2017年 06月 12日 ( 1 )

多花性で花持ちが良いバラ

良く咲くバラのポンポネッラ・・・

2005年ドイツ作出のバラ、2006年ADR賞受賞ですから、育てやすいバラです。

レオナルドダビンチを小振りにしたようなバラですが、もうそろそろ終わりですね。

e0288951_20175049.jpg
多花性で花持ちが良いところもレオナルドダビンチと同じです。

たくさん咲いて庭を彩ってくれて、可愛いけれど、パワフルな姿からたくさんの元気をもらいました。


レオナルドダビンチも今咲いているのは数輪だけ・・・
e0288951_19461611.jpg
この二つのバラのおかげで、庭がにぎわいました。

バラの花は咲いてこそ・・・嬉しいですからね・・・・・こういう見方もできますから、

虫にも病気にも負けず、逞しく咲いてくれたこのバラに感謝です。

花殻を切り取って、スッキリ・・・


無農薬でバラを育てるときには、

バラの葉が茂りすぎると、病気や虫の原因になるので、

適当に葉を切り落とし、風通しが良いようにしています。

三つあるアーチの一つは、片側がレオナルドダビンチ、もう片側がモナリザの微笑み・・・

共に生育旺盛のバラで、枝をどんどん伸ばし、葉をたくさんつけますが、

モナリザの微笑みの方は、葉が茂りすぎて、今年はハダニが発生・・・葉をかなり切り落としました。

レオナルドダビンチも葉が茂るのですが、ハダニとは縁がありませんでしたね・・・

ローメンテナンスのバラですね・・・そしてたくさん咲いて見事です。

レオナルドダビンチとポンポネッラは、多花性で花持ちが良いバラですよ。

レオナルドダビンチというバラの名前を初めて聞いたときに、すごい名前のバラ~と思いましたけど、

本当に、すごいバラ~と思います。

まあ、好みもありますけどね・・・


レオナルドダビンチと聞くと、モナリザの微笑みを思い浮かべますが。

私はこの絵が向きなのですよ・・・

「レオナルドダビンチ ほつれ髪の女性」の画像検索結果




みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!



by gutsuri | 2017-06-12 21:14 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri