百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2016年 07月 06日 ( 1 )

昨日は涼しくて過ごしやすい日でしたが、

その前は暑かったですね。

真夏の暑さでした~

ところで、暑い夏には簡単に、豆乳ヨーグルトを作ることが出来ますよ~

温める必要がないので、混ぜるだけで簡単に豆乳ヨーグルトが出来ますから、ご紹介しますね。

用意するものは、

1.無調整豆乳(無調整です)
2.市販のヨーグルト(牛乳で作られたもの、ブルガリアヨーグルトとかいろいろな
 美味しいヨーグルトがありますね。好みの味のものを用意してください)
3.糖類(私はオリゴ糖を使っています。マイルドに仕上がるように思います)
4.ニガリ(海の塩でも代用できます。なくても良いみたいですよ・・・)

無調整豆乳500㏄に、市販のヨーグルトを大匙4くらい加えてよく混ぜます。
そこにオリゴ糖40~50ccくらいとニガリ1プッシュ入れて、混ぜます。
これだけです。
寝る前にこれを仕込んでそのまま置いておくと、朝起きたときには
、豆乳ヨーグルトが出来上っています。温める必要はありません。
今は暑いですからね・・・

市販のヨーグルトを、乳酸菌の種菌として使います。
私が自分で作った乳酸菌は、米とぎ汁を発酵させたものですが、
市販のヨーグルトの乳酸菌は、乳酸菌が洗練されていますよ。
さすがですね・・・・失敗がありません。
温度や発酵時間が多すぎたり少なすぎたりしても、美味しい豆乳ヨーグルトが出来ます。

豆乳ヨーグルトを作るときには、温度と消毒が大事だと言われています。
温度は、まあ今の暑い時期は問題はないですが、
消毒に関しては、作る容器(私はZiplocを使っています)を熱湯少々をかけて消毒すると、
見かけもきれいな豆乳ヨーグルトが出来上ります。
消毒しないと、出来上がった豆乳ヨーグルトの表面がほんのりとピンク色になっていたりします。
我が家は、食器など消毒しないですから、平気でこれを食べていますが、
きれいに作りたいなら、容器を軽く熱湯消毒をすると安心です。

出来上ったこの豆乳ヨーグルトは、大匙4くらい残しておくと、次回作るときの種菌として
使うことが出来ます。同じ要領で作ります。
我が家は母が食べやすいように甘みが強めにしてありますから、
糖類はお好みで加減してください。

夏だけの期間限定、豆乳ヨーグルトです~
暑い夏は温めなくても豆乳ヨーグルトが簡単にできます。
材料を混ぜるだけです。

腸の中にお花畑が出来るかもしれませんよ~
腸内フローラでしたっけ・・・


レディーヒリンドン
e0288951_15465372.jpg

イングリッシュヘリティッジ
e0288951_15472533.jpg

ヘリティッジは、無肥料無農薬で次々と咲いてくれるバラです。
虫の多い我が家で虫にもめげず、きれいに咲いてくれる有難いバラです。


蝶々にクリックをお願いします





by gutsuri | 2016-07-06 07:00 | 豆乳ヨーグルト | Comments(0)