ショウリョウバッタとベニシジミ

今日は、久しぶりの強い風と強い雨でした。

写真を撮れないので、以前の写真から・・・


バジルの葉っぱを摘もうとバジルの葉を触っていると、

勢いよくバジルの葉から飛び出したものがあります。

ショウリョウバッタの赤ちゃんでした。1センチくらいの大きさです。6月18日
e0288951_20284975.jpg
その場では、オンブバッタかショウリョウバッタかはっきりしませんでしたが、

写真で見れば、これはショウリョウバッタですね。

ショウリョウバッタは、すごく大きくなります・・・

驚くほど大きいのです・・・本当に・・・

巨大化したバッタが出てきたのかと初めは思ったくらいです。

そして、そのジャンプの見事なこと。

あれだけ大きいのだから(15センチ以上あります)たくさん食べるのだろうな~

バジル、足りるかしら・・・私の分・・・

などと考えましたけど・・・

昨年、驚くほど大きなショウリョウバッタがミントにいて、

その重みでミントの枝全体が曲がっていました。

すぐそばのパセリにはたくさんのキアゲハベビーがいて、

ショウリョウバッタはキアゲハベビーたちと仲良くやっていました。

ショウリョウバッタはオオカマキリよりもず~っと大きいのですよ~



そして、ラベンダーにベニシジミです。6月14日
e0288951_20361705.jpg
ラベンダーも蝶々に好かれますね。

たくさん飛んできましたよ。

見ていて気持ちの良いものでした。



さて、今日は夏至でした。

一年の折り返し点です。

冬至からスタートした一年が、今日で半分過ぎてしまい、

時間が経つ速さに驚いてしまいます。

今年は6月に入っても、5月のような爽やかな日が続き、

その5月の陽気にどっぷりと浸かって元気が良かったのはバラや虫だけではなくて、

私もその陽気の心地よさに5月の気分でいましたから、

夏至と聞いても、信じられないほど・・・

この雨風のお天気では外出もままならずで、今日は孫のところへ出かけてきました。


雨だけではなくて風もすごく強くて傘がさせず、

雨の中をびしょ濡れで笑いながら歩いていた若いお嬢さんお二人。

楽しそうでしたね~  

童心に帰ったようでした。



イングリッシュヘリティッジの中でハナアブが転げまわっています
e0288951_20534221.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!







トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/25863291
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gutsuri | 2017-06-21 21:00 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri