2017年 06月 04日 ( 1 )

バラの蕾にミカドフキバッタ

昨日アップした美しいバラ、大輪のローズポンパドール、

美しくて逞しいバラ、今たくさん蕾を付けていて、これから楽しみなバラ・・・
e0288951_20135090.jpg
今日、バラの写真を撮っているときに、

この蕾に、ミカドフキバッタベビーがいたのです。
e0288951_20185396.jpg
蕾の花びらをかなり齧っていますね~
e0288951_20210503.jpg
ガッカリですね~

ミカドフキバッタベビーは、草食昆虫なので、まあ、困ることもあるのですが、

今はミントの葉が蔓延ってきて、柔らかい葉がたくさん出てきているので、

ミントを食べてくれたらいいなあ~と思っていたところ、

バジルを取りに行くと、バジルの葉が齧られていて、葉っぱにミカドフキバッタがいたのですよ。

バジルは美味しいですからね・・・

君はなかなかグルメだね~   困ったものだわ・・・


今日きれいに咲いている他のバラの写真を撮って、

ローズポンパドールのところへ戻ってみると、

ミカドフキバッタベビーは、そばのイチジクの葉っぱにいました。
e0288951_20330855.jpg
お腹いっぱいになったのでしょう・・・バラの蕾のご馳走をたくさん食べたから・・・


そのあとで、ローゼンドルフシュパリスホープというバラのところへ行くと、

そこにもミカドフキバッタベビーがいて、
e0288951_20393377.jpg

そのそばにはカマキリベビーがいるではありませんか・・・
e0288951_20411145.jpg
今年初のカマキリベビーです・・・お尻を上げているからハラビロカマキリベビーですね・・・

今はアリくらいの大きさですが、すぐに大きくなりますよ。

二匹は向き合っていましたが、ミカドフキバッタベビーは向きを変え、
e0288951_20455994.jpg
カマキリベビーは小さいながら、かまえて威嚇しているように見えます。


そうでした~

この庭は、食べたり食べられたりの世界が出来上っているのでした・・・

ミカドフキバッタがバラの蕾を齧ったからといって、心配することなどありませんね。

そのうち、オオカマキリベビーもたくさん出てくることでしょう。

虫のことは虫にお任せでした・・・


昨年の庭のバラのようすを知ろうと、昨年の写真を見てみると、

バラの写真はあまりなくて、大部分は虫たちの写真で、驚きました。

その時の私の興味は、虫に向いていたのですね・・・

まあ、バラがきれいなのは5月がメインで、

それ以後はバラはそれほど咲きませんから、それもありますが、

それにしても、虫の写真がたくさんで自分でも驚きました。

これからこの小さな庭で、虫たちの命を懸けた戦いが始まります。

その瞬間瞬間に生命がかかっています。

虫たちの世界も大変ですね・・・


今日、きれいだったバラ、ソニアリキエル
e0288951_21075575.jpg


みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!



by gutsuri | 2017-06-04 21:08 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri