あるメルマガから・・・

私は無料のメルマガを幾つか申し込んでいるので、

毎日のように、メルマガが届きます。

以前から申し込んでいるメルマガでも、2~3年経つと興味がなくなることがありますし、

これは多分、私が少し変化したからかもしれないと思っていますが・・・そう望んでいますけど・・・

また、何かを検索していて新しいメルマガを知り、申し込むこともあります。

最近届いたメルマガで、興味深いものがありましたから、ご紹介しますね。

バシャールが「出したものは受け取る」とよく言っていますが、このことが書かれていました。

私など、良い言葉を聞いても、すぐに忘れてしまう状態・・・

何度聞いても右から左に流れていき、本当に困ってしまいます。

だから気が付いた時に、ブログにメモしておくことにします。

「呼吸で人生をストレッチする」というメルマガで、

「ブリージングストレッチ本院の古久澤」さんが書かれています。


さて、かつて20年ほど前に氣功の先生から教わったことがあります。
それは、氣の修練が進んで活性化し、強化されてくると
「心の持ち方」を変えていく必要があるということです。

氣功を修練していくと心身のパワーがとても強くなっていくので、
周囲の人を恨んだり、怒りを向けたりすると想わぬ影響が出てしまうことがあります。

それまでよりも何倍ものパワーで相手に物理的にも精神的にも影響を与えかねず、
そうして相手に現実のマイナスの影響を与えてしまうと、必ず自分のところにも返ってきます。

もちろん逆に相手に喜びや安らぎというしあわせの影響を与えると、
こちらも必ず自分のところに返ってきます。

他人を活かすことが自分を活かすことにつながるということであり、
そうすることで人間としての徳がついていきます。

どちらにしても、生命エネルギーが飛躍的に高まることで、
相手に対してそれまでの何倍にも強く、速く影響が出てしまいます。

エネルギー量が増大することで願望実現能力が速まり、高まる代わりに
負の影響力も同じように大きくなってしまう危険性があります。

この世は大きなエネルギーの循環の反映ですから、
どのような言動も行為も、必ず自分のところに返ってきます。

そのため、ある段階まで来たら「客観的観照」という見方を身に付ける必要があると教わりました。

これは大空を飛んでいる鳥が下界の様子を観察するように、
生活の全ての場面を客観的に眺めるという方法です。

第三者的な視点で自分や自分を取り巻く状況を観察するのです。

この方法を習慣にしていくことによって、心が穏やかになり、
物事を落ち着いてみることができるようになり、感情のコントロールが楽になってきます。

イライラしている自分やクヨクヨしている自分、ワクワクしている自分を
「第三者の視点」で客観視するのです。

具体的な方法は、教室での氣功クラスや各地でのセミナーなどでお伝えしておりますので、
興味、関心のある方はぜひお越しいただき、いっしょに稽古しましょう。


私は、身近なところに百歳を超えた高齢者がいて、

まだ生きようとする意思のある百寿者の世話をしながら、

せっかくいただいたこの生命を最期まで精いっぱい母に味わってほしいと思っています。

生きることは、喜びや楽しいことだけではありませんが、

もうこの歳(103歳)になったら、喜びや楽しいことだけでいいのではないか・・・と思っています。

いろいろなメルマガを見ると、根本となることを忘れている自分に気が付いて、

また新たな気持ちで母と向き合うことができるのですよ。

メルマガとの出会いも引き寄せですね・・・・きっと・・・



e0288951_21131237.jpg



蝶々にクリックをお願いします


バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ



トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/24690339
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gutsuri | 2016-10-01 07:00 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri