2016年 06月 12日 ( 1 )

ローメンテナンスでガーデニング

昨日今日と久々に、蔓延ってきた草を抜いたり、バラの花殻切りなどをしています。

如何にローメンテナンスのガーデニングをするかということに焦点を当て、

そして、どうしたら薬を使わずに、母なる自然の懐に抱かれたガーデニングができるだろうか、

このようなことを考えながら、のんびりと外で身体を動かしました。

暑いくらいでしたが、身体を動かして汗をかくのは気持ちの良いことです。

梅雨入りをしましたが、バラが咲いています。

ペッシュボンボン
e0288951_23482730.jpg

イングリッシュヘリティッジ
e0288951_23503540.jpg

ジャスミーナ
e0288951_2351314.jpg

張り切って残っていた花殻を全部切り取りスッキリ、気持ちも軽やかに・・・

が、あら~、ちょっと違ったかしら・・・しまった!と思っても後の祭り・・・

アルバセミプレナはローズヒップが可愛くて、

1月2月には小鳥がローズヒップを食べに来るので、

アルバセミプレナの花殻は切り取らずに残しておくのですが、

何と、花殻はすべて切り取ってしまいました~

私の頭、動いていませ~ん、いつものことですが・・・

小鳥さん、ごめんなさいね・・・

ガーデニングの力仕事も2~3年前から少し億劫に思えてきました。

それまでは、腕に覚えあり・・・だったのですが、

今はとにかくローメンテナンスのガーデニングを目指しています。

バラをローメンテナンスで・・・と思っていますから、

それなりに咲いてくれればいいのです。

野に咲く花のような感じで、バラに咲いてほしいと思っているわけです。

バラが鈴なりに咲いているのは実に見事でゴージャスですが、

ローメンテナンスではそれは難しいことなので、

それなりに咲いてくれれば良いと考えています。

楽しいと思える労働の範囲で・・・

体力を消耗しない程度の労働の範囲で・・・

自分にも自然にも優しいと思えるやり方で、

10年後も20年後もバラ育てを楽しんでいたいと思っています。

今年は、バラゾウムシやある種のハムシには、手を焼きました。

小さなクモは活躍してくれていますが、

生き物の生命力というのは凄いですから、草食昆虫も逞しいです。

アガパンサス
e0288951_0422844.jpg

ラベンダー
e0288951_0433048.jpg

ローゼンドルフシュパリスホープは花期が長いです。
e0288951_0441349.jpg


e0288951_0414987.jpg



バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ

by gutsuri | 2016-06-12 07:00 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri