百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

テントウムシがいましたよ

いつもは12月にバラの剪定を済ませていました。

冬至が新しい一年のスタートだと思っていますから、

咲いているバラはクリスマスにすべて切り取り、

年内にバラの剪定を済ませてからお正月を迎えていました。

が、今年は2月に入ってボチボチとやっています。

大体終わりましたが、後、3~4本のバラの選定が残っています・・・

今年は暖かいせいか、バラの葉が付いている枝がいくつかあります。

バラは落葉樹ですから、寒くなると自然に葉を落としますが、

青々とした元気な葉をたくさん付けている枝があるのですよ。

2月いっぱいは、まだ寒い日があるので油断はできませんが、

外で働いていると春の気分です~


生き物がいましたよ~
e0288951_20004201.jpg
バラの枝を剪定するついでに、リキュウバイの枝も整理しようとして枝を切り落としていると
e0288951_20014984.jpg
ナナホシテントウがリキュウバイの幹で冬越ししていましたよ・・・

初めはテントウムシに気が付かなくて、バッサバッサと切っていましたが、

テントウムシに気が付いて、枝を落とすのをやめました。

ナミテントウは集団で集まり冬越ししますが、

ナナホシテントウは個体で冬越しするようです。

今までは、2月にカレックスという草の中で冬越ししているナナホシテントウを見たことがありますが、

リキュウバイの枝で冬越しのテントウムシは初めてです。

それだけ暖かいのかもしれませんね・・・



昨日の夕日です
e0288951_20110384.jpg



女優のジェーン・フォンダがエイジングについて語っています。






みなさまに良いことがありますように!






にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

Commented by Julia Kerry at 2017-02-10 08:50 x
おはようございます! 晴れています~♪

テントウムシも。
人間ばかりでなく、地球上の生き物が
粛々とその個体を育んでいますね~♪

ジェーン・フォンダ。
やはりこの人はどんなことがあろうと自分を見つめながら
キリッと生きていますね~

高齢になることが曲線ではなく、
直線に伸びることだと私もそう思っています。
若い時からの経験が知恵となり、それを糧として老年を生きるのは素晴らしいです。
本当の意味で大切なものが理解でき、
素晴らしいものを見つける目が肥え、
そのワクワク感で過ごすのが。
私は今自分のエイジングが楽しくてしょうがありません。

ここではいろいろ教えていただいています。
いつもありがとうございます!
Commented by gutsuri at 2017-02-10 21:36
> Julia Kerryさん

ジェーン・フォンダのTEDトーク、素晴らしいですね~
彼女の言葉一つ一つ、頷きながら聞いていました。
そして、それが理解でき、そのように生きたいと思う私たち、
これって・・・
エイジングをプラスに考えることができるのは、
介護をしたおかげではないかと思ったりするのですよ。
介護をして、そして、見えてくるものがありますね・・・
介護は面白い面を持っています。

お母さま、楽しそうに過ごしていらっしゃいますね。
こちらもまた素晴らしいです。
by gutsuri | 2017-02-09 07:00 | 自然とのつながり | Comments(2)