百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

玉ねぎが高値になりました

このところずっと、そう春ごろから、玉ねぎのお値段が上がっていますよね。

気が付いている人もいらっしゃると思いますが、

買い物に行くたびに、今日も玉ねぎは高い・・・などと感じながら、カゴに入れていますよ。

夏になって、トマトやキュウリやナスは美味しくなったうえに値が下がり、

でも玉ねぎには相変わらず高値がついています~

私は玉ねぎが大好きで、毎日食べるサラダには玉ねぎのスライスをたくさん入れます。

水にさらすことなどしません・・・そのまま入れます・・・

だって、桃は美味しいですが、食べる前に桃を水にさらして食べる人はいませんよね。

玉ねぎが好きな私には同じ理屈なのです。

玉ねぎの高値にはきっと何か理由があるに違いないと思い、

ネットで調べると、やはりありましたね~

全国2位の生産量を誇る佐賀県産タマネギに病気が流行し、
首都圏で価格が高騰している。タマネギの最大の産地は北海道だが、
出荷のピークがずれるため、毎年4~7月は佐賀県産が東京の市場で
最も多く扱われる。だが今年は異変が起きた。
「高値の傾向が続くと対応を考えていく必要がある」として、
ニュージーランド産などの輸入を考えるという。
原因は、「べと病」の流行だ。糸状菌というかびの一種が原因で、
葉に褐色の病班ができるのが特徴。球が大きくなるのが阻害される。
年末年始の天候不順で菌が蔓延(まんえん)する環境ができ
4~5月にかけて平年を上回る降雨が続いて勢いを増したらしい。
朝日デジタルより


ここ数年、いやもっとかもしれませんが、天候不順ですよね。

こんなことは今までなかった・・・とか、

百年に一度の大雨・・・とか、

各地で自然災害が起きるたびに、このような声が聞こえてきます。

天候不順は、確かに、私たちもいろいろなところで感じています・・・

夏の暑さが年々厳しくなっている一方で、

冬の寒さも厳しくなっているように感じています。

雪には縁のないこの地に、15センチ~20センチの積雪があったのは2年前でした・・・

4月にめずらしく長雨があったり、

太陽に異変が起きているのだとも言われています・・・

そして、天候不順は、私たちの食糧にまで影響してきました。

まだ、玉ねぎだけですからそれほど目立ちませんが、

天候不順は、これから私たちの食卓に、大きな影響を与えるかもしれませんね。

でも、こればかりは・・・自然が相手では・・・どうしようもないですよね・・・

今日のスーパーでは、中くらいのたまねぎが3個入りで360円でした。

いつもよりは少し価格が下がっていました。


酷暑の中、イモーションブルーが大輪で咲いています。
e0288951_046569.jpg



蝶々にクリックをお願いします





by gutsuri | 2016-08-11 07:00 | 日常 | Comments(0)