百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー

2016年 11月 06日 ( 1 )

陽光礼讃

昨日もまた良いお天気に恵まれました。

昼食後の母のお昼寝の時間に、葉山美術館まで歩いて行きました。

片道早足で35分・・・・行きはよいよい・・・帰りは何とか・・・いささか足は疲れましたね・・・

母は昼食後は3時間お昼寝をしてくれますからその時間は出かけやすいのです。


葉山美術館では「陽光礼讃」をしていました。
e0288951_19475939.jpg

雑木林の生命・・・谷川晃一
e0288951_19532368.jpg

夢のある童話のような絵が、強烈なエネルギーを発しています。

太陽礼讃・・・自然への回帰
自分が感じた自然を描く
単純化されたフォルムと輝くような光を湛えた色彩
スピリット、精霊を感じる
単純化するだけでなく自分の中の内面化したものを描く
南国の色彩…色の中に生命が明るく踊っている

説明書きの中から抜粋しました

このような人を引き込むような楽しい絵が、たくさん並んでいて、

一瞬、南国に迷い込んだのではないかと錯覚するほど

鮮やかな色彩が発する生命の息遣いが会場に溢れていました。

やはり自然あっての生命ですから、生命の喜びがそこここに感じられます。

最近丁度、植物の持つ偉大な力について読んだばかりだったので、それが重なりました。

動物と違って動くことが出来ない植物は、人間の脳を超えるくらいの知能があるそうです。

植物は自分が今いる環境を全身で読み取って、

自分が大きくなっていくのに必要なことを間違いなくやってのけているそうです。

虫対策なども怠らずにやっているそうですから、本当に植物の知恵は素晴らしいそうですよ。

たくさんの絵を見ていると、それを思い出し、太陽と植物の会話が聞こえてくるようでした。


帰るときには夕日がきれいでしたから、思わず写真を撮りました。
e0288951_2023207.jpg

場所が違うと、趣も異なります・・・ちょっとだけですが・・・


蝶々にクリックをお願いします


バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
by gutsuri | 2016-11-06 07:00 | 葉山美術館 | Comments(0)