カテゴリ:庭の虫たち( 110 )

キアゲハベビー物語


今朝、パセリにいたキアゲハベビーです。
e0288951_13530528.jpg


パセリを食い尽くして、食べるものがなくなってしまい、困っているように見えますね~

こちらのキアゲハベビーもそのようです・・・

すごく小さなキアゲハベビーが、パセリに残っていて、ここまで育ちました。


e0288951_13534996.jpg


2匹ともヤマミツバにお引越ししたのですが、

そのヤマミツバも頼りないような感じがしなくもなくて・・・・


e0288951_13565531.jpg


ヤマミツバはモジャモジャ茂っていて、食べきれないほどありましたが、

見事に食い尽くされてしまいましたよ~

それでもまだ、端っこの方には若葉が茂っている部分があるので、


e0288951_13582205.jpg

2匹のキアゲハベビーはそちらの方にを移しました。




19日に、壁で丸くなっている終齢幼虫を見つけ、

e0288951_14045058.jpg

この子はここで蛹になろうとしているのだと見守っていました。

そして、今日、蛹になっている姿に気が付きました。

e0288951_14055678.jpg

昨日は一日出かけていたので、観察していませんが、

ふつうは一晩で蛹になる(今までの観察からでは)と思っていましたが、

この子は二晩くらいかかったようです・・・

緑の枝葉で蛹になれば、きれいな緑色の蛹になります。

ミントの枝やメドーセージの枝で蛹になれば、きれいな黄緑色や緑色の蛹になるのですよ~

壁で蛹になるのならば、この色が適しているのでしょうね。

枯葉に見えますから・・・安全の面から考えてもベストの色です・・・



また、このすぐ近くに、もう1匹、壁で蛹になろうとしている子がいるのを今日見つけました。

e0288951_14070755.jpg

明日には蛹になっているかもしれません・・・明後日かも・・・



キアゲハベビーのエサのことだけを私は心配して、

40数匹のキアゲハベビーの食糧調達に奔走していて、

蛹になる枝を見つけるのは、この子たちの仕事・・・などと割り切って考えていました。

バラのほかにも小さな低木はいろいろとあるので、

においに敏感な彼らならば、すぐに適した枝を見つけることができるだろうと、

高を括っていたのですが、

この小さなスペースにおいて、

バラの木がここかしこにあるこの小さな庭では、

蛹になるのに適した枝を見つけることは、彼らには難しい仕事だったのかもしれませんね~

まあ、この2匹を・・・壁で蛹になるというこの子たちを、はみ出しっ子だと考えて、

余り気にしないという手もありますけどね~


一度に40数匹のキアゲハベビーの出現は初めてのことで、

右往左往しましたよ~


たくさんのキアゲハがこの庭から羽を広げて飛び立ち、青空に舞ってくれることを願っています!




ミセスジョンレノン・・・ではなくて・・・ミセスジョンレイン
e0288951_19493163.jpg


シスターエリザベス

e0288951_19500121.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!






by gutsuri | 2017-08-22 19:51 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

育ての親はハラハラドキドキ・・・キアゲハベビー編


昨日、バジルを摘んでいるときに、何か黒いものが見え、

新種の虫がバジルにいるのかと注意してみると、

キアゲハベビーのおチビちゃんでした。
e0288951_13093830.jpg

枝ごとヤマミツバのところへ運びました。



また、「キアゲハがポーチを這いまわっている~」という声が外から聞こえてきたので、

透明のファイルを手に、慌てて外に出ると、

キアゲハベビーが元気にポーチを這いまわっています。

でも、まだ、終齢幼虫ほど大きくはないので、

蛹になる枝を探しているのではなくて、エサを求めてさまよっていると思われます。

ファイルですくってヤマミツバのところへ運びました。


生みの親は卵を産んだらそれで役目は終わり・・・

でも、育ての親はハラハラドキドキ・・・

まあ、楽しんでいますけどね~


窓から外を見ながら・・・考えること・・・

ヒマラヤユキノシタを引き抜いて、そこにもパセリを植え付けて・・・

シュウメイギクがはびこっているから、それを半分にして、

そこにヒマラヤユキノシタを移植・・・

シュウメイギクはもうじき花が咲くから、花が終わったら半分にして、

そこにヒマラヤユキノシタを持っていこう・・・

頭の中でいろいろと考えてみる・・・

とにかくスペースがないので、限られたことしかできないけれど・・・

外に出て見回すと、また別の良いアイディアが浮かぶかもしれません・・・



パセリはご覧の通り丸坊主・・・でも、中央から新芽が出てきていますね。
e0288951_13403216.jpg


パセリの写真を撮っていると、パセリにイトトンボがいましたよ~


e0288951_13421924.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





by gutsuri | 2017-08-18 13:54 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

いつの間にか、バタフライガーデン!


小雨の中、ヤマミツバのキアゲハベビーたちの様子を見に行くと、

みんな元気で、フンがたくさん落ちています~

e0288951_18571525.jpg

ヤマミツバをモリモリ食べているようです。


e0288951_18593445.jpg

今日、スイートフェンネルに残っていた3匹のキアゲハベビーたちも、

枝ごとヤマミツバにお引越し、これで全部引っ越しを終えたことと思います。

一安心です。


昨日は、血迷った小さなキアゲハベビーが1匹、フェンネルのそばのバジルに上って、

バジルの葉を必死で齧っていました。

バジルはキアゲハベビーの食草ではありませんよね。

食べるものがなくなって慌てたのでしょう・・・


アゲハ蝶の幼虫は食草が決まっていて、

ナミアゲハの幼虫はミカン科植物、

アオスジアゲハの幼虫はクスノキ科植物、

クロアゲハの幼虫はミカン科植物、

そして、我が家にいるキアゲハの幼虫たちはセリ科植物を食べるのです。


私はセリ科植物が好きなので、パセリ、スープセロリ、スイートフェンネル、ヤマミツバなどを

自分のために植えていました。

無農薬でバラを育てていますから、バラとバラの間のちょっとした隙間に、

パセリを植えたりして楽しんでいたのです。

するといつからか、そこにキアゲハが卵を産み付けて、キアゲハベビーが育っていたのです。

初めからバタフライガーデンを作ろうと思っていたのではなく、

自然と、いつの間にか、バタフライガーデンが出来上がっていたのですよ。

そのうえ、ブッドレアは蝶々を呼び込みますから、たくさんの蝶々がやって来ますが、

卵を産み付けるのはキアゲハだけです・・・

パセリに卵を産み付けに何回もやって来ますよ~


キアゲハベビーが食べつくしたパセリは、ほとんど丸坊主状態です。

ですが、新芽が出てきて、葉が伸びてきました。

凄いですね~


この秋にはまたパセリの種をまき、来年に備えるつもりですが、

ルッコラの種まきはやめて、全部パセリにしようかな~などと考えています・・・

とにかくたくさんのパセリが必要ですよね・・・・できれば私の分も含めて・・・

スペースが限られていますから、何が必要か、しっかりと把握してからですね。


ブッドレアが涼し気に咲いています
e0288951_19410928.jpg

花が少ないときには嬉しいです


e0288951_19421721.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-08-16 19:43 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

またまたキアゲハベビーのお引越し


今日昼食用のバジルを摘みに庭に出て、唖然としました。

スイートフェンネルの葉っぱがなくなっていて、茎だけになっていました。

たくさんいるキアゲハベビーたちは、

右往左往しているもの、眠っているものなどさまざまですが、

とにかくかれらを食べ物があるところに移さなくてはなりません。

幸いなことに、ヤマミツバがたくさん茂っているので、そちらに移すことにしました。

小雨が降っていましたから、レインコートを着て帽子をかぶり、身支度を整えて、

スイートフェンネルの茎ごとキアゲハベビーをヤマミツバの葉の上に置きましたよ~


e0288951_13373858.jpg


何度往復したかわかりませんけど、目につくキアゲハベビーをすべて移しました。


e0288951_13360032.jpg



このところ葉物野菜・・・特にホーレンソーが高騰しています。

小松菜も値上がり気味ですね。

茂っているヤマミツバを見てお浸しでも作ろうかなと考えていたところですが、

残しておいて良かったです。

ヤマミツバはかなり茂っているので、今回のキアゲハベビーラッシュは、

このヤマミツバですべて賄えますね・・・良かったですよ、本当に!


40数匹のキアゲハベビーの食糧調達など、

今まで経験したことはないですから、見当がつかず、

いつもは、パセリが足らなくなったらスイートフェンネルへのお引越しで済んでいましたから、

今回もそれで大丈夫だと思っていました。

昨日のお昼スイートフェンネルを見たときには、

これで間に合いそうだと思えるくらいの葉っぱがあったように思ったのですけどね・・・



キアゲハベビーたちがお引越しした後のスイートフェンネルです。見事に茎だけです!
e0288951_14003846.jpg


私が今、気が付いているだけでもですが、

ヤマミツバのところにはオオカマキリが1匹いて、

スイートフェンネルのそばのバラの枝にはハラビロカマキリが1匹いて、

ブルーのブッドレアにはオオカマキリが棲んでいて、

このちっぽけなスペースにもあちらこちらに危険が潜んでいます。

それでも、キアゲハベビーたちの多くが、蛹になり蝶になって、

この庭から青空に羽ばたいてくれると思っています。



バラにアカスジカメムシがいます
e0288951_14074779.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-08-15 14:17 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

フェンネルはキアゲハベビーの棲み処


スイートフェンネルが今すごいことになっています。

20匹を超えるキアゲハベビーがここに棲んでいて、
e0288951_14415435.jpg


ここなら大丈夫だと思っていたフェンネルも、過密気味になっています。

パセリからかなりの数のキアゲハベビーがお引越しをしてきたからです。

e0288951_14435148.jpg

これだけの数のキアゲハベビーがフェンネルに棲んでいるのは壮観ですね。

虫に興味のある人にとってはですけど・・・

餌としての葉は足りていると思うのですが・・・

みんな元気に育っていますからね。



今朝、バラの枝にいるキアゲハベビーに気が付きました。

e0288951_14544724.jpg


この子はここで蛹になろうとしているのかしら・・・

でも、ちょっと目立ちすぎ・・・ここは安全ではない・・・

こう考えて、小さな棒を周囲に立て、スズメに食べられないようにしました。

e0288951_14593058.jpg

バラの枝にキアゲハベビーが上って行った・・・これだけでもう驚いてしまいました。

午後もう一度見ると、このキアゲハベビーが動き始めていて、もっと上に上ろうとしましたが、

さすがにトゲが痛いのでしょう・・・急降下してきて、芝の上を這いまわり始めました。

e0288951_15181451.jpg


その時ちょうど傍を通りかかった夫にそのことを話すと、

「周囲がバラの枝ばかりでかわいそうだから、

好きな枝のそばまで運んでやれば良いのではないか」と言われ、

でも、これはイニシエーションなのよ・・・蝶になるための通過儀礼なのよ・・・

こう思いつつも、見ているだけで汗だくになるほどの暑さに、

玄関に置いてあった透明のファイルでキアゲハベビーをすくい上げ、

メドーセージの根元に置きました。

しばらくしてみるともう姿はありませんでした。

メドーセージの枝に上って行ったと思われます・・・


昨日、一昨日と、涼しかったこともあって芝の草抜きをしていたところ、

大きなハチが飛んで来て、バラの枝にいたハラビロカマキリの子供を捕まえようとしました。

ハラビロカマキリはカマを振って応戦し足早に逃げ助かりましたよ・・・

そのあと、また、大きなハチが飛んで来て、

フェンネルにいた小さなキアゲハベビーをさらっていきました・・・

そうそう、アシナガバチなどは芋虫を団子にして食べるのでした~

そして、ハチもハチの巣にはベビーが待っているのでしたね。



ブッドレアにミカドフキバッタ
e0288951_16090201.jpg

右側にミカドフキバッタがいます・・・
e0288951_16094648.jpg



バラの蕾にカメムシ
e0288951_16123544.jpg


蕾を食べているのではないようです。
e0288951_16132794.jpg





e0288951_16152120.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-08-13 17:00 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

キアゲハベビー・・・新しい生命が育つということ


今日、バジルの葉を摘み取っているときに、

バジルの葉のそばにパセリがあるので、そちらを見ると、

数匹のキアゲハベビーがパセリにいました。

e0288951_16401653.jpg

その隣のパセリを見ると、そこにも数匹のキアゲハベビーが、

その又お隣のパセリにも数匹のキアゲハベビーが、パセリを元気よくかじっています。

e0288951_16441508.jpg



私は3か所にパセリを植えているので、

ひょっとしてそちらにもキアゲハベビーがいるかもしれないと思って、そちらにも行ってみると、

やはりいましたね~

3か所のパセリにいるキアゲハベビーは、合わせて40匹以上です。

40まで数えてわからなくなりました・・・

もうじき、パセリは食い尽くされそうな勢いです~


毎年、パセリが足らなくなりそうだと、スイートフェンネルのお出ましです。

スイートフェンネルはこの前の台風5号の強風で、倒れているのもありますが、

何匹かは、こちらにお引越しした方がよさそうです・・・

そう思って、スイートフェンネルの様子を見ると、なんとここにもキアゲハベビーがいました!

e0288951_16462771.jpg

40数匹のキアゲハベビーが、今、この庭で、育っています~

嬉しいですね・・・

たくさんのキアゲハがパセリに卵を産み付け、それらが育っています。

もちろん、他の虫たちもたくさん育っていますが、

蝶々というのは、その存在が目立つのですよね。


このキアゲハベビーたちが無事に蛹になり、飛び立ってくれること。

虫の世界は虫にお任せ・・・でやっていますから、観察が主ですが、

楽しみが増えましたね~

生命が育まれる庭・・・ビオトープガーデンを目指していますから、

たくさんのキアゲハがここから飛び立ってくれると思っています。

e0288951_17061724.jpg
そう思うだけで湧き上がってくる気持ちの温かさ・・・満足感・・・幸せな気持ち・・・

本当に私って単純なんだから・・・



朝7時から8時ごろ、スズメがたくさんやって来ます。

e0288951_16570601.jpg

つがいで来たり、グループで来たり、賑やかですよ。

ショウリョウバッタベビーの数が減っているのは、

オオカマキリが食べているのだと思っていたのですが、

スズメが口に緑色のものを加えているのを何度か見ました~

スズメもショウリョウバッタベビーを食べているようです・・・

それでも、まだ、バジルの葉は、穴だらけ・・・

バジルの葉を摘むときに、ショウリョウバッタベビーがピョンピョン飛び跳ねて逃げています。

すぐにまたバジルの葉に戻るのですけど・・・

ミントの葉も穴だらけですね。

そういえば、ガビチョウも庭にやって来て、地面をつついています。

食べたり食べられたりの世界が見えてきます。



ギボウシ・・・いつの間にか盛りを過ぎていました
e0288951_17031972.jpg


みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-08-10 17:09 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

暑さが好きな虫


蒸し暑いですね。

どことなく疲れたように感じるのは暑さのせいでしょうか・・・

だるさがありますね~

外に出て、うだるような暑さを感じると、身体が拒否しています。

身体が嫌だと言っているのですから、外に出るのは必要な時だけで、

そうなると、いつの間にか、庭に草がたくさん生えていて、

庭の草が青々と茂っている・・・と感じられる間は、そう思って過ごしています。

が、そのうちに、何か余計なものがどんどん伸びてきている・・・と、感じられてくると、

やはり何とかしなくてはなりません・・・

今はその何とかしなくてはならない状態です。

早朝の涼しい時間に草抜きをしなくてはなりません・・・


こんなに暑くても、暑さが好きな虫は元気いっぱいですよ~

イングリッシュヘリティッジというバラの葉にいました。


e0288951_20293696.jpg


後ろ脚が長いです~
e0288951_20300895.jpg



こちらもまた、暑さなどへっちゃらなキアゲハベビーです。


e0288951_20322619.jpg


2~3日前、バジルの葉を摘み取るとき、米粒くらいの小さなキアゲハベビーがいるのに気が付き、

それがこんなに大きくなっていました。

e0288951_20325503.jpg


また、パセリが丸坊主になってしまいますね・・・

まあ、それでいいのですけど・・・

キアゲハベビーのためにパセリをたくさん植えているのですから・・・


e0288951_20333413.jpg


シャンタルメリューが小さく咲いています。 この夏はこのバラは元気がいいです。


e0288951_20345911.jpg



ブッドレアも夏か好き・・・暑くても元気ですね・・・


e0288951_20352791.jpg




気負わずに、この暑さを乗り切りましょうね~





by gutsuri | 2017-08-08 21:00 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

バジルが大好き!


昨日、カッコよくビオトープガーデンなどという言葉を使いました。

日頃から、自然と繋がって暮らしたいと考えていて、

無農薬無肥料の庭には、肉食昆虫や草食昆虫などがたくさんいて、

虫の世界が出来上っています。

特に暑くなると、もはや私の入る隙など全くなく、

虫の世界は虫にお任せ状態・・・

ということで、この夏はどういうわけかわかりませんが、

ショウリョウバッタベビーが降って湧いたようにたくさんいて、

私の好物のバジルが穴だらけなのです。

虫用にバジルを3株用意したのですが、それだけで済むはずもなく、

少し離れたところにある私用のバジルまで、虫食われの穴がたくさん付いています。
e0288951_20065094.jpg

こちらは虫用のバジルですが、上のバジルとほとんど変わりません。

e0288951_20074303.jpg

それでも、バジルの苗は12株あるので、さすがに全部は食べきれないらしく、

毎日の私の食べる分はどうにか確保できています。

これは、今日摘み取ったバジルとブラックベリーです。

e0288951_20103598.jpg

ときには、穴あきバジルの葉が加わることがあります~



カマキリベビーも庭にたくさんいます。

オオカマキリベビーも、お尻を跳ね上げたハラビロカマキリベビーもたくさんいて、

カマキリベビーの世界も厳しいですからね。

共食いの末、生き残ったものが、庭で縄張りを持つことができるのです・・・



バジルの葉にも、カマキリベビーがいます。

ショウリョウバッタベビーの数が減ってきていますから、多分・・・

カマキリベビーがショウリョウバッタベビーを狙って、バジルに潜んでいるのだと思いますよ。

バッタの世界も厳しいですが、生き残るものが必ずいることは、

バジルの葉の虫食われのあとからわかりますよね・・・



バジルを食べる草食昆虫がいて、

その草食昆虫を狙って肉食昆虫がいる・・・

だから、今はこんなに穴あきバジルでも、

そのうちこれほどひどい穴あきバジルではなくなるのではないか・・・

バジルもどんどん新しい葉を出してきますからね。

そう思いながら、毎日バジルを摘み取っていますよ~



8月も中旬になれば、それこそカマキリは大きく育っていて、

この庭の主のような存在になっています。




また、クリスマスローズは強い毒性を持っていますから、

クリスマスローズのそばにバジルを植えると虫が寄ってこないのではないかと、

ためしにクリスマスローズのそばにバジルを植えてみました。

が、虫食われがありますから、バッタはいるようです。



バジルをバッタに食われるのが嫌なら、ネットを張れば大丈夫でしょうね・・・きっと・・・

私はネットを使ったことがありませんけど・・・



ビオトープガーデン・・・生態系と調和した庭・・・

小鳥がやってきたり・・・

蝶々がやってきたり・・・

生き物の生命エネルギーが溢れている場所。




そのビオトープガーデンの今日の虫は

立派なカメムシですね・・・草食昆虫ですよ~

e0288951_21100431.jpg

咲き終わったバラ、コンフィデンスにコガネムシ(バラの害虫です)

e0288951_21113677.jpg





百日紅が咲き始めました
e0288951_21122343.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-07-25 21:15 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

アナベルにホタルガ


蒸し暑い日が続いていて、しかも3連休とあれば、

海支度の若者や家族連れを、電車や駅でチラホラと見かけますね。

海日和ですからね~

皆さん元気いっぱい。

うらやましいくらいです。

私は海まで行こうという気持ちがなかなか湧いてこない昨今ですよ・・・

海はすぐそばですが・・・


昨日、電車に乗って出かけ、かなり歩いたので、

昨夜、左足首に少し違和感がありました。

毎日、足首や膝のリハビリの運動を欠かさずしていて、

大分調子がよくなっていることが自分で実感できていたので、ちょっとがっかり・・・

時間をかけゆっくりと回復するのだと思い直し、

焦りは禁物だと自分に言い聞かせています。


少し前に、モンシロチョウくらいの大きさの黒い蝶々が飛んでいました。

黒い羽に白い筋が縦に太く入っていて、飛んでいる姿は優雅でした。

が、止まっている姿は、まったく違った感じを受けましたよ。

アナベルの葉に止まっていました。
e0288951_20542429.jpg

調べると、ホタルガでした。

黒い羽に赤い顔・・・見るからに毒を持っていそうですね。

あちらこちらを飛んでいましたが、ブッドレアも好きなようです。
e0288951_20564329.jpg


ヒラヒラと飛んでいる姿を写真でとらえることができず残念です。

ホタルガの幼虫はサカキが食草だそうで、

我が家にはフイリサカキの木がありますから、そのせいでいるのかもしれません・・・

ヒラヒラと舞っているいる姿は、なかなか可愛かったのですよ~

まあ、好みもありますけどね・・・


最近、「蝶々は神様の使い」という言葉を知りました。

そう思いながら、蝶々を眺めています。

毎日たくさんたくさんやって来ますよ~

アオスジアゲハ、クロアゲハ、キアゲハ、ナミアゲハ、モンキチョウも・・・

賑やかです・・・ブッドレアは・・・



お隣のムクゲがきれいに咲いています
e0288951_21090638.jpg







みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





by gutsuri | 2017-07-16 21:13 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

カマキリの助っ人、登場です

バラ、ニュードーンの花が咲き終わったので、

午後から伸び放題だったニュードーンの枝を刈り込みました。

枝をどんどん伸ばし、花を次々に咲かせ、花期も長いので、
(一か月近く咲き続けますが、一つの花の花持ちは1~2日位です)

枝葉は茂る一方です・・・思い切って刈り込み、すっきりです。

高いところは、脚立に乗って・・・2段の脚立なので大したことはありません。

これ以上は枝を伸ばさないことにしています。

ニュードーンは、虫にも強く病気にもならず、本当にローメンテナンスのバラですが、

花が咲き終わった後には、枝の整理をしたほうがいいですね。

これがちょっと面倒かもしれません・・・

が、これをしないと、バラのジャングルの出来上がり・・・

我が家の小さな庭を全部覆ってしまいそうです・・・

1997年に世界バラ殿堂に選ばれているニュードーン、

日陰にも強く病気や虫にも強いローメンテナンスの素晴らしいバラですが、

花後の手入れは必須ですね。



無農薬でバラ育てをしていますから、

庭の隙間のあちらこちらに・・・バラとバラの間にも・・・

所狭しと、パセリやバジルが植えてあります。

バジルとパセリとセロリを毎日たくさん摘み取り、

小松菜とホーレンソーがベースのポタージュスープに入れています。

バジルが香るポタージュスープです。

美味しいですよ・・・夏仕様のポタージュスープです・・・


たくさんのバジルを植え付けていても、バジルは虫たちの好物ですからね~

無農薬だから、バジルの葉が虫食われの穴だらけになってしまいます。

ショウリョウバッタベビーやハムシなどが喜んで食べています。

ミカドフキバッタもいましたね・・・

仕方がないので、2~3株のバジルは虫用のバジルとしましたよ。

虫用のバジルは穴だらけです。

ところが、虫用のバジルに、助っ人登場です~
e0288951_20013774.jpg

カマキリベビーが大分大きくなりました。

バジルはこれからは虫食いが減るかもしれませんね。


こちらは虫食いがないほうのバジルですが、このようになるでしょうか・・・

e0288951_20120081.jpg

期待することにします。


カサブランカの蕾にもハラビロカマキリベビーがいました。
e0288951_20220335.jpg
ハムシを捕まええてくれるでしょうか・・・捕まえてくれるでしょうね。


カマキリベビーが今、庭にたくさんいます。

降って湧いたように、たくさんいますよ。

小さくてもカマキリはカマキリ・・・いろいろと捕まえてくれます。

助かっています。


ピンクのブッドレアが咲き始め、早速キタテハが飛んできました。
e0288951_20400696.jpg
高いところなのでよく見えません・・・



イングリッシュヘリティッジッジ
e0288951_20420455.jpg



もなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-06-26 21:00 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri