2017年 05月 03日 ( 1 )

グラウンディングとアーシング

グラウンディングやアーシングという言葉は、最近、ときどきは耳にすることがあります。

グラウンディングとはgrounding,

アーシングとはearthing,

という単語からきていますから、

グラウンディングやアーシングとは、

地面にしっかりと足を付け、

地球にどんと腰を下ろして、

周囲の自然を肌で感じ、

春夏秋冬の移り変わりを意識しながら、

土と交わり、草木に触れ、花を愛で、

風を感じて、雨に潤い、雲の動きを目で追い、

そして、お日さまに感謝する・・・

と、まあ、このようなことだと思っています。

早い話、周囲の自然と親しむこと。

そうすると身体が喜びますし、何より気分が良くなります。


特に、5月は、外にいるととても気持ちが良いですから、

グラウンディングやアーシングを意識しなくても、

若葉に触ったり、泥いじりをしたり、海に手を浸してみたり、花の香りをかいでみたり、

自然にこのようなことをしていますよね・・・

私は、自然と親しむことが一番の健康法だと思っています。

人はそれぞれ好みが違いますから、人それぞれの健康法があることと思いますが、

自然の中に入ると気分が良くなることは、みんな感じていますよね。


砂浜や芝生を裸足で歩く健康法にあこがれていますが、冷え性の私には難しそう・・・

そこで、出来る範囲でグラウンディングとアーシングを楽しんでいます。

芝の草抜きもグラウンディングで、

アブラムシを払い落とすのも多分そうなのかな・・・

庭の虫たちと仲良くするのもグラウンディングで、

砂浜に腰をおろしたり、夕日を眺めたりするのも、きっとそうですね・・・


そして、木蓮の木の下に、ガーデンチェアを持っていき、

木漏れ日の中で座っています。
e0288951_21013182.jpg
ときどき、木蓮の幹を手で触りながら、その感触を楽しみ、

本を読んだり、お茶を飲んだりしたいですね~

早くしないと蚊が出てきますね・・・



クレマチスが咲いています。
e0288951_21103151.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-05-03 21:04 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri