百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

咳が出て苦しい・・・

11月に入って母は絶好調でした。

咳なども出なくて元気に過ごしていたのですよ。

ポータブルCDプレーヤーを目の前に置き、お琴の曲をかければ、

それに聴き入っていましたし、

「素敵にハンドメイド」の編み物のページを何度も見ていました。

ところが日曜日の朝、咳をし始めて、初めのうちは大したことはなかったのですが、

段々と咳が勢いづいてきて、心配になりました。

「扶美さん、大丈夫?」と聞くと、

「ちょっと胸が苦しい・・・ちょっと息が苦しいね~」と言い出したのです。

「え!苦しい?」

苦しいという言葉を初めて聞き、私は慌てました。

大正2年生まれの母は、周囲の人に心配をかけるようなことは言わないのです。

この時代の人がそのような教育を受けたかどうかは定かではありませんが、

みなさん、そのような感じがしますよね。

何かあっても、「大丈夫よ・・・」などといつも言っていたので、

母も随分と気弱になったものだわ・・・そのように感じました・・・

苦しいという言葉が引っかかったので、利尿剤を1錠飲ませて体内の除水をし、

朝の着替えは省略、おむつ替えは簡単に済ませました。

この後、この日は咳はときどきしていましたが、いつもと同じ過ごし方でした。

次の日もたまに咳をすることがありましたが、心配するほどではなく、

ヘルパーさんとはお話をしたり、

リハビリの先生とはいつものように食べ物の話で盛り上がったりしていましたよ。

一安心です。


調子よく過ごしていた母が、

何が原因で急に咳が出るようになるのか見当が付きません。

食事や水分はいつも気を付けていますから、

水分摂取量がオーバーしたというようなことはないと思うのです。

ちょっと心臓の具合が良くなかった・・・ということなのでしょうか・・・

これからもこのようなことが繰り返しあるのかもしれませんね・・・

まあ、覚悟はしていますが・・・


心不全のことを調べてみても、

百歳を超えた人の心不全についての注意事項とか治療方法とか、

そのような情報は見当たりません。

自分で探っていって、経験をしながら対策を練っていくしかないのでしょうね。

咳がなければ母は明るい日常を過ごせるのですが、

たまに咳が出るときには、本当にドキッとしますよ。

ああ、心臓がくたびれているのだ~

疲れている心臓をいたわってあげなくては~


リフレクソロジーでは、足の裏には全身の反射区がありますから、

最近は、心臓の反射区の部分を軽くマッサージしています・・・

足裏全体が大分柔らかくなってきました。

気持ち良いそうです・・・


バラがボチボチ咲いています。パパメイアンです。
e0288951_034129.jpg



蝶々にクリックをお願いします


バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
Commented by juju-19451006 at 2016-11-08 22:13
こんばんは
本日お泊まり介護で母の所からです
母も先週咳がでていたのですが
今日は嘘のようにしません
一体どうしたんでしょう?
でも油断はできません

こちらも先ほど足浴しました
足が温まったら洗浄しその後に
E.Oトリートメントしたら
足がホカホカになり、母ははもう
グッスリ寝てしまいました

咳が出なくなったので今夜は
私もほっとしている所です
Commented by gutsuri at 2016-11-09 21:29
jujuさん、こんばんは~

高齢者が咳をしていると気になりますよね。
咳って案外体力を消耗しますから・・・
咳って全身運動だと思いますよ。
続くとつらいです。

咳が止まったのは、足浴のおかげかもしれませんね。
気持ちが良かったのでしょう。
そしてそのあとのオイル・・・
良い香りで満たされて・・・
幸せを感じながら眠りにつかれたことでしょう。

ほんのちょっとした些細なことが効果があるような気がします。
私たちでもそう・・・
ほんのちょっとしたことでルンルンですから・・・
by gutsuri | 2016-11-08 07:00 | 心不全 | Comments(2)