百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

2017年 04月 17日 ( 1 )

足場が組んである3週間の間、

庭に出ても、塗料のにおいが気になり、

余りにおわない塗料だと言われたのですが、

やはりいつもとは違う空間でした。

私がこのように感じるのだから、

センサーが優れた虫たちは、庭から逃げ出してはいないかしら・・・と、

ちょっと心配になりました~


キリギリスベビーが姿を見せてから、庭の春は始まるのですよ。

キリギリスが姿を見せなければ、春にはなりません。

お昼どき、作業の方がいないときに、外に出て、

キリギリスが居そうなところを探すのですが、

見つけることが出来ませんでした。


4月13日ようやく、赤バラのパパメイアンの新芽にいるキリギリスベビーを見つけました。
e0288951_18370678.jpg
いつものとぼけた顔が見えますね。
e0288951_18380197.jpg
これでようやく庭に春が着ました~

芍薬の蕾にもキリギリスベビーがいましたよ。
e0288951_18403885.jpg
キリギリスは幼虫の間は草食で、クレマチスの花びらが好物。

まだ、クレマチスは咲いていませんから、何を食べているのでしょうか・・・

小さな花は、あちらこちらに咲いているので大丈夫でしょう。


そして、ハナアブ
e0288951_18452738.jpg
ナミテントウ
e0288951_18461573.jpg
ササグモの姿もありました。
e0288951_18465939.jpg
少しくらい塗料が臭っても、生き物は逞しいですね。


やうやく足場がなくなり、いつもの庭に戻りました。

やらなくてはいけないことがてんこ盛り!

まあ、どうにかなるでしょう~




e0288951_18505783.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!






by gutsuri | 2017-04-17 18:56 | 庭の虫たち | Comments(0)