2016年 10月 09日 ( 1 )

10月らしい陽気になりましたが、雨は相変わらず降りますね。

10月6日に、本当に久しぶりに夕日らしい夕日が見られました。
e0288951_15816.jpg

この地は、秋冬限定で夕日を楽しむことが出来ます。

10月から2月までは夕暮れのひと時、茜色に染まった夕空を見ながらのんびりと、

夕日が沈みかけてから見えなくなるまでのその数分間、夕日を眺めて過ごしています。
e0288951_15184356.jpg

夕日が沈む位置は、一日に太陽の幅一個分づつ、左に移動していきます。
e0288951_15304829.jpg

方角で言えば、南に移動していることになります。

なだらかな山並みのシルエットが見え、

それと比べると夕日が沈む位置が移動していることがよくわかるのですよ。
e0288951_15324099.jpg

毎日左に移動していきますが、それも冬至の日までです(今年は12月21日が冬至です)。

冬至の日を境に今度は、日没の位置が右に(北に)移動し始めます・・・戻ってくるのです・・・
e0288951_1548329.jpg

日没の位置がずっと右に移動して、夏至の日になると、今度はまた左に移動するのです。
e0288951_1550182.jpg

冬至の日が最も左で、夏至の日が最も右寄りに日が沈みます・・・この地から見てですが・・・

面白いですよね~
e0288951_15502840.jpg

太陽と地球の関係って凄いと思います・・・間違えることなどありません・・・

強い繋がりがあるのですね・・・

日没の位置を見ていると、冬至がスタートで夏至が折り返し点のように見えるのです。
e0288951_1553446.jpg

夕日を見ているとそのように感じられるのですよ~

風水でも確か、植物の成長をそのように言っていたと記憶しています。
e0288951_1557572.jpg

夕日が沈むのを見ていると、不思議と穏やかな気持ちになるのです。
e0288951_16133099.jpg

たったの数分ですが、夕日を浴び、沈む夕日を眺めていると、

身体も心も芯からリラックスします。
e0288951_16324226.jpg

ひと時のヒーリングタイムですね。
e0288951_1635054.jpg


e0288951_16365845.jpg


e0288951_1637188.jpg

日没の位置は行ったり来たり動きますが、富士山を通るときにダイアモンド富士になります。

行きと帰り・・・一年に2回のダイアモンド富士のチャンスがあります・・・この前は見逃してしまいました・・・


ペッシュボンボン
e0288951_16411374.jpg


蝶々にクリックをお願いします


バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
by gutsuri | 2016-10-09 07:00 | 夕日 | Trackback | Comments(4)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。

by gutsuri