アランティッチマーシュ

今日はイングリッシュローズのアランティッチマーシュです。

イングリッシュローズは我が家にいくつかありますが、

今日、きれいに咲いているのが、アランティッチマーシュです。
e0288951_20370949.jpg
きれいに咲いていると言っても、咲き終りに近いですが、

頑張って咲いてくれていますね。
e0288951_20393141.jpg
イングリッシュローズとは、

イギリス人のデビッド・オースティンが作り上げたバラのブランドですが、

美しいバラがたくさんあり、魅力にあふれるバラであり、

育てやすさもあって、人気があります。


このアランティッチマーシュというバラは、

テレビキャスターで著述家、園芸も楽しむ人の名前からきているそうです。

枝が良く伸びて大輪の花を次々と咲かせます。
e0288951_20532327.jpg
枝に勢いがあるので、虫の害に負けていませんね。

育てやすいローメンテナンスのバラといえるでしょう・・・

咲いている期間も長いように思います。

有難いバラです。
e0288951_20562339.jpg
我が家にあるイングリッシュローズの中では、

この春は、クレアオースティンが元気がないですね。

シェイクスピアは植え替えたので、こちらも元気がありません。

私が一番好きなバラ、イングリッシュヘリティッジ・・・これは元気です。

ビニールで覆われたにもかかわらず、たくさん咲き出しました。


毎年毎年、新しいバラが発表され、

美しくて、丈夫で、香りが良くて、育てやすいバラが、たくさん出てきますね。

イングリッシュローズも、フレンチローズも、ドイツのバラも、アメリカのバラも、そして日本のバラも、

素晴らしいバラが次々と出てきて、名前はとても覚えきれませんし、

昨今は、興味もなくなりました。

目の前にあるバラで手いっぱい。

本当にそうなのですよ。


何かのご縁で我が家にやってきたバラたちと、

そして、庭に棲んでいる虫たちと、

バラと虫との暮らしを楽しんでいます。



e0288951_21092132.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/25808565
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gutsuri | 2017-05-29 21:10 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri