2017年 04月 15日 ( 1 )

ピース、ピースと鳥が鳴く

今日、午前中に、昼食用にパセリとルッコラを収穫しようと、

キッチンバサミとざるを持って庭に出ました。

外壁塗装の足場がまだ組んであり、

その陰になっているパセリを気を付けながら切り取っていると、

ピースピース、ピースピースピースと大きな声でさえずっている鳥がいます。

すぐそばでさえずっているようです。

平和活動家の鳥がいるものだと、しばらく聴き入っていましたよ~

新入りの鳥かしら・・・

初めて聴くさえずりだと思いながら、調べてみたところ、

どうもシジュウカラの鳴き声らしいのです。

シジュウカラは昨年もたびたび庭で見かけている小鳥です。

スズメくらいの大きさで、どこにでもいる小鳥のようで、メスは地味な色合いですね~


とすると、今は春!

きっとオスがメスを呼んでいるさえずりかもしれません・・・

何とオシャレな呼びかけでしょう。

シジュウカラのオスは、ピース、ピースと囀ってメスを呼んでいるのでしょうか。

一緒になって世界を平和にしようよ・・・

このようなことを囁くなんて、シジュウカラのオスは賢いですね。

子育てにとって平和は何より大事だと、メスは知っていますから・・・


調べているときに、チェリストのパブロ・カザルスの言葉を知りました。

「私の生まれ故郷カタルーニャの鳥は、ピース、ピース(英語の平和)と鳴くのです」

平和活動家のカザルスは94歳の時に国連で「鳥の歌」を演奏し、

「カタルーニャの鳥はピースピースと鳴く」は、その時のスピーチだそうです。






4月6日のプルモナリアです。
e0288951_15315778.jpg

みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-04-15 16:00 | 自然とのつながり | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri