百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

2017年 04月 07日 ( 1 )

雑草という草はない

ときどきお邪魔するブログが幾つかあって、

そのひとつのブログで、昨日「雑草という草はない」と言う一文が記事の中にありました。

そのブログ主が早朝の散歩をする道の途中にお寺があり、

そのお寺の門にはいつも、なかなか良いメッセージが書かれていて、

そのメッセージをブログに載せてくださいます。


それは本当に、肩ひじ張らない何気ない言葉なのですが、

普段私たちが忘れていること、

忘れているのだけれど、それは根本のところに根差している大事なこと、

これに気付かされる言葉なのですよ~


あれもこれもと、私たちは自分のことを優先で日常を過ごしていますから、

そして、そのような目線だけで物事を見る習慣が身についていますから、

その上、自分のそのような目線に気が付いていないことが多く、

そちらのブログで、そのお寺の言葉を見るたびに、

ハタと気が付いて、

「そうだった~」と忘れ物を見つけた気分になるのです。


先月のこと、

「オオイヌフグリが一面に咲いていて、そこらじゅう一面が青一色で、すごくきれいだった」 

散歩から帰ってきた夫のこの言葉を聞いた時に、

芝生に咲いていたオオイヌフグリの可愛い花が思い浮かびました。

オオイヌフグリは小さくて可愛い花ですね。

でも・・・私にとっては雑草です。

ときどき見つけますがすぐに抜いてしまいます。

この小さな庭には、オオイヌフグリのスペースはないのですよ・・・


暖かくなってくると、草の伸びも早くなり、まめに抜かなくてはなりませんが、

伸びてきた草を雑草とひとまとめにして呼ぶのではなくて、

せめて名前だけでも、知っておこうかな~などと思っています・・・


雑草はどれもみな逞しいです。

ほんの少しの土とかコンクリートの割れ目などがあれば、

そこから草が大きく伸びています。

あの逞しさは見習いたいですね。


草の名前はほとんど知らないので、調べてみるのも面白そうです。

虫の名前は調べるのに随分と時間を取るのですよ。

何も知らないところから虫のことを調べていますから、

調べるのに時間がかかるのです。

最近ようやく、調べ方の要領のようなものが見えてきたように思いますが、

それでも、名前のわからない虫の写真がたくさんあります・・・

虫に比べると草の名前は調べやすそうです・・・



この春はクレマチスは早く咲きそうです。蕾が膨らんでいますよ。
e0288951_16080623.jpg
リキュウバイも桜が咲くころに咲いてくれます。オオシマザクラに似ています。
e0288951_16103858.jpg
バラ(ベンジャミンブリテン)にハナグモがいました。
e0288951_16151584.jpg


みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-04-07 07:00 | 自然とのつながり | Comments(0)