百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

カテゴリ:介護( 179 )

自宅介護になって・・・

母は93歳の時に一か月入院をしたことがあり、

それまで習っていたお箏や楽しんでいたプールでのウォーキングはその後難しくなりました。

一か月余り身体を動かしていなければ、身体は動かないんですね。

それで、その後はリフレクソロジーや針治療に母を連れて行きました。

母は両方とも大好きでした。 

施術後は足が軽くなると言って喜んでいました。

そして、リハビリをしてくださるデイサービスを利用したりして、歩くことに重点を置きました。

合言葉は「生きているうちは歩くこと」だったのです。


今は毎朝、ヘルパーさんが来てくださいます。

優しい声をかけられて母の目覚めも良いようです。

おむつ替えや着替えをしてヘルパーさんは帰られるのですが、母はその後ご機嫌です。

本当にたくさんの方のお世話になっています。

たくさんの方が来て下さることを母がとても喜んでいて、気持ちの上で前向きになって

生きている喜びを感じてくれたらいいなと思っています。

明日は、朝ヘルパーさんが来られて、お昼にマッサージがあり、

午後は初めての入浴があります。


今日のバラ、夕日、お月さま
e0288951_22542562.jpg


e0288951_22545668.jpg


e0288951_22553127.jpg


e0288951_22555934.jpg

by gutsuri | 2012-12-16 23:04 | 介護 | Comments(2)

介護スタートのNew Moon

今日は雲一つない晴天でした。

富士山にも雲は架っていなくて素晴らしいお天気でした。

朝から夜まで雲がまったくなかったのですが、このような日もあるのですね。


今日はよく働きました。

エアマットやポータブル便器が届き、

ヘルパーさんが来て下さったり、

入浴担当の方やケアマネさんなどお世話になる皆さんと、これからの打ち合わせをしました。

午前中はベッドから下りなかった母も、

午後は起きて昼食を食べ、テレビを見ていました。

昨日までの寝たきり状態がうそのようです。

身体を動かすのは辛そうですが、それでも動かしてみようという意欲が生まれました。

ヘルパーさんと話をしたことがやる気につながったようです。

ヘルパーさんとの相性はぴったりですね。

プロとはいえ高齢者の気持ちを前向きに変えるとは、

素晴らしいヘルパーさんに出会ったものです。

いつも同じ人ではないそうですが、それも母にとっては楽しみになることでしょう。

私も気持ちが楽になりました。

夜、寝かせるために椅子からベッドへの移動は、

母と二人で大声で掛け合いながらやりましたが、今思うと冷や汗ものです。 

私の声は大きいですから。

慣れてくると二人とも要領がわかってくることでしょう。

今日はNew Moonです。


e0288951_223969.jpg


e0288951_22401091.jpg


e0288951_22404173.jpg


e0288951_22411361.jpg


e0288951_2241492.jpg

by gutsuri | 2012-12-13 22:50 | 介護 | Comments(8)

介護の流れ

今朝は早起きをしました。

雲一つない澄んだ空に三日月(欠けていく月)と金星がきれいでしたよ。

東の方角に見えました。あさっては新月です。


今日はケアマネさんと相談しました。

週に一回の入浴をお願いしたり、

朝ヘルパーさんに来ていただいたり、

床ずれ予防のエアマットを頼んだり、

往診の先生をお願いしたりで、私の知らないことばかりです。

この流れに乗って少しやってみます。

周囲の人たちの熱意が伝われば、

母にもそれが理解できて受け入れてくれることでしょう。

去年入浴介助をヘルパーさんにお願いしたとき、3か月で止めた経緯がありますが

今は動きが不自由なので、受け入れるはずです。


富士山もきれいでした。 

お花もきれいでした。 散歩して良かったです。

e0288951_22561145.jpg


e0288951_22563825.jpg


e0288951_2257769.jpg


e0288951_2257358.jpg


e0288951_2258223.jpg

by gutsuri | 2012-12-11 23:03 | 介護 | Comments(2)

普通であることの有難さ

家で紙おむつを使うようになりました。

今は母があまり動けないので、紙おむつで助かっています。

よくできていますね。 最近のものは本当に。


普通の当たり前の生活がどんなに素晴らしいものであるのか、

普通でなくなってから気が付きます。

健康もそうですね。

ほんのちょっとしたこと、

指を切ったとか、風邪を引いたとか、張り切りすぎて腰を痛めたとか、

大したことでなくても、健康の有難さは普段なかなか気が付きません。

今回、私はトイレの有難さに気付かされました。

トイレに感謝しています。 大げさに聞こえるかもしれませんが今の正直な気持ちです。

早速トイレをきれいにしました。

トイレに行けることに感謝しています。 

また、母がよたよたでも歩けるようになるといいなと思っています。


昔、母が作ったクリスマスの刺繍  今日の夕日
e0288951_23235186.jpg


e0288951_23263925.jpg


e0288951_23274864.jpg

by gutsuri | 2012-12-09 23:33 | 介護 | Comments(4)

母がまた転倒

昨夜、大きな音がして何かが床に崩れ落ちたようでした。

あわてて駆け付けると、

母がいつも腰かけている椅子を胸に抱いて、仰向けに倒れていました。

「あら、大丈夫?」と声をかけると

「腰と背中を打ったの。起こしてちょうだい。」

夫がいつものように母を椅子に座らせました。

手足を動かしたり、さすってみたり・・・どうも骨折はしていないようです。

でも今回は母の様子が少し違います。 

立ち上がるのが苦痛のようです。

休むために椅子からベッドへの移動が一人ではできません。

手助けしてようやくベッドに移りました。

今朝、案の定、ベッドから起き上がるのを初め、全てが大変でした。

食事は全部平らげたので、一安心です。

午後、リハビリの理学療法士の方が来られて、見てくださいました。

骨折はなし。

頭の混乱は転倒から来るものだろうとのこと。

母は打撲から筋肉痛になるタイプで、転倒の後歩けなくなったことがあります。

今回も多分これだと思います。

が、なにせ高齢なので、前回よりは回復に時間がかかることでしょう。

しばらく外出はお預けです。

年内に美容院に連れて行こうと思っていたのですが、どうなりますことか。


今日はまるで台風のように風が強く吹いていました。

バラを切り取りました。そして夕日です。

e0288951_22431988.jpg


e0288951_22433932.jpg


  
by gutsuri | 2012-12-08 22:56 | 介護 | Comments(6)
「百歳を過ぎて階段の上り下りが出来る人は少ないです。」

これは週に3回リハビリに来てくださっている理学療法士の方の言葉です。

そうなんですか・・・少ないんですね・・・

歩くのがやっとなのですね・・・百歳を過ぎると・・・

我が家は、玄関から地面に下りるのに2段の階段があります。

そして車に乗るためには、さらに8段の階段を下りなければなりません。

階段の上り下りが出来なければ、母は外出できないのです。

このことを母はよく理解しているようで、リハビリには熱が入ります。

理学療法士の方には、歩けること、外出ができること、

この二つのことをお願いしてありますので、

それに沿って指導してくださいます。

母はリハビリを楽しみながら頑張っています。

だって二人の若い男性が交代で来て下さって、

明るくやさしく指導してくれるのですから・・・

母の好奇心旺盛で前向き思考は今も健在のようです。


今日の富士山です

e0288951_23404165.jpg


e0288951_2342174.jpg
e0288951_23423992.jpg


e0288951_23432529.jpg

by gutsuri | 2012-11-10 23:51 | 介護 | Comments(0)

廊下に張り紙

二日前に廊下の壁に張り紙をしました。

大きな矢印とトイレという文字が書いてあります。

トイレの横にも張り紙がしてあります。

しばらくこのままで様子を見ようと思います。


だんだんと物事がわからなくなるというのは、

わからなくなっていることもわからないのですから

ある意味、救いでもあります。

わからなくなっていることがわかったら本当につらいですからね。

24時間そのような状況ではないのですが、

最近はいろいろなことが混乱しているようです。 

とくに昔の住所録をみた後などに、

「さあ、今からちょっと出かけてくるから」と言って、

コートを着て帽子を被りバッグを掛けて出かけようとします。

母の姉妹の所に行こうとするのですが、

「どうやっていくのかわかるの?」と聞くと

「わからないけど、とにかく行かなければならない」と威勢がいいのです。

落ち着いて話をすると、

すでに皆、亡くなっていることに母は気が付きます。

伯母たちもみな長命でしたが、兄弟姉妹は今はもう誰もいません。


気が付くとしばらくしんみりして「ああ、そうだったね。」と言い、

でも自分が生きていることがわかると、

百歳まで生きようと自分に気合を入れています。

この「自分に気合を入れる」というところが母の強みなのだなあと実感、

そしてその性質をうらやましくも感じています。


今日のバラと夕日です。
e0288951_22171924.jpg


e0288951_2219342.jpg


e0288951_22192974.jpg


e0288951_222041.jpg


e0288951_22204010.jpg

by gutsuri | 2012-11-09 22:50 | 介護 | Comments(0)

パワーカードから

木曜日と土曜日と続けて母と外出、

母も疲れたでしょうが私も気疲れしました。

家にいるときには母のボケ具合はそれ程気になることもありません。

まあ、いつものことだわね、くらいで済むのですが、

外出すると気が気ではありません。

人様に迷惑をかけるのではないかとそちらに気持ちが行ってしまいます。

10月になって母が衰えてきたなあと感じます。

外出時は特にそう思います。

そう思っていると母は急に元気になって、

やる気一杯の態度になったりします。

アップダウンがあるのでしょうね。 

でもそれも下降線上です。


今日は秋晴れの良いお天気。

午後から庭で落ち葉を拾ったり、

クロッカスとヒヤシンスを植え付けたりしました。

母もポーチのベンチに座っていましたが、

「日差しが強くて日焼けする」と言って部屋に戻りました。

笑ってしまいました。 

太陽は健康の源。

日焼けするって言ったって11月の日差しです。

なーんて思いながら、一人で気持ち良く庭で身体を動かしていたら、

昨日からの疲れもどこかへ飛んで行ったみたいです。

土を触ったり、

バラの新芽にアブラムシが、葉っぱに青虫が付いていないかチェックしたり、

のんびりと外の風に当たりながら身体を動かすのは一番のリラックス方法です。

気持ちの良い午後でした。 

しあわせなひと時でした。


そして今日もルイーズ・ヘイのPower Thought Cards から一枚(表と裏です)

e0288951_22563116.jpg


e0288951_22565996.jpg



by gutsuri | 2012-11-04 23:18 | 介護 | Comments(2)

99歳で要介護1です

今日は良いお天気でした。

薄曇りで、富士山はぼんやりとしかみえませんでしたが、

気持ちの良い秋の一日です。

カメラを持って近所をお散歩です。

写真はたくさん撮ることが上達の第一歩だそうですから、

充電はしっかりとしましたよ。

歩いていると汗ばんできます。

犬のお供がちょっとうるさく感じますが、

一人で散歩するよりお供がいたほうがいいですね。


昨日は母と出かけたので、母が疲れているのではないかなあと気になったのですが、

今朝は母は元気で新聞を読んでいました。  

さすがですね~

先日の介護認定では、

母がまだしっかりしていて元気だと周囲が認めたので

「要介護1」の決定が出たのだと思っています。

99歳で要介護1ですよ・・・

私はこれが追い風として母を応援してくれるようになることを期待しています。

今の母は要介護1の状態であり、

歳は取っていてもまだまだ大丈夫だということ。

引き寄せの法則というものがあるのなら、

「要介護1」に見合った健康を、母が引き寄せていることになります。

「要介護1」という状態を宇宙に発信して、そしてそれに見合った元気な身体を母が受け取る。

なんと素晴らしいことでしょうか。


もし「要介護2」になっていたら、

気持ちの上で「やはり老化は進んだのね。」と納得して

身体もそれに沿って老化し、老化の相乗効果になったかもしれません。

「要介護1」で良かった。 本当にそう思います。

さあ、この冬も無事に乗り切りましょう。


e0288951_17481370.jpg


e0288951_2247988.jpg


e0288951_2248728.jpge0288951_22481813.jpg

by gutsuri | 2012-10-26 23:11 | 介護 | Comments(0)