百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アカサシガメって役に立ちそう・・・

この春、ブッドレアの枝に赤い昆虫を見つけました。
e0288951_2335215.jpg

これは、アカサシガメという名前で、

ハムシなど小さな昆虫をやっつけてくれるそうです。

ブッドレアの枝に、テントウムシと一緒にいたのですよ。
e0288951_2383257.jpg

テントウムシは気の強い昆虫ですから、小さくても手ごわい相手です。

肉食昆虫同士が近くにいると、どうなるのかしら・・・と気にかかりますけどね・・・

テントウムシは、アブラムシを食べてくれますし、

アカサシガメは、ハムシなどをやっつけてくれます。

ガーデニングをしている者にとっては、ともに有難い昆虫です。

アカサシガメという虫は、私にとっては、益虫としては新顔でした。

このような肉食昆虫は、庭にたくさん増えてほしいと思っています。

6月に入って、ミントの葉にもこのアカサシガメを見つけましたから、
e0288951_23183145.jpg

何か心強いものを感じています。

コバネイナゴ(稲の害虫)の赤ちゃんがミントの葉をかじっていましたから、ひょっとしたら・・・・


食べたり食べられたりの世界が庭にできています。

虫の世界のことは、虫にお任せなのですが、

これは良いことばかりではない・・・というか・・・

私の好むことばかりではないということもわかっています。

カマキリやこのアカサシガメが、キアゲハの幼虫を食べてしまうかもしれません。

それでも、大きな視点で虫たちの世界を見ていると、

いろいろなことがバランスを取りながら行われている・・・

このように思われたりもしますから、虫の世界は虫にお任せですね。


もう一つ、ベニカミキリという虫についてです。

カミキリという名前がついていると、やっつけなくては~と袖まくりをしますが、

このベニカミキリという虫は、花の蜜を吸うだけの平和な昆虫だそうです。
e0288951_23365957.jpg

赤くて襟元は水玉模様のおしゃれな虫です。

草食昆虫でも、バラに悪さをしない虫は、庭に来てほしいと思っています。

レディーヒリンドン
e0288951_23445061.jpg

カサブランカ
e0288951_23451282.jpg



バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ

by gutsuri | 2016-06-13 07:00 | 庭の虫たち | Comments(0)