百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

2017年 04月 13日 ( 1 )

この時期、買い物などで近場を車で走っていると、

見慣れている山が色づいていて、とても美しいのですよ~

秋でもないのに山が色づいているのです。

このような感じです~
e0288951_13544843.jpg
秋の紅葉を錦の織物と言いますが、春のこの色合いもそれに真似て言いますと、

春のこの錦の織物は、常緑の木々の緑色の間に、白や薄いピンクの桜が咲いていて、

落葉樹が黄緑色の新芽を芽吹き始めている・・・

秋の錦の織物にも負けないくらい、

春色のこの織物は、生命のエネルギーをたくさん織り込んでいるので、

これから成長していく未知の力が溢れていますよ。

秋の赤色や黄色の絢爛豪華な織物は、収穫の豊かさを現していますが、

春のこの錦の色は、これから起きるエネルギーの爆発を知らせているように思います。

改めてこうしてみると、山には桜の木が多いのですね~
e0288951_14104874.jpg
この写真の山だけがこのように色づいているのではなくて、

この辺りの山は、この時期みなこのように色づいています。

山に桜の木がたくさんあるのですね。

そういえば、桜山というバス停もありましたよ・・・


先日ネットで知ったのですが、

明治時代の養蚕農家が、自分の山に花木をたくさん植えて、

代々花木を植え続けてきて、

今では観光名所になっているほど美しい山に育ち、

毎年たくさんの人が訪れる山があるそうです。

また、数年前に吉野山の桜を見に行った人の話を聞きましたが、

もう少し色艶やかな美しい山のようですね。

山全体が桜色に染まっているそうですよ。


私が住んでいるこの辺りは、大島桜の自生地のようで、
e0288951_14513231.jpg
たくさんの大島桜を見ることが出来ます。

山桜の大部分は大島桜なのかもしれませんね。

大島桜は純白の花ですから、
e0288951_15024847.jpg
山が白っぽくみえるところは、大島桜が咲いているのです。


春のこの時期だけ、山全体がエネエルギーに包まれ、

燃え上がるかのような感じさえ受けるのですよ~

今のこの時期だけの素晴らしい景色です。

楽しんでいます。
e0288951_14551505.jpg


みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-04-13 15:10 | 自然とのつながり | Comments(0)