2017年 05月 11日 ( 1 )

ローズポンパドール

5月に入って、ローズポンパドールの蕾が一つだけですが、少しずつ膨らんできて、
e0288951_22352122.jpg
ようやく開花しました。一つだけですよ~
e0288951_22364572.jpg
3月末には7~8個の蕾が見えていましたが、

咲いたのは一つだけです。

外壁塗装の邪魔をしたらいけないと、3月末から4月中旬にかけての3週間、

庭にはあまり出ることが出来なかったので、仕方ないのですよ~

バラゾウムシが活躍したようですね。

でも、ローズポンパドールのバラは四季咲きのバラなので、

新芽の蕾がダメになったところからは、またすぐに新しい芽を出してきて、

その枝が伸びてきて、小さな蕾が見えてきました。
e0288951_22384166.jpg
5月末から6月にかけて・・・だいぶ遅れますが・・・咲いてくれそうです・・・

良かった~


「日本のような高温多湿の環境では、無農薬でバラを育てるなんて無理なこと。

バラもかわいそう~」

このような意見をときどきネットで見かけます。

この意見は的を得ていて、もっともな意見だと思います。

正しいことを言っていますよね。

私も本当にそう思います。

日本の過酷な夏をバラがどう乗り切るか、これに気を遣いますからね。


8個もの蕾を確認していながら、咲いたのは一つですから、

このような時に、私って何をしているのかしら・・・などと、

自分のしていることをつい疑ってしまうのですよ~

まあ、来春は、もう少しバラに目をかけてあげられるので(今のところはその予定です)

これほど打率が低いことはないでしょう。

蕾の開花率7割くらいを目指そうと思っていますよ~


バラの美しいお庭はたくさんあります。

目を引きますよね。

きれいに整ったバラのお花が咲き乱れているその豊かさ。

憧れますよね~


そうして、ふと我に返って我が庭を見まわすと、

そこには見慣れた私の小さな庭が、生き生きとして5月の顔を見せています。

自然な感じで、風に揺れていて、それなりに咲いてくれる花々・・・

まあ、このような庭があっても、このようなバラがあっても、

良いかもしれないなあなどと思いながら、

もうじき現われるであろうカマキリベビーを待ちわびています。



芍薬が咲いています。3輪ほぼ同時に咲きました。
e0288951_20360083.jpg
向いているいる方向がみんな違っているので、写真が撮りにくい・・・
e0288951_20362323.jpg


みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!


by gutsuri | 2017-05-11 21:00 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri