2016年 09月 13日 ( 1 )

備長炭を煮沸しました

朝夕、ちょっと涼しくて秋らしさを感じます。

夏の間、母の部屋の臭いが気になっていました。

毎朝、窓を開けて部屋の換気をしていますが、

長く開けていると部屋の温度が上がるので、せいぜい15分くらい・・・

暑くてもやはり、朝、窓を開けると気持ちが良いものです。

でも、窓を閉めると、何となく部屋に臭いがこもっているような気がして・・・・

そのような状態が続いていたのです。

母の部屋には、消臭用に備長炭が入った籠が三つ置いてあります。

備長炭を置いたのは一年半前の話で、そのままずっと置いたままの備長炭です。

炭の空気清浄の効力がもうなくなっているだろうと、

昨日思い切って、備長炭と竹炭を煮沸しました。

籠が三つと言っても、大き目の籠で、中には備長炭がたくさん入っていますから、

炭の量は半端ではありません・・・・

煮沸を何回も何回もしましたよ~

一回の煮沸は15分くらい・・・全部の炭を煮沸して再生させました。

気のせいかもしれませんが、昨夜は本当に清々しい気持ちでした。

新しい備長炭を部屋に置いた時の、あの感覚を思い出しました・・・


母はベッドの中が全世界です。

食べて、本を読んで、テレビを見て、お茶を飲み、排泄して、リハビリに励み、人と話をして、

これ全てをベッドの中でやっています。

小さな部屋では、いろいろなにおいが混じりあい、布などにしみ込んでいて、

衣類やタオルケットなどを洗っても、

部屋にしみ込んでいる独特の・・・まあ、その部屋の個性のようなものかもしれませんが・・・

このにおいが消え、清々しさを部屋で感じるようになると、

プラスのスパイラルに、また一つプラスの要因が増えると思われるのですよ。

私はその空気の違いがはっきりと感じ取れますが、母はどうでしょうか・・・

籠に入った炭を母に見せると、

「それはあそこに置いてあったから、あそこに置いてちょうだい」と置く場所を指図しました。

何のために炭を置いているかは、まったく気にかけていないといったところです・・・

母のために買った空気清浄器は押入れに入ったままで、

私はどうも炭の方が好ましいと思えるのですよね~

まあ、好みの問題ですけどね・・・

煮沸すれば、炭は何度も効力を発揮するそうですから、

効力が落ちてきたと思ったら、また煮沸するつもりです。


ハナショウガです
e0288951_2246495.jpg



蝶々にクリックをお願いします


バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ




by gutsuri | 2016-09-13 07:00 | 竹炭、備長炭、菊炭 | Trackback | Comments(4)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri