2016年 12月 12日 ( 1 )

ウインドサーフィン

先週の金曜日はとても風の強い日で、

洗濯物を外に干すのが躊躇われるくらいに強い風が吹き荒れていました。

海面には白波がささくれ立っていて、

咲いているいくつかのバラの花が、海からの風にあおられて大きく揺れていました。

その日、海沿いの道をドライブしていると、

逗子や鎌倉の海では、たくさんのウインドサーフィンが滑るように海の上を走っているのが見え、

このように風が強い日にウインドサーフィンを楽しむ人たちは皆、上級者なのでしょうが、

セールがカラフルで鮮やかで、その色が海に映えて、

まるで海にはたくさんの蝶々が飛び跳ねているようにきれいでした。

たくさんの人がウインドサーフィンを楽しんでいましたよ~


30年前には我が家にもウインドサーフィンを楽しむ人がいて、

その時のことを思い出しました。

寒いときにはウエットスーツではなくてドライスーツを着ていましたね・・・

車の屋根にボードやセイルを積んで海に行き、

ウインドサーフィンを楽しんだ後は、海水がしたたり落ちているセールとボードを車に積んで帰り、

家に着くとセールとボードを下してから

水道の水で車についた海水を洗い流すことをまず一番にしていました。

それでも、その頃の車の助手席のドアには、塩害でやられた錆びた穴が開いていて、

パテのようなものでその穴を塞いでいたように思います。

それからセールやボードを水道水で洗い流し、

セールは広げて干し、そしてようやく、自分のことに取り掛かれるのです。

寒いときには、すぐに温かいお風呂にドボ~ンでした~


私も一度だけ、ボードに立とうとしたことがありましたが、

ボードに立つことが大変なのですよね。

立ったと思ったら海に落ちます・・・

3回トライしてあきらめたことを覚えています・・・根性がないですね~


ウインドサーフィンは運動量が大きいので、海の中でも寒くないのだそうですよ。

ドライスーツの下には、古い肌着やセーターなどを着ていたようですが、

それらが汗で濡れるくらい、運動量があるのだそうです・・・


たくさんのウインドサーフィンがすごいスピードで海面を滑っているのを見ていて、

風は一定方向に吹いているのに、

ウインドサーフィンは、右に行ったり左に行ったりいろいろな方向に動いているのですから、

不思議でたまりませんね・・・


海が近いと嬉しいこともありますが、面倒なこともありますよ。

台風が来ると塩害が酷くて、

バラの葉などは茶色に変色して、ほとんど葉を落としてしまいます。

海からの風、特に冬の季節風ですが、強風が吹き荒れます。

それでもこの地に住んでいると、それらすべてに愛着がわいてきて、

その土地にはその土地の風土というものがあることがわかり、

いつの間にかなじんできたように思います。


母は87歳の時に我が家にやって来て一緒に住むようになりました。

高齢になってからあまり知らない土地にやってきて、

その地で最期を迎えました。

そこがどのような地であろうと、住めば都・・・ですよね・・・

そこで生活していると、その土地の風土に肌が馴染んでくるようです。


バラもこの地にだんだんとなじんできたように思われるのです。

潮風に強くなってきたような・・・・・気のせいかもしれません・・・


ソニアリキエルが開きました。さすがゴージャスな花ですね。
e0288951_2373344.jpg



蝶々にクリックをお願いします


バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ



by gutsuri | 2016-12-12 07:00 | その他 | Trackback | Comments(4)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri