今年は共に、咲くのに時間がかかりそうです。


毎朝、ざ~っと庭を見回るのが楽しみです。

蕾がだんだん大きくなってきたり

蕾の数が増えてきたり

肉食昆虫を見つけて喜んだり

草食昆虫を見つけて、摘まんで取ったり

テンションが上がります。

クレマチスの大きな蕾にアブラムシが付いているので

スプレーで吹き飛ばしていますよ~

そして、これはテントウムシかと思って写真に撮ったのですが、

実はこれは草食昆虫で害虫とされています。
e0288951_17351310.jpg

ニジュウヤホシテントウといい、ナス科の植物を食害します。

普通のてんとう虫に比べると光沢がありませんね。

このニジュウヤホシテントウ、写真を撮っていたら

どこに行ったか分からなくなりました。

亀の甲の模様をしたものやナナホシやアカホシなど

いろいろなてんとう虫が庭に来ます。

棲んでいるものもいるようですけど、彼らは飛べますからね。

飛んで来たり飛んで行ったりしていますよ。

益虫を見ると元気になります。

あ!助っ人がいるって・・・


これは紫色のチューリップです。
e0288951_1745898.jpg

チューリップに見えませんけど・・・


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ








母に目薬を差す毎日です。

「ちゃんと目をぱちぱちさせて、目薬を中に入れてね」というと

「まあ、そんな! 目薬をお腹に入れるなんて・・」と答える母です。
by gutsuri | 2014-04-24 18:48 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

クモは昆虫ではない

今日は、孫たちのところへ出かけて行きました。

家族に留守を頼んで、出かけます。

母が元気なので助かっていますよ。

孫に昆虫図鑑を見せてもらいました。

「あら~、クモは昆虫ではないの?」

「そうだよ、クモは昆虫じゃあないんだよ。

頭部、胸部、腹部の三つに分かれているのが昆虫なんだよ。

クモは頭と胸がくっついているんだよ。」

今朝、庭で見た小さなクモです。

緑色がきれいで、これが庭にたくさんいるのですよ。
e0288951_2010574.jpg

図鑑で調べると、ハナグモでした。

肉食ですからね、

バラゾウムシとかスリップスとか食べてくれるとありがたいのですけど・・・

小さなクモがたくさんいます。

いろいろな種類のクモがいますよ。

大切な庭のお仲間です。


今日のオーガニックガーデン
オキナグサです。こうなると、名前の由来が理解できますね。
e0288951_20273354.jpg

3月末はこうでした。
e0288951_20283062.jpg

乙女のような花にどうしてこの名前が付いたのかと不思議でしたけど・・・


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ






by gutsuri | 2014-04-23 20:41 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

クビキリギリス発見!

クビキリギリスらしいです。今日庭にいました。
e0288951_173321100.jpg

冬越ししたのか幼虫なのか、わかりませんでした。

初めはバッタかイナゴかと思ったのですが

調べてみるとクビキリギリスだとわかりました。

越冬する種類のキリギリスのようです。

このカレックスの中で寒い冬を過ごしたのでしょうね。

見るからに暖かそうな草ですから、冬を越すにはもってこいかもしれません。

普通、昆虫は、暑くなってから出てくるものだと思っていましたから、驚きました。

童話「アリとキリギリス」に出てくるキリギリスは

アリは働き者なのに、キリギリスは歌って遊んでばかりいるので

冬になって困るというお話でしたね。

虫たちは似ているものが多いので、まだ、名前がわからないものが多いのです。

間違え虫の名前を書いているものがあると思います・・・

草抜きをしていると、テントウムシがひっくり返って死んだふりをしていました。

すぐ後に見てみると、もういませんでしたから・・・

虫って面白いですね。

クレマチスのツルを留めたり、バラを一通り見て回っていると

庭が活気づいてきたなと思います。

活気づいてきたのは植物だけではなくて

そこにあるもの居るものすべてのようですね~

気温が上がり、今は本当に過ごしやすい、気持ち良い日々です。

生命あるものすべてがそう感じているのでしょう。

e0288951_1815441.jpg


e0288951_18174553.jpg


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ






by gutsuri | 2014-04-13 19:01 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

肉食昆虫と草食昆虫、肉食動物と草食動物

今、この時期は、この小さな庭に生命力が満ち溢れています。

クレマチスのツルが毎日グングン伸びて、こんがらがって来ています。

バラの葉が茂ってきて、ほとんどのバラに蕾が見えてきましたよ。

チューリップが鮮やかな色を見せています。

早春に花開いたものは衰えを見せて

バトンの受け渡しがスムースに行われているようです。


この小さな庭で

生命力がいっぱいのこの庭で

これから食べたり食べられたりのドラマが始まります。

肉食動物が草食動物を食べるように

肉食昆虫が草食昆虫を捕まえ食べてしまいます。

てんとう虫は可愛いですが、肉食昆虫なのですよ。

そして、植物を食べる草食昆虫は、害虫とされています。

人間が育てたものを食べてしまいますから害虫なのです。

肉食昆虫は、害虫とされている草食昆虫を食べてくれます。

ですから、肉食昆虫は益虫なのです。

大体ですが、草食昆虫のほうが可愛い外見をしているように思われますけどね・・・

アフリカの大草原の肉食動物と草食動物のように、

命を懸けた戦いが、これから庭で始まるのですよ~

この小さな庭で、肉食昆虫と草食昆虫の食べたり食べられたりの世界が見られます。

アフリカの大草原に野生動物を見に行くことは出来ないけれど

ここでも野生動物のように命懸けのドラマが始まります。


今日は、千昌夫のCDが届きました。

「星影のワルツ」をリピートにして、扶美さんが何度も聴いています。

プレーヤーを傍に置いているのですが、大音量にしないと聴こえないので

私の耳にも「星影のワルツ」が入って来ます。

知らないうちに鼻歌で歌っていそう・・・

母は昔はカラオケを普通に歌っていたそうですが、

今日は、CDに合わさずにマイペースで歌っています・・・



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ





昨日と同じ曲ですが、歌っている人が違うと雰囲気も違って面白いです。




乳酸菌でオーガニックローズ
クレマチスの一番乗りです。去年もこれが一番先に咲きましたね。
枝はまだ伸びている途中ですが、早々と先に花を一つ付けます。
e0288951_1995442.jpg

スミレが満開です
e0288951_1911971.jpg

これはカメムシの仲間です。
e0288951_19115430.jpg

芍薬の蕾にアリがたくさん・・・
e0288951_19123110.jpg

by gutsuri | 2014-04-10 19:32 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri