2017年 05月 26日 ( 1 )

シラン、いろいろ

今日は雨・・・

ファンタンラトゥールのアーチのバラが雨を含んで、

うなだれて雫を垂れています。

雨が上がったら、咲き終わった花殻をとらなくてはなりませんね。

ファンタンラトゥールは、もう少し、楽しませてくれそうです。


雨が降るとよくわかるのが、

バラの花首が強いかどうか・・・このことがはっきりと目に見えてわかるのですよ。

雨を含まなくても、大輪の花が咲くだけで、うなだれてしまうバラもあります。

花首が強いかどうかは、花持ちが良いかどうかにもつながっているように思われますね・・・

我が庭で、花首が弱いNo1は、レディーヒリンドンです。
e0288951_10500691.jpg
金華山という別名があるオールドローズ、

独特の表情を持っていて、見るたびに魅了されますが、

花首が弱いですね・・・それもまた個性ですけどね。

この表情でお顔をあげて咲いていたら・・・

やはり、バランスがあるのでしょう・・・


今日は雨ですから、バラもお休みしているようです。

先日、シランがきれいだったので、その写真をアップしますね。

庭にシランは3種類植えてあり、そして斑入りシランが1本あるので、計4本。

斑入りシランは先日アップしましたから、今日はシラン3種のご紹介です。

バラの根元の日陰になる場所にシラン3種を植えています。

日陰ですけど、それなりに咲いてくれますよ。

涼しげな薄紫のシランです。
e0288951_11200522.jpg
シランというだけあって、欄のお花ですね。
e0288951_11205576.jpg

こちらは多分、口紅シランという名前だったような・・・
e0288951_11215583.jpg
可愛い感じのお花が咲きます。
e0288951_11224261.jpg

こちらはよく見かけるシランです。
e0288951_11234953.jpg
なかなかおしゃれな花ですね。
e0288951_11260081.jpg


みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!



by gutsuri | 2017-05-26 21:00 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri