2017年 11月 19日 ( 1 )

コップに水が半分入っています


身の回りの出来事に対して、それをどのように受け取るかということ。

スピリチュアルで、よく例に出されることは、

水が半分入ったコップが目の前にあるとして、

それを、「半分しかない」と受け取るか、

「半分入っている」と受け取るか、

同じものを見ても受け取り方はいろいろだということ、

そのことを10月に奈良に行ったときに体験しました。


e0288951_21302458.jpg


先月奈良に行ったときに泊まったホテルで、

私はそのホテルに2泊しましたが、

そこは街中のホテルでしたが、ラッキーなことに温泉付きでした。

部屋での入浴は味気ないので、私はこの温泉風呂がとても嬉しかったのです。

初めの日に温泉につかっていると、80代と思われるご婦人に話しかけられました。

「温泉は気持ちが良いけれど、ここは露天風呂がないのよね~ 

私は露天風呂が好きだからそれが残念なのよ」とおっしゃいます。

「そうですね~ でも、サウナと水風呂がありますよ~ 

私はサウナが好きなので嬉しいです」と答えました。

「でもやっぱり温泉には露天風呂がなくてはね~」とそのご婦人はおっしゃいます。


e0288951_21314235.jpg


次の日、脱衣所で「良いお風呂でしたね~」と傍にいた同年代の方に話しかけると、

「露天風呂がありませんでしたよね~」と言われました。


このホテルは、街中の普通のシティーホテルで、温泉を売りにしているのではありません。

付近に温泉は出ていないから、頑張ってどこかから温泉を運んでいるのでしょう。

駅のすぐそばにあり、橿原神宮は皇室とご縁がある神社と聞いていますから、

26年と28年には、天皇皇后両陛下がこのホテルにお泊りになっています。


普通のシティーホテルに温泉が付いていたので、

私はラッキーと思いましたけど・・・

いろいろな受け取り方があり、

感じ方は本当に人それぞれなのだと実感しました。


e0288951_21311694.jpg


世の中はバラエティーに富んでいて、それが社会の多様性を育んでいる・・・

そうとらえることもできますから、

これはこれで良いのでしょうね・・・きっと・・・




e0288951_21305117.jpg




みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!










by gutsuri | 2017-11-19 21:37 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri