百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

2016年 07月 20日 ( 1 )

19日火曜日にいつもの往診がありました。

熱中症対策には本当に気を付けなくてはいけないのですね。

水分補給は少しづつでもいいので、まめに水分を取ることが大切です。

先生からいろいろと教えて頂きましたから、

これからは母が熱中症で苦しむことがないようにします。

母の部屋の温度は25度を超えることがないので、

涼しい部屋にいる母は、熱中症とは無縁だと考えていました。

が、さに非ず、涼しい部屋にいても、外の暑さを身体はしっかりと感じているそうですよ。

梅雨が明けると本格的な暑さがやってきます。

涼しい部屋にいても、眩しいほどの力強い太陽の輝きが目から入ってきます。

外の暑さは伝わってきますね・・・


私たちの身体は、消化のために一日に6リットルの消化液を使っていて、

それは循環してまた使われるのですが、

水分の摂取が足らなくなると、その消化液を使うことが難しくなって来るそうです。

母が昼ごはんを吐き出したのも多分そのためだと思われます。

消化力が弱まり、食べられなくなるのです。

そういえば、暑いと食欲減退しますし・・・食べたくなくなりますね~


母は丈夫な性質だからと、今までは、のほほんと見ているだけでした。

でも、百歳を過ぎてからの一年一年は、重みがありますね。

昨年はこれでよかったから大丈夫ということは、通用しないのです。

一年一年がチャレンジです。

今回の嘔吐と発熱は、母にとって体力的な消耗が大きかったようで、

昨日もほとんど一日中寝ていました。

これからは、細かいことに気を付けなくてはならないですね。

知らない世界を探検するような感じでしょうか・・・


ゴールドバニー
e0288951_1705012.jpg

モナリザの微笑みとレオナルドダビンチ、高いところで咲いています
e0288951_1712934.jpg



蝶々にクリックをお願いします





by gutsuri | 2016-07-20 07:00 | 健康 | Comments(0)