百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

ナチュラルガーデンの生き物たち

ナチュラルガーデンの生き物たち・・・と言えばカッコいいですが、

実は、放ったらかしの庭には、たくさんの生き物が棲んでいるというだけの話です。

無農薬無肥料ですから、虫たちには居心地が良いようで、

春夏秋冬、庭に出ると、何かしら動いています。

1月2月はさすがに虫は少ないですけどね。

カレックスの中で寒さをしのいでいるナナホシテントウを見ることがありますよ。


バラの花を育てていると、虫たちの中で最も活躍が期待されるのはクモです。

ハナグモ、ササグモ、ワカバグモなど、小さなクモはたくさんいます。

小さいけれどさすがに肉食昆虫です。頼りになりますよ~

ブッドレアにハナグモがいます。お腹の模様が人の顔に見えますね。
e0288951_2239264.jpg

カマキリも逞しい肉食昆虫で、酷暑の夏の庭のガードマンといった風情です。

オオカマキリのベビーはもう大分大きくなりましたが(中高生くらいでしょうか・・・)

ハラビロカマキリのベビーはまだ小さいですよ。
e0288951_22451486.jpg

一昨日の夜雨が降ったらしく、クモの巣が見事なアートでした。
e0288951_2253757.jpg

こちらも素敵!自然の中にはアートがたくさんありますね。
e0288951_2253373.jpg


このところ、パセリ畑(畳一畳です)とスイートフェンネルにキアゲハベビーが数匹いて、
e0288951_22593967.jpg

その観察を楽しんでいましたが、

一昨日、最後のキアゲハベビーが冒険の旅に出かけました。

きっと、好みの枝を見つけて蛹になっていると思います。

昨年はメドーセージの枝に3~4個のキアゲハの蛹があるのに気が付きましたよ。

たくさんのキアゲハがこの庭から飛び立ってくれるとうれしいですね。

今日咲いていたのは、ソニアリキエルと
e0288951_23102394.jpg

カサブランカ
e0288951_23112516.jpg

この通りの自然のままの文字通りのナチュラルガーデンです。

草花だけでなくて肉食昆虫も草食昆虫も、たくさんの虫たちがこのちっぽけな庭に棲んでいて、

そこには食物連鎖があり、弱肉強食の世界なのです。

生きるということの原点を見せてくれます。

私はローメンテナンスに徹しているので、気が付けばハプニングの続出・・・・

例えば、2~3匹のカメムシには気が付いていたのだけれど、

数日でクレマチスにカメムシのコロニーが出来上っていて、慌てたことがあります。

また、アブラムシが大発生をして手が付けられなかったり、

バラゾウムシにやられて1輪の花も咲かせないバラがあったりします。

それでも、右往左往しながらも、このナチュラルガーデンを楽しんでいますよ。

このような小さな庭でも、たくさんの生き物たちの生命が育まれて、

草花とともにその生を謳歌しているナチュラルガーデン。

生き物の生命力の強さを目の当たりにして、

庭から元気をもらっています。


蝶々にクリックをお願いします






by gutsuri | 2016-07-14 07:00 | ナチュラルガーデン | Comments(0)