百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

2017年 05月 07日 ( 2 )

今日の午後、庭に立っていると、

何かがふわ~っと飛んできて、すぐそばのクレマチスの枝に止まりました。

飛び方がソフトな感じだったので、何の虫かしら・・・と、注意してみると・・・

どうも、アオメアブのようです。
e0288951_21100965.jpg
小さいので、まだ子供だと思いますが、

アオメアブって、虫の中で最強だと言われているのですよ~

スズメバチをも捕まえるのですって・・・すごい猛者なのです・・・


昨年からときどき庭にやってきます。

アオメアブは、白いひげを生やし、

緑青の大きな目をしていて、

リュックを背負ったように背中にこぶが出来ているお爺さんのような虫。

昨年始めて見たときに、このように思いました~

数日前にもアオメアブを見ましたから、時々はやってきているのでしょう。

4月28日のアオメアブです。
e0288951_23225625.jpg

アオメアブは人に興味はないようです。

ばっさばっさと作業をしていても動じませんね。

肉食昆虫の上位に君臨しています・・・さすがです・・・


アブラムシもたくさんいますが、

この5月の庭をいろいろな虫が、生を謳歌して闊歩しています。

文字通り、エネルギー溢れる庭になっています~



e0288951_21233884.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





by gutsuri | 2017-05-07 21:27 | 庭の虫たち | Comments(2)
昨日、庭仕事をしているとき、

バラのアーチの上の部分の蕾には、アブラムシの被害はないかしら・・・と、

脚立に乗って調べていると、

バラの枝に小さな蜂の巣が出来ていて、その巣を守っているハチがいました・・・
e0288951_20115975.jpg
バラの枝にはときどきハチの巣が出来ることがあり、それほど驚きませんし、

これくらい小さなハチの巣ならば、私で何とか処理できると思っても、

ハチが巣を守っている状態では手は出せません・・・

何度も何度もそこを見ましたが、そのたびにハチが巣にくっついているのですよ~

e0288951_20092631.jpg
アシナガバチか何か・・・大き目のハチでした。


今朝、この枝を見ると、まだハチがくっついて巣を守っています。

何度か見に行き、午後見たときには、ハチが留守・・・
e0288951_20175275.jpg
今がチャンス!と、袋に手を入れハチの巣を取り除きました。

小さなハチの巣ですから、簡単です。

アシナガバチさんには申し訳ないけれど、

バラの枝に巣を作るのはご遠慮願いたいですね。


庭にはたくさんのハチがやってきます。

ミツバチ、クマンバチ、アシナガバチ、スズメバチのような恐そうなハチも・・・

いろいろと飛んでくるのですよ。

ハチの名前は詳しくないですが、たくさんの種類のハチやアブがやってきます。

が、ハチやアブは、人間に興味を示しませんから、

それほど恐い相手ではありません。

ハチが興味を示すのは、もちろん花ですよね・・・

そして、アシナガバチのような肉食系のハチは、

バラを育てている私にとっては益虫でもあるのですよ~

アオムシなどを団子にして食べてくれますからね。

ハチの邪魔をしなければ、ハチは人を襲いません。


先月、私がこげ茶色の冬の帽子をかぶっていると、

ハチがまっすぐに私のところへ向かってきましたから、

慌てて春夏用の白い帽子に変えました・・・

そして、着るものも庭では白っぽいものを着るようにしていますよ・・・ハチ対策です・・・


巣に戻ってきたハチは、巣がないので慌てたでしょうね・・・

こんな危険なところには、巣は作れないとわかったでしょうか・・・


ハチがハチの仕事をするだけなのはわかっていても、

バラの枝に巣を作られると困ります・・・


ハチさ~ん、子育てはどこか広いところでお願いしますね~



クレマチスです。
e0288951_20351795.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-05-07 20:19 | 庭の虫たち | Comments(0)