百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

生きとし生けるもの

前回、フーちゃんを在宅看取りした時の様子を書き、

一つ忘れていたことがありました。

フーちゃんはず~っと、目を大きく開けたままでした。

呼吸が荒くなったときも静かになった時も、澄んだ瞳を大きく見開いたまま・・・

視界に私の姿が見えれば、穏やかな表情で私の目を見てみていました。

まるで私の心を見透かされているような感じでした・・・

犬は純粋で純真ですからね・・・

目が見えているのですから、周囲のことは最期までしっかりと理解していました。


生命の営みがだんだんと衰えていく様を目の当たりにして感無量で、

そして、旅立ちのあっけなさに言葉もありません・・・

生命を閉じようとその生命体が判断するのは、何が基準なのでしょうね。

そのトリガーになるものは一体何なのでしょう・・・

脳が判断するのでしょうか・・・

それとも心が決めるのでしょうか・・・・

十分生きた、これで良し・・・と決めるのは何なのでしょうね・・・


一年前にフーちゃんの看取りをして、

生命の不思議さに思いをはせ、

生命の尊さと儚さを経験しました。

愛するものが、この世を旅立ちあの世に行く準備をしているさまを見守っていると、

身体の仕組みの神秘さに目を見張ってしまいます。

私は輪廻転生を信じていますから、それに沿った解釈ですけどね・・・


老いてはいても健康体でした・・・

生命の営みは自然に閉じていく・・・

十分に生きた、これで良し、

潔く散っていくこの姿を、私は美しいと思いました。


生きとし生けるもの、皆がそうできるとは思いませんが、

そうありたいと願うこのごろです・・・


サンタさんを飾ると明るくなりますね。
e0288951_1992044.jpg


e0288951_1910235.jpg


e0288951_19103793.jpg


e0288951_1911163.jpg


e0288951_19113621.jpg



蝶々にクリックをお願いします


バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
Commented by アキ at 2016-12-16 18:20 x
gutsuriさん、こんばんは。
12月に入った途端、あっという間に日が過ぎてきますね。
本当に師走といった感じです。

ところで写真の2枚目と3枚目のサンタさんの置物の下に敷いてあるクロス
扶美おばあちゃんが作られたものじゃないですか?
以前ブログで書かれていたのを思い出して、ひょっとしてと思いコメントしました。

可愛らしい刺繍のクロス。
扶美おばあちゃんが一針一針、丁寧に刺繍されたのかと想像すると胸がキュンとします。
Commented by gutsuri at 2016-12-16 20:57
アキさん、こんばんは~

そうなんですよ~
刺繍を長いこと習っていたので、刺繍の作品がたくさん残っています、かなり処分したのですけどね。今は惜しげなく使うようにしています。その方が扶美さんが喜ぶと思いますから・・・
手仕事は温かみがあっていいですね。その時その時の気持ちが込められているからでしょうが、ものを大切にしていたあの時代が懐かしくもあります。

時間は本当に早くすぎますね・・・驚くほど速いです。
みんな、あっという間に、百歳になりそう???
by gutsuri | 2016-12-16 07:00 | 介護 | Comments(2)