百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今、ここに、生きる 2

前回の続きです。

私たちは3次元に生きていますから(3次元という空間に時間をプラスして4次元という人もいます)

私たちの思考や身体は、3次元向きに作られています。

その上、私たちに聞こえる音は本当に狭い範囲の周波数だけで、

目に見える色も、限られた周波数の色だけで(色は周波数で決まるそうです)

嗅覚に関しても狭く限られていて、

これらは野生の動物と比べてみるとすぐにわかることですね。

人間の頭は驚くほど精巧にできていますが、

それでもそれは、3次元という制限の中で働く素晴らしさなのです。


1次元は線ですね、ラインです。

2次元は平面でフラット、3次元は立体です。

もし、2次元の平面上に住んでいる人がいたとして、

即ち、ペチャンコの世界にペチャンコの人が住んでいるとして、

この人がボールのような3次元の立体をどのように認識するかというと、

ボールをスキャンをするような感じで、立体を捉えるのです。

初め、小さな点から始まり、それが小さな円になり、その円がだんだん大きくなっていき、

ボールの直径のところが一番膨らんでいますから、そこが一番大きな円になり、

今度はそこから段々と小さい円になっていき、最後は点になって、姿を消す。

これが2次元の世界から見たボールです。

2次元の人が立体を認識するには、ちょっと時間がかかるようです。

私たち3次元に住んでいる者であれば、一瞬でボールがわかりますが、

次元が下がると、次元の異なる物体を認識するのは大変ですね。

ボールのように単純な形ならまだいいですが、リンゴだったらどうでしょう・・・

複雑な形だったら、本当に面倒な作業です・・・


スピリチュアルでよく言われていることに、

「私たちの身体は3次元の制約に囚われているけれど、

私たちの魂は次元の制約を受けない」ということがあります。

私は輪廻転生を信じているので、

私たちの本質は魂であり、

肉体は滅びても魂はまた新しい生を生きると思っています。

そして、私たちの魂の中にはスピリットという部分があり、

そのスピリットという部分で、宇宙の源と言われているソースにつながっているそうですから、

「今、ここに、生きる」とは、魂を意識して生きることだと思っています。


e0288951_20292389.jpg


蝶々にクリックをお願いします


バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ




by gutsuri | 2016-09-17 04:05 | スピリチュアル | Comments(0)