感謝モードのスイッチ

今は週に3回ヘルパーさんに来て頂き、朝の着替えとおむつ替えをお願いしていて、

それ以外の日、週に4日は、私が母の朝の着替えなどをしています。

母は今、感謝モードのスイッチが入った状態で、

何かことあるごとに「ありがとう」や「ありがとうございます」の言葉が口から出てきます。

ところが先日、私が母の着替えや清拭をしたときには、何と、拍手でした~

「ありがとうございました~」と言いながらの長~い長~い拍手でした。

よほど気持ちが良かったのでしょう・・・・

鳴りやまない拍手に、私も応じましたよ~

「今日の扶美さんは、思うように動いてくれたから、私はとてもやり易かったのよ。

良く動いてくれた扶美さんに、私からも拍手~」と言って、私も拍手をしました。

しばらく二人とも拍手をしていました・・・・笑ってしまいます・・・

他の人が見たら何と滑稽なシーン・・・と頭に浮かびましたけどね。

まあ、いろいろなことがあります。

昨日は、お昼寝の目覚めがご機嫌だったので、「気持ちよく眠れたの?」と聞くと、

「気持ちよく眠れた~」と笑顔で答えが返ってきました。

ずっとご機嫌でしたよ。

母は素直に喜んだり、自分の気持ちを正直に話したりするタイプではありませんでしたが、

昨年あたりから段々と、ボケ具合が進むとともに、

子供のころに戻ったような、童心に帰ったような、そのような素直さがみられるのです。

加齢とともに体力は落ちていき、またボケ具合も進んでいきますけど、

身体と心って加齢とともに衰えるだけではなくて、

加齢とともに変化していく何か隠されたものがあるように感じています。

勿論、それは好ましい変化であり、周囲を温かくするようなものであり、

本人にとっては生きる喜びに通じるものだと思います。


私がしている母の着替えや清拭は、午前中の1時間をかけています。

のんびりとマイペースでしているので、時間がかかるのです。

熱々タオルで身体全体を拭き、そのあと、クリームを付けて全身を軽くマッサージします。

脚や足は特に念入りにしますよ・・・3年10か月も歩いていませんからね・・・リフレクソロジーの要領です。

母は熱々タオルで身体を拭くのが好きですね。

背中をゴシゴシすると喜びます。

でも、適当にやっていますよ・・・疲れない程度にです・・・母も私も・・・



蝶々にクリックをお願いします


バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ


クレアオースティン
e0288951_21575977.jpg

シスターエリザベス
e0288951_21581732.jpg

トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/24694852
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by juju-19451006 at 2016-10-05 00:57
gutsuri さん
ヘルパーさんとご自身での一週間プラン
1人で継続介護するためには必要ですね
私は兄妹がいるから継続できてますが...

お母さまが童心に帰ったようなご様子に
私の母もそうになって欲しいと願います
今は母と一緒の時間を大事にし会話を楽しんでます

ドレンパックをつけているので毎日清拭しますが
私の担当の日はベッドの上で身体を洗い流してあげてます
乾燥しないようE.Oトリートメントでマッサージすると
やはり私の母も「ありがとう」の連発で
気持ちが良いのかいつしか眠ってしまいます
私が倒れたらいけないので
最近は手際よくするようにしてますが
それでも1時間はかかります

写真のお庭のバラが語りかけてくれるようですね
Commented by gutsuri at 2016-10-05 13:30
jujuさん、こんにちは。

昨年末までの3年間は、毎日、朝と夕、ヘルパーさんに来ていただいていましたが、そのスケジュールに母が合わせられなくなってきました。母はもっとのんびりと過ごしたいようなので、今年になって変えました。私の出番は増えましたが、でものんびりと過ごしています。母の体調に合わせたことをすればいいのですからね。

少しずつ変化していきますね。いろいろなことが・・・  
最近感じることは、やはり本当のところは、その歳にならないとわからないだろうということです。考えさせられます。

jujuさんは、ご兄弟皆で力を合わせてお母様のお世話をしていらっしゃるなんて素晴らしいですね~ お母様は本当にお幸せです。

コメントありがとうございました。
by gutsuri | 2016-10-03 07:00 | 長寿 | Trackback | Comments(2)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri