若さはエネルギーの塊

「もし来れるようなら来て欲しいのよ」と娘から連絡があったので、

いそいそと授業参観(孫)に代理で行ってきました。

子供たちっていいですね。

元気をたくさんもらえました~

子供たちは輝いていて眩しかったです。


みんなで歌っている曲は初めて聴くものばかりでしたが、

子供たちは真剣に歌っていて、そして気持ちを込めて歌っていて、

メロディーにのって聴こえてくる子供たちの歌声からは、

純粋さや素朴さが伝わってきたり、

そこには若さのエネルギーが凝縮されているような感じを受けて、

まだ磨かれていないけれど、これから磨かれれば輝くであろう原石のようなもの、

その原石が持つパワーを感じました。

指揮の上手な子供もいましたし(本当に手で音楽をつかんでいるように見えました)

伴奏の子供たちも皆上手かったですね。

子供たちのコンサートもまた楽し・・・です・・・


子供たちって魔法の力を持っているのではないかしら・・・と最近思うことがあります。

それだけこちらが歳を取ってきたのかもしれませんが、

子供たちが眩しくって仕方ありません。

眩しいのだけれど、そちらに惹かれて、引っ張られていく・・・

例えば、抱っこされた赤ちゃんを見ると、

知らないうちに、まるで磁石に引き寄せられるように、赤ちゃんのそばに近寄りたくなりますからね~

若さって本当にエネルギーの塊!

そのエネルギーの塊である子供たちを心から応援したくなります。

世界中の子供たちが幸せを感じますように!


こう書いていて、母がひ孫の手を握って離さなかったことを思い出しました。

母も同じように感じていたのでしょうね・・・きっと・・・

子供が持つパワーを何となく知っていて、

手を握ってエネルギーを充電していたのかもしれません・・・

というより、子供と手を繋いでいると、気持ちが良かったのでしょうね・・・

わかるような気がします。




写真は鎌倉の寒牡丹です。
e0288951_23312040.jpg
e0288951_23315139.jpg


素敵な一日をお過ごしくださいね!






にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/25375012
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gutsuri | 2017-02-17 07:00 | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri