2017年 05月 24日 ( 1 )

アルバセミプレナ

アルバセミプレナというバラは、

白くて野ばらのような趣のあるバラです。

16世紀以前にヨーロッパに紹介された古いバラ・・・

文字通りのオールドローズですね・・・

野性的で自然な感じで、でも可愛さを秘めた花をつけるこのバラが、私は好きなのですよ。
e0288951_20324890.jpg
灰緑色の葉っぱもちょっと面白い感じがして、

虫が付きにくいのは、この小さなトゲトゲがあるからでしょうか・・・
e0288951_20363286.jpg
他のバラの比べて、アブラムシなどの害虫が付きにくい感じがします・・・

もちろん、虫はつきますが、他のバラに比べれば少ないですね。
e0288951_20391715.jpg
毎年それなりに咲き楽しませてくれます。

樹勢は強く花付きも良いのですが、

葉の勢いがすごいので、咲いた花を隠してしまいますよ。
e0288951_20440865.jpg
今日のアルバセミプレナです。
e0288951_20465743.jpg

ハナアブはアルバセミプレナの花の中を転げ回って

花粉を身体中にくっつけて喜んでいます。
e0288951_21032399.jpg
こちらでも・・・
e0288951_21042209.jpg
絢爛豪華なバラはたくさんありますが、

アルバセミプレナほど虫をひきつけるバラはありませんね。

そして、花が終わった後の赤くて細長いローズヒップがとてもきれいです。

1月末から2月にかけて、寒い中、食べ物がなくなった鳥たちがやってきて、

あっという間にローズヒップを平らげてしまいます。

ローズヒップは栄養満点ですからね・・・鳥たちは健康そのもの・・・

このバラは400年にわたって愛されて今に至っていますが、

それが何となく理解できるような気がします。


今あるたくさんのバラたち・・・数えきれないほどの素晴らしいバラがありますが、

100年後200年後はさて、どうなっていることでしょうか・・・


アルバセミプレナは、愛らしくて自然を感じさせてくれるバラ。

心惹かれますね・・・




たまにはバラ以外のものを・・・ラベンダーが元気になりました・・・半分枯れていました・・・
e0288951_21160204.jpg


みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!



by gutsuri | 2017-05-24 21:17 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri