カマキリの助っ人、登場です

バラ、ニュードーンの花が咲き終わったので、

午後から伸び放題だったニュードーンの枝を刈り込みました。

枝をどんどん伸ばし、花を次々に咲かせ、花期も長いので、
(一か月近く咲き続けますが、一つの花の花持ちは1~2日位です)

枝葉は茂る一方です・・・思い切って刈り込み、すっきりです。

高いところは、脚立に乗って・・・2段の脚立なので大したことはありません。

これ以上は枝を伸ばさないことにしています。

ニュードーンは、虫にも強く病気にもならず、本当にローメンテナンスのバラですが、

花が咲き終わった後には、枝の整理をしたほうがいいですね。

これがちょっと面倒かもしれません・・・

が、これをしないと、バラのジャングルの出来上がり・・・

我が家の小さな庭を全部覆ってしまいそうです・・・

1997年に世界バラ殿堂に選ばれているニュードーン、

日陰にも強く病気や虫にも強いローメンテナンスの素晴らしいバラですが、

花後の手入れは必須ですね。



無農薬でバラ育てをしていますから、

庭の隙間のあちらこちらに・・・バラとバラの間にも・・・

所狭しと、パセリやバジルが植えてあります。

バジルとパセリとセロリを毎日たくさん摘み取り、

小松菜とホーレンソーがベースのポタージュスープに入れています。

バジルが香るポタージュスープです。

美味しいですよ・・・夏仕様のポタージュスープです・・・


たくさんのバジルを植え付けていても、バジルは虫たちの好物ですからね~

無農薬だから、バジルの葉が虫食われの穴だらけになってしまいます。

ショウリョウバッタベビーやハムシなどが喜んで食べています。

ミカドフキバッタもいましたね・・・

仕方がないので、2~3株のバジルは虫用のバジルとしましたよ。

虫用のバジルは穴だらけです。

ところが、虫用のバジルに、助っ人登場です~
e0288951_20013774.jpg

カマキリベビーが大分大きくなりました。

バジルはこれからは虫食いが減るかもしれませんね。


こちらは虫食いがないほうのバジルですが、このようになるでしょうか・・・

e0288951_20120081.jpg

期待することにします。


カサブランカの蕾にもハラビロカマキリベビーがいました。
e0288951_20220335.jpg
ハムシを捕まええてくれるでしょうか・・・捕まえてくれるでしょうね。


カマキリベビーが今、庭にたくさんいます。

降って湧いたように、たくさんいますよ。

小さくてもカマキリはカマキリ・・・いろいろと捕まえてくれます。

助かっています。


ピンクのブッドレアが咲き始め、早速キタテハが飛んできました。
e0288951_20400696.jpg
高いところなのでよく見えません・・・



イングリッシュヘリティッジッジ
e0288951_20420455.jpg



もなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/25874634
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gutsuri | 2017-06-26 21:00 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri