フェンネルはキアゲハベビーの棲み処


スイートフェンネルが今すごいことになっています。

20匹を超えるキアゲハベビーがここに棲んでいて、
e0288951_14415435.jpg


ここなら大丈夫だと思っていたフェンネルも、過密気味になっています。

パセリからかなりの数のキアゲハベビーがお引越しをしてきたからです。

e0288951_14435148.jpg

これだけの数のキアゲハベビーがフェンネルに棲んでいるのは壮観ですね。

虫に興味のある人にとってはですけど・・・

餌としての葉は足りていると思うのですが・・・

みんな元気に育っていますからね。



今朝、バラの枝にいるキアゲハベビーに気が付きました。

e0288951_14544724.jpg


この子はここで蛹になろうとしているのかしら・・・

でも、ちょっと目立ちすぎ・・・ここは安全ではない・・・

こう考えて、小さな棒を周囲に立て、スズメに食べられないようにしました。

e0288951_14593058.jpg

バラの枝にキアゲハベビーが上って行った・・・これだけでもう驚いてしまいました。

午後もう一度見ると、このキアゲハベビーが動き始めていて、もっと上に上ろうとしましたが、

さすがにトゲが痛いのでしょう・・・急降下してきて、芝の上を這いまわり始めました。

e0288951_15181451.jpg


その時ちょうど傍を通りかかった夫にそのことを話すと、

「周囲がバラの枝ばかりでかわいそうだから、

好きな枝のそばまで運んでやれば良いのではないか」と言われ、

でも、これはイニシエーションなのよ・・・蝶になるための通過儀礼なのよ・・・

こう思いつつも、見ているだけで汗だくになるほどの暑さに、

玄関に置いてあった透明のファイルでキアゲハベビーをすくい上げ、

メドーセージの根元に置きました。

しばらくしてみるともう姿はありませんでした。

メドーセージの枝に上って行ったと思われます・・・


昨日、一昨日と、涼しかったこともあって芝の草抜きをしていたところ、

大きなハチが飛んで来て、バラの枝にいたハラビロカマキリの子供を捕まえようとしました。

ハラビロカマキリはカマを振って応戦し足早に逃げ助かりましたよ・・・

そのあと、また、大きなハチが飛んで来て、

フェンネルにいた小さなキアゲハベビーをさらっていきました・・・

そうそう、アシナガバチなどは芋虫を団子にして食べるのでした~

そして、ハチもハチの巣にはベビーが待っているのでしたね。



ブッドレアにミカドフキバッタ
e0288951_16090201.jpg

右側にミカドフキバッタがいます・・・
e0288951_16094648.jpg



バラの蕾にカメムシ
e0288951_16123544.jpg


蕾を食べているのではないようです。
e0288951_16132794.jpg





e0288951_16152120.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/25978455
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gutsuri | 2017-08-13 17:00 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri