百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

植物や生き物たちはみな仲間

無農薬、無肥料の自然栽培でバラを育てていると、思いもかけないことが起きてしまいます。

去年はこうだったから今年もそうだろう・・・などとはいかないのです。

今年はどういうわけか、庭にアブラムシは少なかったです。

バラにはアブラムシはいなかったといってもいいくらい、少なかったですね。

その代り、バラゾウムシはたくさんいて、本当に手を焼きました。

4月についたバラのつぼみは大部分、バラゾウムシにやられてしまったと感じるほどです。

一番花が咲いたのは、多く見積もっても半分から三分の一くらいでしょうか・・・

本当に残念です・・・

今年のバラが不調だったのは、虫の仕業だけではなくて、塩害の被害もあるのです。

4月に2回塩害を受けましたから、これも大きく影響しています。

我が家は海のそばなので、塩害は珍しくないのですが、

4月に塩害は初めてですね。

毎年バラを育てていて、いろいろと異変を感じることがあり、

天候不順や気候変動が起きているではないかと気になったりしています。

そして、そのような時だからこそ、

余計に自然と親しもうという思いが湧き上がり、自然が愛おしくなり、

植物や生き物たちと繋がりたくなるのです。

植物や生き物たちを身近に感じて、

母なる自然に守られている同じ仲間として、

この地球上に生きている同じ仲間として、

異変を感じながらも、逞しく生きている仲間として、

仲良く生きていきたいと思っています。

バラゾウムシにやられて枯れてしまう蕾は残念ですが、

それもまた、新しい蕾をつけて遅れて咲きますから、

我が家の場合はそれはそれ・・・と思っています。


ここ数日のパソコンのトラブルで、写真を撮り損ねています・・・

クレアオースティン
e0288951_22552054.jpg

ロココ
e0288951_22561280.jpg


バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ




by gutsuri | 2016-06-04 07:00 | ナチュラルガーデン | Comments(0)