大島桜

冷たい雨が降っていますね。

家のすぐそばに小さな公園があり、

春にはいつもその公園の大島桜を楽しんでいます。

ソメイヨシノのような華麗さはありませんが、

大島桜の純白の花びらは清らかさに溢れていて、心が洗われるようです。

さあ、これから新しいスタートが始まるのよって、

純白の衣装で私たちに春を知らせてくれているような感じがするのです。

今年はまだその大島桜を見ていなかったので、

傘をさして雨の中の大島桜を見てきました。
e0288951_13542284.jpg
ここ1~2年の間に大島桜の枝が随分と切られたので、

以前ほどの大島桜パワーはありませんが、

それでも雨の中、小さな公園は大島桜の勢いが漲っていましたよ。
e0288951_14011537.jpg
雨を含んだ花は、その重みでおおむね下を向いていますが、

ときどきは御顔を見せてくれる花もありました。
e0288951_14061227.jpg
傘をさしたまま、ちょっと深呼吸をしてみる・・・

エネルギーに満ちた空気を意識して胸の中に入れてみる・・・
e0288951_14125461.jpg
外は内なり、内は外なり。

これだけ空気がエネルギーに漲っているのだから、

私たちの身体も春を感じてきっと喜んでいると思うのです・・・

そう考えると、身体もエネルギーに満ちているような気がしてくるから不思議ですね・・・

もう一度深呼吸して、公園を後にしました。

手が冷たかったのとカメラが雨に濡れてしまったから・・・
e0288951_14174821.jpg
桜には青空が似合うけれど、

まあ、たまにはこのような時があってもいいかな~
e0288951_14195993.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/25687601
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gutsuri | 2017-04-11 14:23 | 自然とのつながり | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri